百草水の特徴や感想

公開日: : 最終更新日:2016/11/11 健康・病気


緑茶もいいけど、気軽に飲めるお茶がポットや冷蔵庫にいつもあったら簡単に喉を潤すことができますね。

季節的に麦茶もいいけど、お茶屋さんで売ってる大麦を焙煎した麦茶は湯出し加減が難しい。
水出しのパックは簡単だけど、麦以外のなにかも入っていそう。
ペットボトルで多くの種類のお茶類は売っているけど、経済的にもちょっと負担になるし、なにしろ、ペットボトルの処分に困ってしまいますよね。

正直水出しは簡単なんですが、身体にいいのは、一回沸騰させた白湯から作り出されたお茶なんです。

昼間の作業は暑いです。
だから、朝になにかしながら、湯出ししてそのままポットに熱々のお茶をそそぐ。
一日お腹にやさしい温かいお茶が飲めますよね。
そのまま夕方まで冷まして、冷蔵ポットかペットボトルに注ぎ分けて、冷蔵庫で冷ますと、出かける時に便利です。

じゃあ、どんなお茶がいいか。

百種類の素材で作くられた健康茶『百草水』です。
カロリー0カフェイン0なんです。

水でも作れますが、6分でやかん1つ沸騰しますから、パックを1つ入れてさらに6分弱火で沸騰させると香りが飛びません(水から沸騰させると香りがかなり控えめになります)。
『百草水』には、3つの種類があ ります。

茶草

味はすっきり飲みやすくなっています。
100種類の原材料はすべて自然のお茶原料です。
大麦、玄米、はと麦、ハブ茶、カラメル、ドクダミ、クマ笹、クコ茶、柿葉、霊芝、甘草、てん茶、杜仲茶、山査子、陳皮、などなど。
ガルシニアやギムネマなどダイエットにも効果があると言わ
れている成分が入っています。

ISO9001の認定工場で、厳しい品質管理の中で作られています。
5gのティーパックが15個入っていて、540円です。

1袋で1~2L出来ますし、500mlのペットボトルにしたら、35本も
作れます。
ティーパックを急須に入れても飲めます。

白地にオレンジのパッケー ジです。

つるつる百草水

名前は、百草水ですが、茶草にコラーゲンとヒアルロン酸を配合した
百二草水なんです。
ヒアルロン酸とコラーゲンを配合することによっ
て、若々しさを保つサポートもできます。

これは、年中通して、ホットでもアイスでも、どちらも美味しくいた
だける逸品です。
水よりも、すいすい喉を通っていくお茶です。

我が家では、登場以来15年ほど飲み続けています。
緑茶やほうじ茶
を購入しても、つるつる百草水の方を飲んでしまいます。
えぐみがま
ったくなく、くせのないところが美味しさなんです。

白地にピンクのパッケージです。

青汁百 草茶

百草水に、クロレラやケール、大麦若葉、グルコサミンを配合した青汁百草水です。
一箱に33パック入っていますので、一箱で約1ヶ月飲むことができるといった計算です。
これは、湯出すのではなく、約300ccのお水に入れるだけで、通常の青汁感覚で飲めますが、ベースが飲みやすい百草茶ですから、もっともっと飲みやすく、身体に取り入れやすい青汁といえるでしょう。
緑のパッケージ箱です。

我が家の定番お茶を決めていると、いつでも、白湯を身体に取り入れることができて、体内のいろんな循環がよくなると思えます。
百草水は、本当に飲みやすくおいしいお茶です。

●AMAZONで探す百草水

スポンサーリンク

関連記事

心臓が左側にあるのにはちゃんと理由がある?

心臓の位置と聞いて、ほとんどの方は胸の左側を思い浮かべたのではないでしょうか。 イラスト系のポ

記事を読む

紫外線

紫外線は浴びない方が良いのか浴びた方が良いのか?どっちが本当?!

紫外線は浴びた方がいいのか?浴びない方がいいのか? まず最初にお聞きしますが紫外線を浴びた方が

記事を読む

風邪にかかったらお勧めの食べ物ってある?

風邪の程度によって食事を変える 風邪にかかったら、症状によっては食欲がわいてきません。 ある

記事を読む

心臓が大きいのは悪い事、良い事?

普段気にしない心臓の大きさですが、もし医師から指摘を受けたらどのように感じるでしょうか。 多く

記事を読む

日焼けしすぎて肌が痛い!その日の対処法とは

夏は日差しが強いです。 十分な対策をしないで外で遊んだりお仕事していると日焼けしてしまいます。

記事を読む

お酒を飲んだら、摂ってはいけない薬とは

お酒を飲んだら摂ってはいけない薬があります。 アルコールそのものに中枢神経抑制や血管拡張の作用

記事を読む

【臭ピタッ!】の効果や特徴、使い方、体験談や口コミ情報

【臭ピタッ!】は、体臭や口臭などの様々な悪臭を自然のチカラで“ピタッ!”と止めるエチケットサプリ

記事を読む

ノロウイルス

食中毒に要注意!ノロウイルスの特徴、時期、予防などのまとめ

多くの方は"ノロウイルス菌"を聞いたことがあると思います。 有名な菌のひとつであるので世間の認

記事を読む

スティーブンス・ジョンソン症候群

スティーブンス・ジョンソン症候群の原因、症状、治療など

皮膚や粘膜が過敏症を起こすという病気、スティーブンス・ジョンソン症候群。 100万人に1人

記事を読む

セレウス菌

食中毒に要注意!セレウス菌の特徴、時期、予防などのまとめ

これまで7回にわたって食中毒の原因菌について見てきました。 これまでの記事を読んでくださった方

記事を読む

no image
実写化はあり?なし?実写ドラマ、映画化されたコミック

最近、人気コミックの実写化が相次いでいます。 つい最近も、人間社会に

副業したいけどばれたくない!大切なポイントまとめ

毎月の給与だけでは生活が大変だから、副業をして少しでもお金を稼

メリットがたくさん!【米国株】について紹介

米国株の魅力を知らないのは損! 米国株と聞くと、「日本株より

知らなきゃ損!【個人型確定拠出年金】とは?

最近「個人型確定拠出年金」という言葉を耳にする方も多いかと思い

女性におすすめの株主優待【化粧品編】

女性のキレイをサポートする、女性にとっては毎日欠かすことのでき

→もっと見る

PAGE TOP ↑