牛肉の栄養分について調べてみた

公開日: : 最終更新日:2015/04/08 グルメ.食品, 牛肉

コレステロール | 牛肉の栄養素

vitamin_b『コレステロール』というと、生活習慣病や成人病の原因というイメージが強いですから、身体に悪いものと思っている方も多いことでしょう。
確かに、コレステロールが多すぎるのは身体に良くないのですが、だからといって全く摂らないのも問題です。

実は、コレステロールも私たちの身体のためには必要不可欠な栄養素なんです。
コレステロールは、細胞膜やホルモン、胆汁酸、ビタミンDなどの原料になるもので、不足すると血管がもろくなり、脳卒中や心筋梗塞などの原因になる可能性があります。

また、コレステロールにも『善玉コレステロール』と『悪玉コレステロール』があり、悪玉は動脈硬化を促進させ、善玉は動脈硬化を防止するという働きをします。
ですから、コレステロールすべてが悪いというわけではなく、あくまでも摂り過ぎると害があるということなんですね。

栄養のバランスを取ることが大切なのは、言うまでもないことだと思いますから、あまりコレステロールを恐れすぎずに、適度に摂取することが必要です。
そのためには、牛肉は最適といえるのではないでしょうか。
美味しさだけを考えると、霜降りなどの脂肪分が多いものが最高ですが、それでは脂肪の摂り過ぎになってしまいますよね。

ですから、赤身の肉をよく食べるようにするとか、あるいは霜降り肉を食べるときでも、野菜を多めに摂るなどの工夫をしてみるといいでしょう。
ただし、すでにコレステロール値が上がりすぎている場合は、制限が必要になるので注意してください。

たんぱく質 | 牛肉の栄養素

tanpaku牛肉というと、食べ過ぎると身体に悪いというイメージを持っている方も多いかもしれません。
もちろん、栄養のバランスを取ることは大切ですから偏ってはいけないのですが、だからといって牛肉を食べないほうがいいのかというと、そういうわけではないのです。
牛肉に含まれている栄養素として、『たんぱく質』が挙げられます。

たんぱく質は、血液や皮膚、内臓、毛髪、爪、それに筋肉などの、いわゆる身体を作るために必要な栄養素ですね。
これが不足してしまうと、体力もなくなりますし、免疫力も落ちてしまいますので、健康のためには欠かせないものなのです。

しかも、牛肉の動物性たんぱく質には、必須アミノ酸がバランス良く含まれています。
たんぱく質はアミノ酸によって構成されているものですが、その中でも人間の体内で作り出すことができないのが必須アミノ酸。

必須アミノ酸は8種類あり、その内のどれかが欠けても重大な栄養障害を起こしてしまうのです。
そして、牛肉にはその8種類がとてもバランスのとれた状態で含まれているんですね。

ですから牛肉は、私たちの健康のためには、とても優れた食材ということができるわけです。
ただし、霜降りの肉になると脂肪分が多くなりますので、食べ過ぎには注意が必要です。

脂肪分が多いと、確かに美味しくなるのですが、健康のためを考えると、赤身の肉のほうがオススメです。
植物性たんぱく質よりも、動物性たんぱく質の方が体内の吸収率も高いと言われていますから、積極的に牛肉を食べることは健康にも確実にプラスになるといえます。

ビタミンB群 | 牛肉の栄養素

cholesterol牛肉には、『ビタミンB群』も豊富に含まれています。
ビタミンB群とは、ビタミンB1、ビタミンB2、ナイアシン、パントテン酸、ビタミンB6、ビタミンB12、葉酸、ビオチンなど8種類の総称で、『ビタミンB複合体』と呼ばれることもあるようです。

ビタミンB群は、お互いに助けあいながら、脳や神経、皮膚などを健康に保つ働きをするものですので、積極的に摂取する必要がある栄養素です。
また、ビタミンB群には美容効果やダイエット効果があることも知られているので、女性にオススメの栄養素でもあります。

中でも、ビタミンB2は『美容ビタミン』と呼ばれるほど女性が喜ぶ効能があり、脂肪の燃焼を助けたり、健康な肌や髪をつくり、粘膜を保護するといった働きをしてくれます。

また、ビタミンB12は『造血ビタミン』とも呼ばれ、悪性貧血を予防して、神経細胞を正常に保つ働きをします。
さらに、ビタミンB12が不足すると貧血などの身体的な症状だけでなく、精神的落ち込みなどの症状も現れやすくなりますから注意が必要です。

ビタミンB12だけでなく、ビタミンB群を摂ることでストレスに強くなる効果もあると言われていますから、現代人には特に必要な栄養素といえるかもしれませんね。

牛肉の中でも、特にビタミンB群を豊富に含んでいるのはレバーです。
レバーは、多少好き嫌いが別れる部位かもしれませんが、心身の健康と美容のために、積極的に食べたい食材と言えますね。

スポンサーリンク

関連記事

節類の種類や特長についてのまとめ

日本人の舌に馴染みのお味噌汁。 その味は、味噌が重要なのはもちろんのことですが、このほかのもの

記事を読む

日本三大ちん珍味>唐墨(からすみ)、海鼠腸(このわた)、海胆(うに)

日本の三大珍味を皆さんは一度口にした事はありますか? 珍味なので決して美味しいとは限りませ

記事を読む

黒色食品を進んで摂ろう。黒色食品が有効な理由とは?

黒い色の食品と聞いて、どのくらいの食材を思いつくでしょうか。 私たちが普段何気なく食事をしてい

記事を読む

牛肉はうまい!「すきやき」「やきにく」の歴史とは・・・

日本の牛肉食の歴史 日本で牛肉食が始まったのは、明治維新以降というイメージをお持ちの方も多いと

記事を読む

チーズとは・・・チーズの歴史や成分など

「チーズとは何か」と、改めて問いかけられると、どう答えていいのかわからないという方も少なくないの

記事を読む

ナッツの栄養と効能のまとめ

こちらでは、ナッツ類の栄養や効能、特徴などを様々な角度からお伝えしています。 一口でナッツとい

記事を読む

「太りやすいお酒」「太りにくいお酒」

「太りやすいお酒」「太りにくいお酒」って有るの?

最近体重が気になりだして、糖分の摂りすぎかなと思いお酒を控えようと思っている方は居ませんか?

記事を読む

おススメ!マルコシ商店のお取り寄せ。うに、いくら、イカ・・・

岩手県普代村に、マルコシ商店はあります。 ジャンルでいうとお魚屋さんです。 私は、マルコシ商

記事を読む

フレッシュチーズの特徴や作り方代表的な銘柄のご紹介!

『フレッシュチーズ』とは、全く熟成させないものや、または、ほとんど熟成させないまま食べるチーズの

記事を読む

日本三大銘菓>松江風流堂・山川、長岡大和屋・越の雪、金沢森八・長生殿

皆さんは落雁は好きですか? 落雁といえば、お茶の席や仏事に出されますので、食べた事が有る人も意

記事を読む

山善 プレイマット。子供部屋の防音材、ヨガやストレッチマットなどにピッタリ

90×90cm高さ5cmのプレイマットのご紹介です。 真ん中から

エバーメイト 美顔カップスで毛穴の汚れがしっかり取れる

カップスには、直径25mmのMと、直径20mmのSがあります。

シャチハタ おりがみ工場で『みんなと違うおりがみで折りたい』をかなえます。

今、小学生のおりがみ女子たち羨望の商品があります。 『おりがみ工

温巡りグルコ 神経痛にほかほかの温感で効果あり!

温巡りグルコは、数ある塗るグルコサミンのパイオニアです。 神経痛

あゆみ 介護シューズ 軽い、 撥水、抗菌、防臭、手洗い可能

今のお年寄りって、案外、年寄り年寄りしていない若い、「いくつなの?

→もっと見る

PAGE TOP ↑