日本三大和紙>越前和紙、美濃和紙、土佐和紙

公開日: : 最終更新日:2016/07/12 旅行


和紙(わし)とは、日本に古くからある方法で製造されている手すき紙(てすきし)のことをいいます。
日本の製紙法の歴史は7世紀初期にまでさかのぼり、中国から朝鮮を経由して入ってきたといわれています。
その後は独自技術が編み出されていって、江戸時代には日本全国で特色のある和紙が製造されるようになりました。
そしてこの和紙には「日本三大」が存在し、福井県の「越前和紙(えちぜんわし)」、岐阜県の「美濃和紙(みのわし)」、高知県の「土佐和紙(とさわし)」が日本三大和紙に選ばれています。

福井県・越前和紙

越前和紙は、福井県の嶺北(れいほく)地方でつくられている和紙のことをいいます。
起源は明確になっていませんが、一番古いものとして正倉院文書の天平2年(730年)「越前国大税帳断簡」や天平4年(732年)「越前国郡稲帳」といったものが存在します。
証券や証書などの正式な用紙として採用されることが多く、越前和紙を芸術作品の制作のため使用する人も少なくありません。

岐阜県・美濃和紙

美濃和紙は岐阜県でつくられている和紙のことをいいます。
はじまりははっきりとしていないといわれているものの、奈良の正倉院に日本で最古の戸籍用紙が存在しているため、大宝2年(702年)には美濃和紙があったことはわかっています。
昭和44年(1969年)に国の重要無形文化財として選ばれているほか、昭和60年(1985年)に伝統工芸品に指定されています。
また、2014年にはユネスコ(国連教育科学文化機関)の無形文化遺産登録に岐阜県の「本美濃紙」が登録されました。

高知県・土佐和紙(伊野町)

土佐和紙は高知県の伊野町、土佐市などで製造されている和紙のことをいいます。
はじまりは明確になっていませんが、平安時代に書かれた「延喜式(えんぎしき)」に献上品という形で土佐の紙の記述があり、このころにはすでに和紙の製造が行なわれていたと考えられています。
昭和48年(1973年)に「土佐典具帖紙(とさてんぐじょうし)」が、昭和52年(1977年)に「土佐清帳紙(とさせいちょうし)」が国の無形文化財に選ばれているほか、昭和51年(1976年)には「土佐和紙」の名前で国の伝統工芸品に選ばれました。

スポンサーリンク

関連記事

日本三大名山>富士山、立山、白山

日本列島は山がちな地形と山岳信仰があったこともあり、日本人は山へ深く思いをよせてきました。 そ

記事を読む

no image

日本三大妙見>能勢妙見山、相馬妙見堂、八代妙見

妙見菩薩(みょうけんぼさつ)は、日本で信仰されている神格のひとつで、菩薩という名ではありますが、

記事を読む

日本三大金魚生産地>大和郡山市、弥富市、江戸川区

観賞魚の金魚を飼ったことがある人、いま飼っているという人は多いでしょう。この金魚ですが、どこで多

記事を読む

日本三大銘石>赤玉石・本御影石・佐治川石

庭石が欲しくて、若しくは墓石を購入しようと思って調べてみたら、色々な銘石が有ってどれが良いのか迷

記事を読む

日本三大銘醸地>灘、伏見、安芸西条

銘醸(めいじょう)というのは、よく吟味した材料で清酒づくりを行なうことや、そうしてつくられた清酒

記事を読む

no image

日本三大銘石>赤玉石、本御影石、佐治川石

銘石(めいせき)とは、銘が刻み込まれている石のことや、形やその産地にちなみ名付けられた石のことを

記事を読む

日本三大文殊>亀岡文殊、切戸の文殊、安倍文殊院

文殊菩薩(もんじゅぼさつ)は知恵を象徴する仏として信仰を集めており、「三人寄れば文殊の知恵」とい

記事を読む

日本三大茶処>狭山茶、静岡茶、宇治茶

茶処(ちゃどころ)とは茶の名産地のことであり、茶処で生産されている茶は銘茶として地元の人のみなら

記事を読む

日本三大葱>下仁田ねぎ、岩津ねぎ、博多万能ねぎ

日本国内にはたくさんの日本三大○○がありますが、葱(ねぎ)にも三大括りがあることをご存じでしょう

記事を読む

日本三大如来>阿弥陀如来、釈迦如来、薬師如来

日本の寺院には多くの仏像がありますが、像のモチーフになる仏には多くの種類があり、それぞれに由来や

記事を読む

ツインバード LEDふとんライト LEDベッドライトの特徴や感想

夜起きたとき、トイレに行くときなど、ちょっとだけの明かりがあればと

マルベールロイヤルカラーEXの特徴や感想

白髪って、悩みますよね。 いっそ総白髪にしてしまいたいと放置を決

T-fal ヨーグルトメーカーの特徴や感想

おうちで、ヨーグルトまで手作りできたら、材料まで自分でしっかり確認

薬剤師を転職した理由とは・・・

スキルアップ編 どのような仕事をするにしても、より良い仕事をする

useful & youthful  アームカバーの特徴や感想

紫外線による日焼けは避けたいですね。 今は夏だけではなく、1年中

→もっと見る

PAGE TOP ↑