ミドリムシはすごいらしい!ミドリムシの効能・効果とその可能性とは!?

公開日: : 健康・病気


最近よく耳にするミドリムシ。
ミドリムシってどんな虫?なのでしょうか。

ミドリムシとは

ミドリムシというと「虫」をイメージしてしまいますが、虫ではありません。
ミドリムシ、学名はユーグレナと言いますが、約5億年前に地球上に誕生した「動きまわる藻の」一種です。
ミドリムシという名から、どうしても「虫」をイメージしてしまいがちですが、虫ではなく、実はわかめや昆布と同じ種類の藻の仲間なのです。
植物のように光合成を行って体内で豊富な栄養素を生み出すという、驚くほどの栄養素を持った食品でもあります。
地球上で唯一、植物と動物の性質を持ち合わせたとても珍しい生物なのです。
ミドリムシは、NASAが先駆けて研究を開始したことでも有名ですが、それほどミドリムシが生み出す優れた栄養成分や免疫成分について注目されていました。
NASAでさえ、なかなかミドリムシの大量培養に成功できず、サプリメントなどの商品化までには長い年月がかかりましたが、そのミドリムシを実用化に導いたのが東京大学でした。
2005年に東大を中心とした研究機関が、世界で初めて大量培養に成功したのです。
その後はサプリメントなどの商品化がスムーズに進み、健康維持に役立つ栄養素として世界中から注目されるようになりました。

ミドリムシの特徴

ミドリムシが持つ植物性の栄養素には、本来人間が消化しにくい細胞壁があるのですが、このミドリムシは、細胞膜という一枚の壁で覆われているだけなので消化しやすく、効率よく植物性の栄養素を吸収することができます。
そのため植物の栄養吸収率が40%前後とされているなかで、ミドリムシはなんと約90%もの吸収率を誇っています。

ミドリムシの効能・効果とは

ミドリムシには、あの青汁を超えるたくさんの栄養素が含まれています。
ビタミン類、ミネラル、アミノ酸など、59種類もの栄養素がバランスよく含まれており、まさに栄養の宝庫といえるでしょう。
●ミドリムシに含まれる59種類の栄養素
・生理機能を調整して代謝を円滑にする「14種類のビタミン」
・体液や神経の働きを調整したり、骨や歯を作る「9種類のミネラル」
・筋肉・臓器・血液・骨・酵素・免疫物質などを作る「18種類のアミノ酸」
・脳の働きを高めるEPA・DHAなどの「11種類の不飽和脂肪酸」
・パラミロンなどの「7種類の特殊成分」
以上が含まれています。

ミドリムシによるデトックス効果は

地球上で持っているのはミドリムシだけというパラミロンは、中性脂肪やコレステロールを吸収してくれます。
パラミロンの表面には無数の小さな穴があいており、中性脂肪やコレステロールがこの穴に迷い込んだら逃げられなくなって、最後には便となって排出されていきます。
また、ミドリムシには、植物に含まれる天然色素であるクロロフィルが含まれています。クロロフィルは、毒性の強いダイオキシン、残留農薬、有害金属などを吸着し、その後は便となって一緒に排出されます。
このパラミロンとクロロフィルは、人間の体に蓄積しやすい悪い物質を体の外へと流し出してくれるのです。

ミドリムシによるメタボリック症候群の予防は

健康維持に重要な役割をする超善玉物質として、研究者の間で注目されているのがアディポネクチンですが、このアディポネクチンは、糖尿病・高脂血症・高血圧・動脈硬化などを予防するとされています。
そのため、メタボリック症候群の予防にはとても効果があります。
アディポネクチンは、太った人の体内では量が少なく、普通体型の健康な人の体内では、量が多いということがわかっています。
そこで、ミドリムシ1gを一カ月間飲用し続けると、アディポネクチンの血中濃度が増加するということがわかりました。

このように、ミドリムシにはデトックス効果やメタボリック症候群の予防のほかにも、コレステロールの低下、美肌効果、若返り効果、ダイエット効果。
さらには、疲労回復や肩凝りの改善、免疫機能の向上など、様々な効能や効果が期待できます。

スポンサーリンク

関連記事

カンピロバクター

食中毒にに要注意!カンピロバクターの特徴、時期、予防などのまとめ

食中毒の原因菌のひとつである"カンピロバクター"をご存知でしょうか? この後できるだけ詳しく説

記事を読む

ギャンブル依存症

ギャンブル依存症ってどのような病気なのか?私のギャンブル依存症体験談

みなさんはギャンブル依存症という病気をご存知でしょうか?聞いたことはあるけれどよくわからないとお

記事を読む

女性の生理中にチョコ、チーズ、コーヒーは避けよう

女性の大きな悩みの一つである生理痛。 生理痛が起こる原因にはさまざまなものがありますが、そのな

記事を読む

セレウス菌

食中毒に要注意!セレウス菌の特徴、時期、予防などのまとめ

これまで7回にわたって食中毒の原因菌について見てきました。 これまでの記事を読んでくださった方

記事を読む

菌の違い

「微生物」「ウイルス」「細菌」「菌類」「バクテリア」の違い

私たちが生活している環境には、微生物やウイルス、菌が数多く居ますが、こんな疑問を持った事はありま

記事を読む

ウェルシュ菌

食中毒に要注意!ウェルシュ菌の特徴、時期、予防などのまとめ

みなさんは"ウェルシュ菌"ってご存知でしょうか? 後ほども触れますが、ウェルシュ菌は前回取り挙

記事を読む

お酒を飲んだら、摂ってはいけない薬とは

お酒を飲んだら摂ってはいけない薬があります。 アルコールそのものに中枢神経抑制や血管拡張の作用

記事を読む

骨粗しょう症にお勧めは、牛乳?豆乳?

骨の中がスカスカになり、もろくなってしまうのが骨粗しょう症です。 骨がもろいのでほんの少しの転

記事を読む

やけどの正しい対処法とは?できるだけ跡を残さない丁寧なケアを

やけどは、熱いものなどに触れたりすることで起こります。 軽いやけどの場合は皮膚の表層部分が赤く

記事を読む

ノロウイルス

食中毒に要注意!ノロウイルスの特徴、時期、予防などのまとめ

多くの方は"ノロウイルス菌"を聞いたことがあると思います。 有名な菌のひとつであるので世間の認

記事を読む

お得がいっぱい!【ふるさと納税】を利用してみよう!

ここ最近急速に認知度が高まった「ふるさと納税」。ふるさと納税と

オタク女子の婚活事情を考察

オタク女子の婚活事情 昔からアニメ・マンガ・ネットのサブカル

no image
実写化はあり?なし?実写ドラマ、映画化されたコミック

最近、人気コミックの実写化が相次いでいます。 つい最近も、人間社会に

副業したいけどばれたくない!大切なポイントまとめ

毎月の給与だけでは生活が大変だから、副業をして少しでもお金を稼

メリットがたくさん!【米国株】について紹介

米国株の魅力を知らないのは損! 米国株と聞くと、「日本株より

→もっと見る

PAGE TOP ↑