竹虎 マトラ15の特徴や感想

公開日: : 最終更新日:2016/11/11 健康・病気


これは、乳がん手術後に、手術室から出るときすでに巻かれているものです。
手術の執刀傷の上にガーゼをあてて包帯を巻くと、術後のケアがなかなかし辛いものです。
看護師さんも患者さんも。

ガーゼの上に直接、マトラで圧迫することにより、傷の手入れを簡単にできるという利点があります。
また、圧迫することにより、術後の体液排出の作用にも効果を現します。

また、乳房を手術した直後という患者さんが直接いきなり傷を見ないで済むといった心のケアも兼ねて居ます。
手術後はこんな感じです。

しかし、マトラが活躍するのは退院してからです。
マトラをすることにより、傷の冷えが少なくなるのです。
これは、胸部や肩が冷えるといった、乳がん以外の人にも利用ができるということです。

とにかく温かい。

胸上部をおおいますから、肩甲骨の間にあると言われている風邪のつぼの上を、マトラの上から使い捨てカイロで温めることができます。

下着に直貼りだと、低温やけどを起こす可能性がありますが、マトラをした上(その下にタオルをおくとなおいい)からのカイロですと、ちょうどいい
ぬくさを得ることができるのです。

それは、肩が痛いときもできますし、脇腹が痛い時、胃腸が冷えたような感覚がした時など、多様に利用出来るのです。
単なる乳がん患者のためにだけ利用するものではありません。

肩と、脇がマジックテープになっているので、手の上げ下げが難しい方にも楽に脱ぎ着ができます。

綿素材なので、通気性や吸湿性にすぐれています。
左右兼用なので、身体のどちらからもお使いできます。

乳がん体験者から、健康なみなさまへ、こんなものもあるというお知らせでした。
一般の薬局では、常時販売していないため、ぜひAmazonでお買い求め下さい。

●AMAZONで探す竹虎 マトラ15

スポンサーリンク

関連記事

寝酒を飲んで

「寝酒を飲んでから寝るからぐっすり快眠」って人。本当かいな?

アルコールの力で本当に眠りにつけるのだろうか? 布団に入ったもののなかなか寝られない、もし

記事を読む

動悸の原因と色々な対処法、疑う病気は?

日頃は意識していない心臓の拍動を感じたり、乱れや不快感を感じたりする状態を動悸といいます。 大

記事を読む

薬を砕いたり、カプセルから出して飲んではいけない。

錠剤やカプセルといった固形の薬は、うまく飲み込めなかったり喉に違和感が残ったりすることがあります

記事を読む

サルモネラ菌

食中毒に要注意!サルモネラ菌の特徴、時期、予防などのまとめ

みなさんは食中毒の原因となっている"サルモネラ菌"をご存知でしょうか? 食中毒の原因となる菌は

記事を読む

脈拍はどこで解る。もしものための脈拍の正しい知識

脈拍とは、心臓が規則的に収縮して血液が押し出されるたびに動脈に伝わる周期的な運動のことをいいます

記事を読む

こむらがえりの原因と色々な対処法、疑う病気は?

こむら返りとは、腓腹筋と呼ばれるふくらはぎの筋肉の急激な収縮により足がつった状態になることです。

記事を読む

颯香力(そうこうりょく)の効果や特徴、使い方、体験談や口コミ情報

颯香力(そうこうりょく)とは、株式会社ビーアンドエイチサトウより発売された薬用デオドラントソープ(医

記事を読む

日焼けしすぎて肌が痛い!その日の対処法とは

夏は日差しが強いです。 十分な対策をしないで外で遊んだりお仕事していると日焼けしてしまいます。

記事を読む

マダニ感染症とは、最近よく耳にする。症状や注意点とは?

気候の穏やかな日に適した山登りやハイキングやピクニックですが、周囲には植物が群生しています。

記事を読む

食事は1回に付き、30回噛む!その効能がすごい!

現代は忙しく、時間が足りないと感じる人も多いことから、食事にかける時間が短縮されているのが現状で

記事を読む

《おおくぼ かりんとう!一斗缶》私のおススメ商品の感想や特徴です

一斗缶。 あなたは、一斗缶をご存知ですか。 その一斗缶に入

「自殺―生き残りの証言 矢貫隆著 文春文庫」私のおススメ本の感想や特徴です

人間は、死ぬ時がくるまで死ねません。 それがいつかかなんてだ

ネムリエール。出産祝いの贈り物にいかがですか?

赤ちゃんは、おかあさんの胎内で、おかあさんの心臓の音を聴きながら、

《SEIKO メトロノーム 振り子式スタンダード》私のおススメ商品の感想や特徴です

昔、お友達の家に行くと、ピアノは赤いビロードの布で覆われていて、そ

無塩温麺 はたけなか製麺はお子様や食事制限のある方にも安心

『無塩』という選択。 乾麺市場ででも減塩に対するニーズが年々高ま

→もっと見る

PAGE TOP ↑