黒色食品を進んで摂ろう。黒色食品が有効な理由とは?

公開日: : 最終更新日:2016/04/15 グルメ.食品


黒い色の食品と聞いて、どのくらいの食材を思いつくでしょうか。
私たちが普段何気なく食事をしている中にも「黒い食品」は多く含まれています。
黒豆、海苔、ひじき、黒ゴマなどは日本の食卓でとても身近なものです。
黒い色の食材にはさまざまな健康パワーが秘められています。

黒い色の食品に秘められた嬉しい効果

黒い色の食材にはカリウム、鉄分、マグネシウム、カルシウム、さらに各種ミネラルが含まれていることが多いと言われます。
また、黒い色の食材にはブルーベリーなどで有名なポリフェノールの一種・アントシアニンが含まれていることが多いのです。
アントシアニンは抗酸化作用の強い栄養素で、このことから細胞の老化を防ぐアンチエイジング効果、体内の代謝をアップさせる働きがあるのでダイエット効果も高いと言われています。
ダイエット時に不足しがちな鉄分を補えるプルーンは積極的にとり入れたい黒い色の食品です。
黒い色の食品は若々しさと健康的な体型を保ちたいと願う人にうってつけと言えるでしょう。

黒い色の食品を日々の暮らしにとり入れる工夫

黒い色の食品の健康パワーの大きさがわかっても、なかなか日々の生活にとり入れるのは難しいと感じる人も多いようです。
しかし、あまり難しく考えず、普段食べている納豆を黒豆が原料のものに変える、黒豆のお茶を飲む、黒米を利用してみる、白砂糖を黒砂糖に変えてみるなど、少しの工夫でかまいません。

偏りのない摂取を実現するために

黒い色の食品を意識的にとり入れていきたいとき、注意したいのがひとつの食品だけを多く摂ってしまうことです。
たとえば黒豆だけを摂取したり、黒酢ドリンクを飲み過ぎてしまったりでは逆に体に負担をかける場合があります。
できるだけバランスよく、さまざまな黒い色の食品を摂ることが理想です。
どうしても難しい場合は、市販のサプリメントを利用するのもひとつの方法です。
黒い色の食品の栄養素を詰め込んだサプリメントを探してみると良いでしょう。

スポンサーリンク

関連記事

ナッツの栄養と効能のまとめ

こちらでは、ナッツ類の栄養や効能、特徴などを様々な角度からお伝えしています。 一口でナッツとい

記事を読む

日本三大ちん珍味>唐墨(からすみ)、海鼠腸(このわた)、海胆(うに)

日本の三大珍味を皆さんは一度口にした事はありますか? 珍味なので決して美味しいとは限りませ

記事を読む

遺伝子組み換え食品は、何が問題

遺伝子組み換え食品は、何が問題なんでしょう。

皆さんは買い物をしている時に食品の原材料に遺伝子組み換えでは無いと表示された食品を目にした事はあ

記事を読む

ウォッシュチーズの特徴や作り方代表的な銘柄のご紹介!

『ウォッシュチーズ』というのは、熟成させる過程の中で、塩水やワイン、ブランデー、それにマールと呼

記事を読む

ハードチーズの特徴や作り方代表的な銘柄のご紹介!

『ハードチーズ』というのは、その名の通り硬いチーズのことで、加工する過程の中で乳固形分の水分が排

記事を読む

節類の種類や特長についてのまとめ

日本人の舌に馴染みのお味噌汁。 その味は、味噌が重要なのはもちろんのことですが、このほかのもの

記事を読む

果物はヘルシー?要注意?果物正しい食べ方やタイミング

フルーツが嫌いという人はあまりいないでしょう。 甘く美味しいのにカロリーは低く、ダイエット中の

記事を読む

牛肉の産地やブランドの特徴について調べてみた

アメリカ産 一時期のBSE問題のために、アメリカ産の牛肉が輸入禁止となりました。 それまでは

記事を読む

白カビチーズの特徴や作り方代表的な銘柄のご紹介!

『白カビチーズ』というのは、ナチュラルチーズの一種で、チーズの表面に白カビを植え付け、その白カビ

記事を読む

一物全体食、地産地消で健康的な食生活

できることなら健康的な生活を送りたい。 こう考えている人はとても多いはずです。 日本は十数年

記事を読む

お得がいっぱい!【ふるさと納税】を利用してみよう!

ここ最近急速に認知度が高まった「ふるさと納税」。ふるさと納税と

オタク女子の婚活事情を考察

オタク女子の婚活事情 昔からアニメ・マンガ・ネットのサブカル

no image
実写化はあり?なし?実写ドラマ、映画化されたコミック

最近、人気コミックの実写化が相次いでいます。 つい最近も、人間社会に

副業したいけどばれたくない!大切なポイントまとめ

毎月の給与だけでは生活が大変だから、副業をして少しでもお金を稼

メリットがたくさん!【米国株】について紹介

米国株の魅力を知らないのは損! 米国株と聞くと、「日本株より

→もっと見る

PAGE TOP ↑