マーガリンは、バターに変更!その理由とは?

公開日: : 最終更新日:2016/04/03 グルメ.食品


バターやマーガリンは、今や日本でも生活に欠かすことのできない食品のひとつとなっています。
バターはマーガリンに比べると値段も高く、冷蔵庫から取り出したあとに常温において柔らかくするなどの手間もあることから、「マーガリン派」の家庭が多いようです。
マーガリンは安価なことから、菓子などの原料として用いられることも多いでしょう。
しかし近年、マーガリンは体にとって危険、バターに変更すべきとの声が多くあがっています。

マーガリンの危険性?

マーガリンがなぜ体に危険だと言われるかは、含まれるトランス脂肪酸に理由があります。
トランス脂肪酸は体内に入ると動脈硬化、心筋梗塞などの病気のリスクを高めると言われ、欧米では健康への被害があると大きく叫ばれています。

天然のトランス脂肪酸か、そうではないか

マーガリンに使用されている脂肪が植物由来の天然のものであるという間違った知識が広まったこともあります。
そのため、植物=ヘルシーで安全そう、という認識でマーガリンを選んでいる人も少なくありません。
実際はマーガリンに使われている脂肪には水素が加えられており、そのため人工的なトランス脂肪酸となっています。
バターにもトランス脂肪酸は含まれていますが、自然に存在する脂肪が原料なため、人工的なトランス脂肪酸ではありません。
動物性の脂肪が原料なために、マーガリンよりもカロリーが高そうと避けている人もいますが、食べて安全なのは自然のトランス脂肪酸と言えます。

マーガリンに似ている人工のトランス脂肪酸

人工のトランス脂肪酸が含まれるものに「ショートニング」というものがあります。
これは菓子類にも多く含まれているため、市販の菓子の食べ過ぎには充分に注意して下さい。

バターも食べ過ぎに注意すること

自然のトランス脂肪酸は大丈夫だからと、バターを食べ過ぎていては体に害があります。
過剰に摂取することでさまざまな病気の原因になり得ることもあるので、ほかの食品とのバランスを考えて利用していきましょう。

スポンサーリンク

関連記事

日本三大ちん珍味>唐墨(からすみ)、海鼠腸(このわた)、海胆(うに)

日本の三大珍味を皆さんは一度口にした事はありますか? 珍味なので決して美味しいとは限りませ

記事を読む

食品の原材料の中の「香料」

食品の原材料の中の「香料」といったい何?安全、危険、心配なし?

食事をするとき、味がおいしいものを食べたいと思うのは当たり前。 ところが実は、「おいしい」と感

記事を読む

遺伝子組み換え食品は、何が問題なんでしょう

遺伝子組み換えと遺伝子組み換え食品 生物の細胞から有益な性質を持つ遺伝子を取り出し、植物などの

記事を読む

大豆製品は有効成分がいっぱい。こんなにすごい大豆パワー!

大豆は別名「畑の肉」とも呼ばれ、古くから栄養素の豊富な食品として知られてきました。 既に一般的

記事を読む

日本三大饅頭>柏屋「薄皮饅頭」、伊部屋「大手まんぢゅう」、塩瀬総本家「志ほせ饅頭」

饅頭はそのまま食べる派ですか、それとも一手間加えて食べる派ですか? 饅頭と言うと贈答物で頂

記事を読む

牛肉の格付け「歩留等級」「肉質等級」について調べてみた

牛肉の格付け 牛肉にも格付けがあることをご存知でしょうか? これは、社団法人の日本食肉格付協

記事を読む

牛肉の栄養分について調べてみた

コレステロール | 牛肉の栄養素 『コレステロール』というと、生活習慣病や成人病の原因というイ

記事を読む

ナッツの栄養と効能のまとめ

こちらでは、ナッツ類の栄養や効能、特徴などを様々な角度からお伝えしています。 一口でナッツとい

記事を読む

世界のチーズ。特徴やおススメのチーズのご紹介!

オランダのチーズ オランダもチーズ作りが盛んな国で、今では世界でも代表的なチーズ輸出国になって

記事を読む

世界のコーヒーの種類と特徴をご紹介!

コーヒーは東アフリカに位置するエチオピアが原産地とされ、今では世界60カ国で生産されている嗜好品

記事を読む

一人暮らしをする方必見!お部屋探しのポイントを紹介

部屋選びって難しいですよね・・・ 社会人や大学入学を機に

本好きが気になる出版業界コミック

出版社の編集が主人公のドラマ「重版出来!」が話題になりましたね

脳に良い食べ物と悪い食べ物

親として子供の将来を考えていろんなことをします。 健康な体にする

今、トレンドの平成世代のグルメマンガとは?】

昔から料理・グルメのコミックは人気があります。 マンガをあま

夏の夜長に最適?ほっこり系ホラー漫画

夏といえばホラー。貞子VS伽耶子が話題になっていますが、あまりにも

→もっと見る

PAGE TOP ↑