黒色食品を進んで摂ろう。黒色食品が有効な理由とは?

公開日: : 最終更新日:2016/04/15 グルメ.食品


黒い色の食品と聞いて、どのくらいの食材を思いつくでしょうか。
私たちが普段何気なく食事をしている中にも「黒い食品」は多く含まれています。
黒豆、海苔、ひじき、黒ゴマなどは日本の食卓でとても身近なものです。
黒い色の食材にはさまざまな健康パワーが秘められています。

黒い色の食品に秘められた嬉しい効果

黒い色の食材にはカリウム、鉄分、マグネシウム、カルシウム、さらに各種ミネラルが含まれていることが多いと言われます。
また、黒い色の食材にはブルーベリーなどで有名なポリフェノールの一種・アントシアニンが含まれていることが多いのです。
アントシアニンは抗酸化作用の強い栄養素で、このことから細胞の老化を防ぐアンチエイジング効果、体内の代謝をアップさせる働きがあるのでダイエット効果も高いと言われています。
ダイエット時に不足しがちな鉄分を補えるプルーンは積極的にとり入れたい黒い色の食品です。
黒い色の食品は若々しさと健康的な体型を保ちたいと願う人にうってつけと言えるでしょう。

黒い色の食品を日々の暮らしにとり入れる工夫

黒い色の食品の健康パワーの大きさがわかっても、なかなか日々の生活にとり入れるのは難しいと感じる人も多いようです。
しかし、あまり難しく考えず、普段食べている納豆を黒豆が原料のものに変える、黒豆のお茶を飲む、黒米を利用してみる、白砂糖を黒砂糖に変えてみるなど、少しの工夫でかまいません。

偏りのない摂取を実現するために

黒い色の食品を意識的にとり入れていきたいとき、注意したいのがひとつの食品だけを多く摂ってしまうことです。
たとえば黒豆だけを摂取したり、黒酢ドリンクを飲み過ぎてしまったりでは逆に体に負担をかける場合があります。
できるだけバランスよく、さまざまな黒い色の食品を摂ることが理想です。
どうしても難しい場合は、市販のサプリメントを利用するのもひとつの方法です。
黒い色の食品の栄養素を詰め込んだサプリメントを探してみると良いでしょう。

スポンサーリンク

関連記事

日本三大菜漬け>高菜漬け、野沢菜、広島菜

皆さんはご飯のお供に何を食べますか? ご飯のお供と言えば海苔やタラコ、漬け物などなど沢山有

記事を読む

遺伝子組み換え食品は、何が問題なんでしょう

遺伝子組み換えと遺伝子組み換え食品 生物の細胞から有益な性質を持つ遺伝子を取り出し、植物などの

記事を読む

世界のコーヒーの種類と特徴をご紹介!

コーヒーは東アフリカに位置するエチオピアが原産地とされ、今では世界60カ国で生産されている嗜好品

記事を読む

日本三大銘菓>松江風流堂・山川、長岡大和屋・越の雪、金沢森八・長生殿

皆さんは落雁は好きですか? 落雁といえば、お茶の席や仏事に出されますので、食べた事が有る人も意

記事を読む

牛肉はうまい!「すきやき」「やきにく」の歴史とは・・・

日本の牛肉食の歴史 日本で牛肉食が始まったのは、明治維新以降というイメージをお持ちの方も多いと

記事を読む

一物全体食、地産地消で健康的な食生活

できることなら健康的な生活を送りたい。 こう考えている人はとても多いはずです。 日本は十数年

記事を読む

醤油の種類と特徴を詳しくご紹介

醤油のルーツをたどると古代中国で誕生した“醤(ジャン)”にあるというひとつの説があるほど、醤油は

記事を読む

ハードチーズの特徴や作り方代表的な銘柄のご紹介!

『ハードチーズ』というのは、その名の通り硬いチーズのことで、加工する過程の中で乳固形分の水分が排

記事を読む

日本三大饅頭>柏屋「薄皮饅頭」、伊部屋「大手まんぢゅう」、塩瀬総本家「志ほせ饅頭」

饅頭はそのまま食べる派ですか、それとも一手間加えて食べる派ですか? 饅頭と言うと贈答物で頂

記事を読む

日本三大ちん珍味>唐墨(からすみ)、海鼠腸(このわた)、海胆(うに)

日本の三大珍味を皆さんは一度口にした事はありますか? 珍味なので決して美味しいとは限りませ

記事を読む

お得がいっぱい!【ふるさと納税】を利用してみよう!

ここ最近急速に認知度が高まった「ふるさと納税」。ふるさと納税と

オタク女子の婚活事情を考察

オタク女子の婚活事情 昔からアニメ・マンガ・ネットのサブカル

no image
実写化はあり?なし?実写ドラマ、映画化されたコミック

最近、人気コミックの実写化が相次いでいます。 つい最近も、人間社会に

副業したいけどばれたくない!大切なポイントまとめ

毎月の給与だけでは生活が大変だから、副業をして少しでもお金を稼

メリットがたくさん!【米国株】について紹介

米国株の魅力を知らないのは損! 米国株と聞くと、「日本株より

→もっと見る

PAGE TOP ↑