ツーリング情報 カフェ・ルート66 ROY’s cafe(茨城県古河市)

公開日: : 最終更新日:2015/07/18 バイク

ライダーの集まるカフェ

「この辺ってバイクで集まれるような店が無いから面白くないからなぁ…… だったら俺がそういう店を作ってしまおうか!?」

という理想を多くのライダーが思ったこと、あるのではないか? 特に地方のお洒落なお店に恵まれていない土地に住んでいるライダーであれば。それに該当する僕は常々思っている。しかしそんな理想を思ったところで、叶いはしないし、そもそも実行に移すまでに気持ちが至らないのが普通だ。店を構えるということは、そう容易いことではない。しかしそれを実現してしまったマシン好きの男の店が、茨城県古河市にはあった。2014年春に国道新4号線バイパス沿いに店を構えた「カフェ・ルート66 ROY’s cafe 」だ。

店名から分かるとおりアメリカンテイスト溢れる洒落たライダー&ドライバーズカフェ。アメリカンな店にはアメ車で行くのが忠実だ…… ということで、今回は愛車のハーレーダビッドソンを実家から引っ張り出し、ルート4を“ルート66”気分で走ってきた。

アメリカで包まれる素敵な空間


国道新4号線の広々とした直線路に店は面していた。車線は東京方面から見て下り側だ。目の前に交差点があるため、東京方面へと向かうライダーも少し折り返すだけなので店に入りやすい。アクセス性をそこまで考えていたかどうかは分からないが、中々良い場所に店を構えている。

アメリカ星条旗が左右に飾られた入り口から中へ入ると、右脇に簡易的ながらヘルメット用の置き棚があった。また駐車場にはバイク優先スペースが店の外壁に沿って設置されており、ライダーが愛車を眺めながら過ごせる空間を提供している。自分の愛車に惚れ惚れしながらというのは自己陶酔に思えるが、ほとんどのライダーがそんなものだろう。

店内の雰囲気だ。カウンターにはセルフサービスルートとなっており、お客は欲しい商品を選択してレジへと進む。ホットスペースにはアメリカンドックやパイなど、その隣には店で揚げているドーナツ(タイミングが良いと揚げたてを食べられる)。フリードリンクは注文後に利用でき、アイスとホットの両方を備えている。

レジではメインの食事を選択できる。店の看板を見れば分かるが、元々は珈琲をメインとしたカフェを目指していたそうだ。だがお客のほとんどが食事をメインに訪れるということで、急遽食事メニューを充実させたとマスターは語っていた。そのメニューはハンバーガーにサンドイッチ、ステーキにハンバーグなど、単品からセットまでラインナップ。金額的にはセットを注文しても1000円前後で済ませることができる。

注文しようとレジ前に立った時だ。名札に「エリー」と書かれた元気なレディが笑顔で挨拶をしてくれた。

「ウエルカム!」

エリーのウエルカム。店内には日本語が充満しており、日本人客しかいない。エリーさんも思い切り日本人だ。だがBGMには古き良き華やかなアメリカンミュージックが流れており、店のテーマである“カフェ・ルート66”を存分に楽しむことができる。ウエルカムで良いだろう。エリーで良いだろう。ここに訪れたらアメリカ(気分)に浸ろうではないか。

チーズバーガーのセットを注文し、愛車が眺められる席に腰を下ろす。現在色々と調整中で不恰好な(最もその不恰好さが好きだったりもするが)1988年製FXRを眺める。目の前の国道新4号線を走る車にも目をやり、面白いレア車は走り過ぎないかとも期待する。耳にはアメリカンミュージックが程よい音量で届く。多くは知らないが、エルヴィス・プレスリーなら大抵の曲はイントロで分かった。プレスリーは20代前半に良く聴いていた。バイクに乗り始めた頃の思い出があり懐かしく、頭の中の時間を撒き戻したりもした。

ハンバーガーを待つ間にトイレに向かうと、入り口の脇に写真スペースを発見した。この時まだ3枚しかなく寂しかったが、2週間後に訪れた時は10枚ほど増えていた。ちなみにだが、僕の愛車の写真も今はこのスペースに飾られている。とびっきりの笑顔で愛車に跨る姿をエリーさんに撮影してもらったので、訪れた方は僕がどれかを探してみてくれ。

チーズバーガーのセットをエリーさんが運んできた。ポテトとドリンクバーがついたBセット。ワンランク上のセットにすると、サラダも追加される。パンズの表面には軽い焼き跡で表面はカリッと中はフワッと。中にはジューシーバーグに新鮮レタスと濃いソース、チーズ。シンプルバーガーながら、中々手が込んでいる。

味はというと、美味い。若干、味が濃すぎるとも感じたが、そこがまたアメリカンな感じがして悪くは感じなかった。塩辛くなった口のお陰でドリンクバーも進む。付け合せのポテトは皿にぶちまけたケチャップ&マスタードをつけ、これまた塩辛くいただく。アメリカンらしい雑な不健康な食べ方をついしたくなってしまう。

食後はマスターと軽く話をした。脱サラしてライダーが集まれる店を思い切ってはじめたとのこと。娘さんがいるようだが、もう成人して社会人とのことで親の責任が軽くなったのもおそらく思い切った理由の1つだろう。カフェ・ルート66のテーマは、マスターのアメ車好きが理由だ。アメ車以外にも二輪・四輪問わず大好きのようで、訪れるライダーも特別アメリカな乗り物に拘る必要が無い。なお「ウエルカム!」と迎えてくれた素敵なエリーさんはマスターの奥さんだ。

近辺ライダー注目スポットにしよう

僕の住む周辺にはバイク仲間が落ち着いて腰を下ろし、トークを弾ませられる場所がなかった。ROY’s cafeは、僕を含めそんな消化不良のバイクライフを送っていたライダーたちにツーリングやミーティングの機会を与えてくれる、実に素晴らしいコンセプトの店だった。

とわいえ、店はまだまだ試行錯誤なところがあり、「どうすればお客さんが増えてくれるかな?」といった段階だ。僕としてはこのような素晴らしい店は希少のため、存続のためにも多くのライダーに積極的に宣伝している。そのかいもあってか、紹介した人たちから「良かったです!」「また行きます!」という感想を度々いただくようになってきた。この調子で店の知名度を上げ、大いに盛り上がるスポットになればと願う。

ショッププロフィール

店名:カフェ・ルート66 ROY’s cafe
ジャンル:アメリカンフード
住所:茨城県古河市下片田717-6
営業時間:10時~21時でラストオーダー
定休日:水曜日
※詳しくはご検索ください

スポンサーリンク

関連記事

カワサキ(KAWASAKI) 2013 バイクモデルカタログ

カワサキの特長は、他の国産4大メーカーとは異なりスクーターのラインナップが無い点でしょう。その分

記事を読む

アプリリア(APRILIA) 2013 バイクモデルカタログ

アプリリア(APRILIA) 2013 バイクモデルカタログ アプリリアはロードスポーツモデル

記事を読む

どうせ売るなら高く売りたい!バイクを高く売るコツ!

どうせ売るなら高く売りたい! というのは、当然のことです。自分が愛着を持って所有してきたバイクが

記事を読む

ホンダ輸出車(逆輸入車) [パッセージ取扱モデル] 2013 バイクモデルカタログ

パッセージが取扱いしているモデルをおおまかに数えますと、30台以上はあります。リッタークラスから

記事を読む

ドイツのバイクメーカーの歴史や特徴のまとめ

現在のドイツを代表するバイクメーカーはというと、BMWでしょう。クルマにしか乗らない人は知らない

記事を読む

バイクの燃料タンクの詳細

フューエルタンク エンジンを動かすために必要不可欠な燃料(ガソリン)を蓄えているのがフューエル

記事を読む

スズキ(SUZUKI) 2013 バイクモデルカタログ

ヤマハ同様に、ホンダと比べるとラインナップの少なさが目立つのですが、それでも飢えはビッグネイキッ

記事を読む

ホンダ(HONDA) 2013 バイクモデルカタログ

国産4大メーカーのうち最も活発なメーカーであるホンダのラインナップは非常に充実です。原付一種を除

記事を読む

初めてのバイク購入!購入先や種類の択び方をアドバイス!

免許を取得したら、いよいよバイクの購入です! 大抵のライダーの場合、何か乗りたいバイクがあ

記事を読む

日本のバイクメーカーの歴史や特徴のまとめ

日本のバイクメーカーの筆頭は四大メーカーと称される、ホンダ、ヤマハ、スズキ、カワサキ。ですがそれ

記事を読む

『ぺんてる 静電気除去グッズ ビーシェイプ』私のおススメ商品の感想や特徴です

静電気体質です。 静電気現象が起こりやすくなる冬だけではなく

《レディウォーマーへそきゅう 桐灰》私のおススメ商品の感想や特徴です

おへそのまわりにはいろんなツボが密集していますね。 ツボが密

『インボーテ ホットローラアイ』私のおススメ商品の感想や特徴です

目もとにより明るく、美しく、済んだ輝きが欲しいと思いませんか。

懐かしの味!松永製菓 《スターしるこサンド》私のおススメ商品の感想や特徴です

どこのお菓子かしらないが、日本中誰もが知ってる『しるこサンド』です

山善 プレイマット。子供部屋の防音材、ヨガやストレッチマットなどにピッタリ

90×90cm高さ5cmのプレイマットのご紹介です。 真ん中から

→もっと見る

PAGE TOP ↑