チーズとは・・・チーズの歴史や成分など

公開日: : グルメ.食品, チーズ

チーズ
「チーズとは何か」と、改めて問いかけられると、どう答えていいのかわからないという方も少なくないのではないでしょうか。
チーズそのものは、私たちの食生活にすっかり溶け込んでいますから、特に深く考えるような機会も少ないと思います。
そこで、チーズとは何かを調べてみると、「牛や羊、ヤギなどから取れる乳を醗酵させたり、凝固させることで加工した食品のこと」という答えが出てきました。
歴史を見てみると、何時頃からチーズが作られていたのか、ハッキリとした起源はわからないようですが、一説によると紀元前4000年頃には、チーズの原型のようなものが存在していたようです。
チーズは、加工の仕方によって様々な種類のものが存在していますが、もっとも基本的なものは次のようにして作られます。
乳にレンネットと呼ばれる凝乳酵素や、レモン汁などの酸を加えて、そのまま置いておくとフワフワした白い塊と、乳清と呼ばれる上澄みの水分とに分離します。
この白い塊から、絞るなどの方法で水分を取り除いたものが、フレッシュチーズと呼ばれるチーズの原型にあたるものなのです。
そして、このフレッシュチーズを元にして、様々な加工上の工夫を加えることで色々な味わいのチーズを作り出しているんですね。
それにしても、紀元前4000年の頃から現代まで食べ続けられているのですから、チーズって本当に味わい深い食べ物なんですね。
チーズのことを詳しく知ると、きっとさらに美味しく味わえるようになると思いますよ。

チーズの歴史

チーズは、世界中に数多くある加工食品の中でも、最古のもののようです。
起源は、先史時代にまでさかのぼると言われていますが、チーズ発祥の地を特定するような証拠は見つかっていません。
羊や山羊が家畜化されたのが紀元前6000年前後とされていますので、恐らくその時期がチーズの起源と考えられるでしょう。
紀元前3100年ごろには、サハラの牧草地帯ではエジプト人とシュメール人によって酪農が営まれていたという証拠が発見されているようです。
古代では、反芻動物の胃などが、食料を貯蔵するための容器の役割を果たしていたようですので、チーズもそこに保存されている時にチーズの原型のようなものが発見されたのでしょう。
ただ、最近になってポーランドで人類最古のチーズ製造の痕跡が発見されているようですので、まだまだ詳しいところはわかっていません。
その後、ローマ時代には日常的に食卓に並ぶ食べ物として広まっています。
日本でチーズが広まったのは、やはり明治以降のようです。
江戸時代には白牛酪というバターに似たものがあったようですが、チーズは「西洋事情」という書物で紹介されたくらいで、一般に知られるということはありませんでした。
日本で本格的なチーズの工業生産が始まったのは、1930年台と言いますから、そう考えるとまだまだ歴史が浅いということになりますね。
それでも、ここまで浸透しているのですから、それだけチーズに魅力があるということになるでしょう。

チーズの成分

チーズが乳製品であることはいうまでもありませんが、成分の面から見ても乳に含まれる栄養成分は全て含まれていて、私達の健康にも大変役立ってくれます。
主な成分として、『タンパク質』、『脂肪』、『ミネラル』、『ビタミン』が挙げられます。
タンパク質が、私達の筋肉や細胞、血液などを作る上でとても重要な栄養素であることは広く知られていますね。
チーズには、このタンパク質が豊富に含まれていて、チーズそのものの22~28%を占めていると言われています。
また、脂肪はチーズの25~30%を占めていて、タンパク質と並ぶ主成分です。
脂肪というと太りそうなイメージがありますが、チーズの脂肪はビタミンBを豊富に含み、脂肪の燃焼を助けてくれますので、意外と太りにくいのです。
また、消化に良いということも大きな特徴です。
ミネラルは、カルシウム、リン、鉄、ナトリウム、カリウムなどですが、特にカルシウムは、大変吸収されやすい形で含まれているようです。
そのため、骨粗しょう症などの予防にも効果的とされていますし、さらにはイライラの改善など、心にも良い影響が期待できます。
最後にビタミンですが、チーズには、ビタミンB2とビタミンAが多く含まれています。
ビタミンは、人間の体内では作られませんので食事から摂取する必要があります。
ビタミンCを多く含む野菜とチーズを一緒に食べれば、ビタミンの補給が効率的にできそうですね。
このように、豊富な栄養成分を含んでいますので、ぜひチーズを積極的に食べていきたいものです。

スポンサーリンク

関連記事

節類の種類や特長についてのまとめ

日本人の舌に馴染みのお味噌汁。 その味は、味噌が重要なのはもちろんのことですが、このほかのもの

記事を読む

牛肉の栄養分について調べてみた

コレステロール | 牛肉の栄養素 『コレステロール』というと、生活習慣病や成人病の原因というイ

記事を読む

日本三大銘菓>松江風流堂・山川、長岡大和屋・越の雪、金沢森八・長生殿

皆さんは落雁は好きですか? 落雁といえば、お茶の席や仏事に出されますので、食べた事が有る人も意

記事を読む

日本三大饅頭>柏屋「薄皮饅頭」、伊部屋「大手まんぢゅう」、塩瀬総本家「志ほせ饅頭」

饅頭はそのまま食べる派ですか、それとも一手間加えて食べる派ですか? 饅頭と言うと贈答物で頂

記事を読む

硬水と軟水

硬水と軟水。その違いや特徴とは

今回、硬水と軟水の違いやそれぞれの水の特徴について見ていきたいと思いますが、その前に1つだけみな

記事を読む

フレッシュチーズの特徴や作り方代表的な銘柄のご紹介!

『フレッシュチーズ』とは、全く熟成させないものや、または、ほとんど熟成させないまま食べるチーズの

記事を読む

日本三大菜漬け>高菜漬け、野沢菜、広島菜

皆さんはご飯のお供に何を食べますか? ご飯のお供と言えば海苔やタラコ、漬け物などなど沢山有

記事を読む

シェーブルチーズの特徴や作り方代表的な銘柄のご紹介!

『シェーブル』というのは、フランス語で「ヤギ」のことを指し、ヤギの乳で作られたチーズを『シェーブ

記事を読む

牛肉はうまい!「すきやき」「やきにく」の歴史とは・・・

日本の牛肉食の歴史 日本で牛肉食が始まったのは、明治維新以降というイメージをお持ちの方も多いと

記事を読む

遺伝子組み換え食品は、何が問題なんでしょう

遺伝子組み換えと遺伝子組み換え食品 生物の細胞から有益な性質を持つ遺伝子を取り出し、植物などの

記事を読む

「一ノ蔵 ひめぜん」私のおススメ商品の感想や特徴です

「一ノ蔵 ひめぜん きりり」 「一ノ蔵 ひめぜん Ume」

「大往生したけりゃ医療とかかわるな 中村仁一著 幻冬舎文庫」私のおススメ本の感想や特徴です

いきなり著者が、棺桶に入ってる写真もあります。 今、棺桶は、

《珈琲の香りのお線香(青箱)ブラック(黒箱)梅栄堂》私のおススメ商品の感想や特徴です

お線香に火をつけると、お線香の香りでなく、珈琲の強い香りがしま

《ワッフルボウルメーカー》私のおススメ商品の感想や特徴です

ベルギーワッフル、一時期流行りましたね。 残念ながら筆者は流

BOS おむつが臭わない袋で臭い問題解決にお役立ち

在宅介護なされているご家庭が増えました。 介護の内容も様々ですが

→もっと見る

PAGE TOP ↑