竹虎 マトラ15の特徴や感想

公開日: : 最終更新日:2016/11/11 健康・病気


これは、乳がん手術後に、手術室から出るときすでに巻かれているものです。
手術の執刀傷の上にガーゼをあてて包帯を巻くと、術後のケアがなかなかし辛いものです。
看護師さんも患者さんも。

ガーゼの上に直接、マトラで圧迫することにより、傷の手入れを簡単にできるという利点があります。
また、圧迫することにより、術後の体液排出の作用にも効果を現します。

また、乳房を手術した直後という患者さんが直接いきなり傷を見ないで済むといった心のケアも兼ねて居ます。
手術後はこんな感じです。

しかし、マトラが活躍するのは退院してからです。
マトラをすることにより、傷の冷えが少なくなるのです。
これは、胸部や肩が冷えるといった、乳がん以外の人にも利用ができるということです。

とにかく温かい。

胸上部をおおいますから、肩甲骨の間にあると言われている風邪のつぼの上を、マトラの上から使い捨てカイロで温めることができます。

下着に直貼りだと、低温やけどを起こす可能性がありますが、マトラをした上(その下にタオルをおくとなおいい)からのカイロですと、ちょうどいい
ぬくさを得ることができるのです。

それは、肩が痛いときもできますし、脇腹が痛い時、胃腸が冷えたような感覚がした時など、多様に利用出来るのです。
単なる乳がん患者のためにだけ利用するものではありません。

肩と、脇がマジックテープになっているので、手の上げ下げが難しい方にも楽に脱ぎ着ができます。

綿素材なので、通気性や吸湿性にすぐれています。
左右兼用なので、身体のどちらからもお使いできます。

乳がん体験者から、健康なみなさまへ、こんなものもあるというお知らせでした。
一般の薬局では、常時販売していないため、ぜひAmazonでお買い求め下さい。

●AMAZONで探す竹虎 マトラ15

スポンサーリンク

関連記事

動悸の原因と色々な対処法、疑う病気は?

日頃は意識していない心臓の拍動を感じたり、乱れや不快感を感じたりする状態を動悸といいます。 大

記事を読む

マダニ感染症とは、最近よく耳にする。症状や注意点とは?

気候の穏やかな日に適した山登りやハイキングやピクニックですが、周囲には植物が群生しています。

記事を読む

セカンドオピニオンの利用法

セカンドオピニオンの利用法!成功例とそのポイントとは?

ある病院で医師から診断を受けても、それが絶対の診断とは限りません。 腑に落ちない診断だった

記事を読む

デオラボ イオンクリアの効果や特徴、使い方、体験談や口コミ情報

デオラボ イオンクリアとは、株式会社ハルカラで取り扱われている経衣類消臭スプレーです。 デオド

記事を読む

骨粗鬆症対策には「カルシュウム」「マグネシュウム」「ビタミンD」

人は年齢を重ねるに連れて骨密度が低くなると言われます。 とくに女性は閉経後、急速にこの傾向があ

記事を読む

セレウス菌

食中毒に要注意!セレウス菌の特徴、時期、予防などのまとめ

これまで7回にわたって食中毒の原因菌について見てきました。 これまでの記事を読んでくださった方

記事を読む

O157

食中毒に要注意!O157の特徴、時期、予防などのまとめ

みなさんにとって一番聞き覚えのある食中毒の原因菌が"O157"だと思います。 ですが「"O15

記事を読む

高齢者の多くが肺炎で亡くなるのはなぜか

高齢者の多くが肺炎で亡くなるのはなぜか?肺炎の予防と対処。

日本で癌や心臓病、脳卒中の次に多い死亡原因は何か知っていますか? それは肺炎です。

記事を読む

寝違えの改善対策

首が痛い!寝違えの改善対策を調べてみた

みなさんは朝起きたら寝違えてしまうなんてことはありませんか? そして寝違えてしまう原因って

記事を読む

人食いバクテリア症とは、最近よく耳にする。症状や注意点とは?

インパクトの強い名称を持つ人食いバクテリア症ですが、正式な名称を劇症型溶血性レンサ球菌感染症とい

記事を読む

no image
実写化はあり?なし?実写ドラマ、映画化されたコミック

最近、人気コミックの実写化が相次いでいます。 つい最近も、人間社会に

副業したいけどばれたくない!大切なポイントまとめ

毎月の給与だけでは生活が大変だから、副業をして少しでもお金を稼

メリットがたくさん!【米国株】について紹介

米国株の魅力を知らないのは損! 米国株と聞くと、「日本株より

知らなきゃ損!【個人型確定拠出年金】とは?

最近「個人型確定拠出年金」という言葉を耳にする方も多いかと思い

女性におすすめの株主優待【化粧品編】

女性のキレイをサポートする、女性にとっては毎日欠かすことのでき

→もっと見る

PAGE TOP ↑