ツーリング 情報 栃木県栃木市 太平山(おおひらさん)

公開日: : バイク

関東平野を一望できる栃木の小山

山というにはやや控えめの小山。栃木県は栃木市にある太平山だ。小さな山ではあるが、素晴らしい景色が望める栃木県の立派な観光スポットだ。

標高は341mと数値的にもやはり小ぶりな太平山は、気軽に登れて楽しめるということでビギナートレッキングやハイキングスポットとしての人気がある。また急勾配の坂を利用したランナーやロードバイカーの修業の地としても評判のようで、山の上の茶店では休息を取るアマチュアアスリート集団で賑わうこともある。景色は天気が良いと関東平野を一望でき、東京スカイツリーや富士山まで見ることができる。また太平山自体も桜や紫陽花で美しく彩られる自然が魅力的だ。

今回はそんな太平山を目指して、普段は日常の足として活用しているホンダ・スーパーカブ110プロでソロツーリングを行った。

穏やかな山の空間に心は穏やかに

出発は朝6時。埼玉に住む僕にとって、隣に位置する栃木県はそう遠くは無いところで、太平山も調子が良ければ1時間少々で到着できてしまう。ここ数年はすっかりご無沙汰ではあったが、アクセス性の良さから過去に何度か太平山ツーリングを行ったことがある。とにかく非常に近いため、朝6時に出発するほどの距離ではないのだが、普段から早朝4時に起きている僕にとっては“朝6時”という出発時間は特別に早すぎるものではなかった。

早い時間の出発にはメリットがある。道を走る車が少ない。国道4号線を北に向けて走り、県道へと移り埼玉大橋を渡る。栃木県道を走り太平山へ。この間、一度も渋滞やノロノロ車速に悩むことは無かった。ただし、時折後ろからあらわれるスピード超過車両には少々嫌な気持ちを感じてしまった。その一点を除けば、天気は良好で気温も最適。気持ちよく走ることができた。

気持ちよく走り続け、太平山特有の急勾配ワインディングロードをクリアすると、山間の駐車場へと到着した。駐車場にはスポーツやレトロ、クルーザーといった様々なバイクが停まっていた。時刻は7時半。まだ茶店も開いていない時間だが、僕と同じくクルマの少ない時間帯を選択してツーリングに訪れたのかもしれない。

遠方は少々ぼやけているが、中々の良好な見晴らしだった。過去に何度も観たことがある景色だが、まったく飽きることが無く今回も新鮮だった。特別時間に追われる用事も無ければ、日が暮れるまで眺めていても飽きないくらいだ。このところ疲れているのか、ただぼんやりと景色を見続けることが好きなのだ。早いところ仕事で一山当てて、そんな余裕のある生活を送りたいものだ…… なんてことも考えてしまった。

茶店が並ぶ道を進み、運動不足人間には少々こたえるだろう階段を登ると太平山神社にたどり着く。多くの神々を祭り、社の彩りも鮮やかで綺麗な境内だ。天照皇大御神等を祭る本殿の他に、交通安全神社に福神社、金運守護の蛇神社や学問成就や子宝安産の星宮神社などを構える。商売の神様が祭られていることから商売人の参拝客が多く、また女性神を祭っていることからカップルで訪れると仲が悪くなる…… というジンクスもあるようだ。特定の恋人のいない僕には関係の無いジンクスだ。

ツーリング話から反れる私事なのだが、最近、登山に惹かれている。太平山神社の境内脇には太平山頂上に登れ、浅間山、晃石山へと続く登山路があった。少し足を踏み入れてみたのだが、レザーブーツにカジュアルスタイル、おまけに前日まで風邪気味だったこともあり、すぐさま引き返した。格好と体調が万全の時に、太平山登山とツーリングを組み合わせる、というのも面白そうだ。近々のツーリング案として考えてみよう。実行の際はレポートを書かせていただく。

風景を楽しみ、神社でひと時つき、茶店が並ぶ道へと戻ってみると、茶店が商いをはじめていた。茶店はいくつもあるが、どの店でも「だんご」、「焼き鳥」、「たまご焼き」の3つをウリにしている。この3点は太平山名物として有名なのだ。

僕は「あづま家」という茶店を選び、3点を注文した。たまご焼きはふんわりした食感に甘みが程よくあり、たっぷりの大根おろしと醤油少々でいただく。焼き鳥はチキンステーキのような肉厚ボリュームでジューシーだった。香ばしい醤油のシンプルな味付けに米が欲しくなった。団子はいたって普通だったが、山歩きで少々疲れた体に甘いものは進んだ。

あづま家に限った特徴では無いが、各茶店で注文した料理は関東平野を一望できる外の席で楽しむことができる。木蔭で涼しく、音といえば鳥のさえずりと木々が揺れることで奏でられる葉擦れくらいだ。一望している関東平野では、多くの人が忙しなく動いている。それをちょっとした高みから眺めるのは優越感とは言わないが、のんびりゆっくりと生きることへの幸せを感じることはできた。

帰宅は予定のルートを変更し、少々道に迷いながら知らない道をのんびりと走って帰った。猛スピードで後ろから攻めより、僕の側面すれすれを抜いていく車に何度か遭遇したが、それはもうどうでもよいことだった。ここで腹を立てては、太平山での素敵な景色を眺めながらくつろいだ半日が台無しとなってしまうから……。

埼玉、都内からもオススメの太平山

北関東住まいは山々に恵まれていることから、これといって太平山を選択したツーリングは機会が少ないかも知れない(あくまでも著者のイメージ)。だが埼玉(特に東部の山にまったく恵まれない地域)ライダーからしたら、アクセス性も良く、気軽に訪れては山の景色と空気を楽しむことができるナイスなツーリングスポットと思う。

都内からのアクセスもそう悪くは無いはず。東北道を利用して佐野藤岡インターチェンジで降りる。そこから国道50号、栃木県道を利用すれば太平山はすぐだ。またインター近くにはプレミアムアウトレットもあり、帰宅前にショッピングを楽しむこともできる。太平山3点セットも良いが、近場で佐野ラーメンを味わうのもオススメだ。

スポンサーリンク

関連記事

ハーレーダビッドソン(HARLEY-DAVIDSON) 2013 バイクモデルカタログ

ハーレーダビッドソンは常にわが道を進む、そんなスタンスが伝わってくるラインナップを毎年見せてくれ

記事を読む

モトグッツィ(Motoguzzi) 2014 バイクモデルカタログ

California 1400 Custom モトグッツィのベストセラークルーザーシリーズのデ

記事を読む

バイクの排気量や国産・輸入車のメリットやデメリット

バイクというのは非常に多種多様です。それはバイクのジャンルだけに限ったことではなく、排気量別やメ

記事を読む

ホンダ(HONDA) 2013 バイクモデルカタログ

国産4大メーカーのうち最も活発なメーカーであるホンダのラインナップは非常に充実です。原付一種を除

記事を読む

エンジン内部のパーツの役割や働き

コンロッド ピストンとクランクシャフトを結び、往復運動を回転運動へと変換する役割を担っているの

記事を読む

タイのバイクメーカーの歴史や特徴のまとめ

タイのバイクは日本と非常に大きな関わりがあります。というのも日本の四大ブランドがタイにてオリジナ

記事を読む

バイク免許教習所ガイド:はじめる前の心構え

セーフライダーを目指して 自動二輪教習をはじめる前の心構えとして、“セーフライダー”を目指すこ

記事を読む

免許取得までの流れや心構えなどをご紹介

バイクに乗るに当たって必要不可欠なものは、まず第一に二輪免許です。こんなことは、誰かに改めて教わ

記事を読む

バイク買取体験談、ライダー達のバイクとの別れ経験

バイクを手放してしまうというのは、購入した当時には思いもしなかった出来事です。「一生乗るぞ」って思う

記事を読む

カワサキ輸出車(逆輸入車) [ブライト取扱モデル] 2013 バイクモデルカタログ

カワサキ逆輸入車は、株式会社ブライトが取扱いを行っています。国産ラインナップではZRX1200が

記事を読む

「ガーリッシュ 歌/文 林あまり イラスト 遠野一実」私のおススメ本の感想や特徴です

これは、目で見る短歌集、歌集です。 これから、短歌を始める人

「一ノ蔵 ひめぜん」私のおススメ商品の感想や特徴です

「一ノ蔵 ひめぜん きりり」 「一ノ蔵 ひめぜん Ume」

「大往生したけりゃ医療とかかわるな 中村仁一著 幻冬舎文庫」私のおススメ本の感想や特徴です

いきなり著者が、棺桶に入ってる写真もあります。 今、棺桶は、

《珈琲の香りのお線香(青箱)ブラック(黒箱)梅栄堂》私のおススメ商品の感想や特徴です

お線香に火をつけると、お線香の香りでなく、珈琲の強い香りがしま

《ワッフルボウルメーカー》私のおススメ商品の感想や特徴です

ベルギーワッフル、一時期流行りましたね。 残念ながら筆者は流

→もっと見る

PAGE TOP ↑