薬剤師を転職した理由とは・・・

公開日: : 最終更新日:2017/08/08 ビジネス

スキルアップ編

どのような仕事をするにしても、より良い仕事をするためにスキルアップは常に目指さなければなりません。

薬剤師にも転職し、さらに自分の可能性を広げたいと考える人が増えています。

さまざまな場所において需要がある薬剤師は、仕事をするにあたって幅広い知識が必要とされます。

資格を取得するまでに薬学の勉強をしている期間だけでなく、職場に入ってから学ぶことも多くあるものです。

知識をインプットし、現場での実践でアウトプットするということが薬剤師の仕事においても重要であり、転職活動を通じてさまざまな職場を実際に見てみることも、スキルアップへとつながります。

自分が知らなかった職場を見ることによって、仕事への取り組み方について勉強になります。

分野の異なる職場へ飛び込むことも大きなスキルアップとなり、たとえば調剤薬局で長く働いてきた薬剤師が製薬企業へ転職すれば、大きなスキルアップの機会が得られます。

調剤薬局では患者さんへの薬剤に関する説明や服薬指導が中心であり、製薬企業となればビジネスという観点で各所へ説明をする必要が生じます。

直接の営業活動へかかわるということになり、薬事法にもとづく正確な知識によって対応しなければなりません。

また、企業の一員として他社へのプレゼンテーションをするような場面もあり、会社の代表として大きな責任もともないます。

説明が悪く契約に至らないなどの結果にならないよう、同じ説明業務であってもその手法に工夫を凝らす必要があります。

人間関係編

仕事は絶対に1人ですることができないものですし、ほかの人とかかわらなければなりません。

薬剤師にしてもそれは例外ではなく、人に対して薬剤の説明をしなければなりませんし、もちろん同じ職場のスタッフともコミュニケーションをとる場面があります。

人には性格が合う、合わないということがあり、それは人間であれば仕方がないことです。

ですが毎日のように顔を合わせる人が嫌いであると、それがつらさにも悩みにもなってしまいます。

1日のうちかなり長い時間が仕事にとられている社会人にとって、職場での人間関係は最も重要なことです。

薬剤師にも、職場の人間関係で悩んで転職を考える人はいます。

それだけでなく、調剤薬局やドラッグストアで患者さんやお客さんとの人間関係に悩むこともあります。

物言いが荒い人、文句ばかりを言ってくるという人も現実にいて、それがストレスになっていくこともあるのです。

患者さんに対して薬剤師の立場からいろいろなことを言うことは、基本的にありません。

それでも、どうしても我慢することができない状況もあります。

ただ、転職したとしてもまた新しい人間関係を築いていかなければなりません。

どこで仕事をするにしても、人間関係はついて回るものです。

さすがに職場で働いているすべてのスタッフについて事前に知ることはできず、自分と合わない人がいるかどうかはなおのことわかりません。

薬剤師が転職を希望する理由として人間関係によるケースは非常に多いのですが、完全に解決されることが難しい問題でもあります。

ハードワーク編

薬剤師が転職に至る理由としては、職場のハードワークが影響している場合も少なからずあります。

仕事が多忙であること、多忙であるにもかかわらず待遇は良くないということもあるのです。

薬剤師が勤務している店舗や薬局は大抵の場合、少人数のスタッフで構成されています。

人の入れ替わりも盛んであり、職場における人間関係も容易に変化しています。

スタッフの仲が良い職場もある一方でいったん人間関係がこじれてしまうと、雰囲気はどこまでも悪くなっていってしまいます。

そのような中でハードワークという状況ですと、転職を考えることは当然でもあります。

薬局では1人あたりが処理する処方箋の数が決められていて、新人であってもベテランであっても数は変わらないという原則があります。

つまり努力に応じて給料が上がるということではなく、ハードワークな職場であればずっとそのままということになります。

ハードワークをこなすことができるほどに成長しても、給料は上がらないという将来性のない職場であれば、辞めてしまうとしても仕方がありません。

こうした傾向は小さな規模の薬局であるほど強く、少人数の職場における人間関係とハードワークが大きく関係しています。

特に管理薬剤師ですと責任者としての重圧もあり、ハードワークになりがちであることから転職を希望する人が多いのです。

立場上、ハードワークであっても不満を口にすることは難しく、ストレスが溜まることでよりハードワークに耐えることができなくなっていくという悪循環に陥ります。

スポンサーリンク

関連記事

看護師の資格を目指す人の為の基礎知識

高齢化が進む日本では医療の分野でも目覚しい発展をしており、それに伴って医療機関も爆発的に増えてい

記事を読む

看護師の資格を取る為の学校とは

高等学校衛生看護科 みなさんは将来の夢の為の進路選択をいつぐらいにしましたか?中学校や高校、大

記事を読む

副業とパラレルキャリアって何が違うの?

いまや終身雇用が当たり前ではなくなりました。またAIの目まぐるしい発達によって、今ある仕事の

記事を読む

メディウェルの詳細・特徴・口コミ

メディウェルは、東京証券取引所一部に上場している株式会社アインファーマシーのグループ会社です。

記事を読む

ファルマスタッフの詳細・特徴・口コミ

ファルマスタッフは薬剤師の転職をサポートしているサイトであり、日本調剤グループの株式会社メディカ

記事を読む

心理カウンセラーの主な資格のまとめ

認定カウンセラー 日本カウンセリング学会が認定しているのが認定カウンセラーという資格です。

記事を読む

薬剤師のお仕事の詳細・特徴・口コミ

薬剤師のお仕事は薬剤師に向けた転職サービスであり、レバレジーズ株式会社によって運営されています。

記事を読む

メドフィットの詳細・特徴・口コミ

メドフィットは薬剤師専門の求人サイトであり、株式会社ゲンテンリンクスが運営しています。 コ

記事を読む

管理栄養士の資格を目指す人の為の基礎知識

管理栄養士とは、主に傷病者に対して、一人一人の症状や体質などを考慮しながら療養に必要な栄養を指導

記事を読む

職場や自分を見つめ直してスキルアップ

今年は仕事の内容や職場での待遇を見直してみましょう。 いつもいる環境があなたに合っているのか確

記事を読む

エバーメイト 美顔カップスで毛穴の汚れがしっかり取れる

カップスには、直径25mmのMと、直径20mmのSがあります。

シャチハタ おりがみ工場で『みんなと違うおりがみで折りたい』をかなえます。

今、小学生のおりがみ女子たち羨望の商品があります。 『おりがみ工

温巡りグルコ 神経痛にほかほかの温感で効果あり!

温巡りグルコは、数ある塗るグルコサミンのパイオニアです。 神経痛

あゆみ 介護シューズ 軽い、 撥水、抗菌、防臭、手洗い可能

今のお年寄りって、案外、年寄り年寄りしていない若い、「いくつなの?

『灸美人』 家庭で、自分で、一人で、簡単にできるお灸です

家庭で、自分で、一人で、簡単にできるお灸です。 疲れ切っているの

→もっと見る

PAGE TOP ↑