日焼けしすぎて肌が痛い!その日の対処法とは

公開日: : 最終更新日:2017/09/20 健康・病気


夏は日差しが強いです。
十分な対策をしないで外で遊んだりお仕事していると日焼けしてしまいます。
軽い日焼けなら気にならないかもしれませんが、日焼けしすぎると痛みが出てしまいます。
痛みまであると、何とかして痛みの解消しようと考えるのではないでしょうか。

日焼けの痛み対処法を知るのも大事なのですが、なぜ日焼けするのか、なぜ痛みが出るのかを知ることも大事です。
そこで日焼けの原因と痛みの対処法をご紹介致します。

なぜ日焼けして痛みが出てしまうの?

日焼けで痛みが出てしまう大きな理由となるのが、やけどです。
太陽の光には紫外線が含まれています。
紫外線の量が少ないと日焼け程度になるのですが、量が多い時に紫外線を浴びると、肌のバリア機能が紫外線に負けてしまいます。

紫外線の攻撃を多く受けてしまうことで、皮膚が炎症を起こしてしまい痛みが出てしまいます。
これが紫外線によるやけどです。

肌が黒くなるのは、紫外線の攻撃から肌を守ろうとしてメラニン色素を多く生成するためです。
軽度の日焼けでも重度の日焼けでもメラニン色素が多くなるのは違いがでませんが、肌がダメージを受けて炎症が起こるのかどうかが違っています。
炎症は自然治癒することも可能なのですが、早く痛みの解消するためにも、痛みの対処をしていくことが大事です。

日焼け痛みの対処法とは?

日焼け痛みの対処を正しい方法で行っていないと、対処するどころか逆効果になる場合もあります。
早めに解消するためにも正しい方法を知り実行してください。

痛みがあってもなくても日焼けしたらまずは冷やす

軽度の日焼けでも炎症を起こして痛みが出てしまう場合があります。
ただ、日焼けしてすぐに痛みが出るわけではありませんので、痛みがあってもなくても早めに対処していくことが大事です。
やけどの時の対処方法と一緒で、日焼けをしたらまずは冷やすようにしてください。

炎症が発生すると熱を持ってしまいます。
熱を下げることによって痛みの緩和が可能となりますし、炎症を食い止めることもできます。
また日焼けして少しでも痛みがあるようなら、暑いお風呂は控えるようにしてください。

暑いお風呂に浸かることで、炎症を起こした部分に熱を与えてしまうようになります。
そうすると、炎症がさらに悪化する可能性を増やしてしまいますので、出来るだけぬるいお風呂で石鹸など使用せず、刺激をできるだけ与えないようにしましょう。

外からも内からも水分補給をしよう。

日焼けすることで、肌の水分が内側から失われるようになります。
肌が乾燥しているとバリア機能が低下してしまいます。
バリア機能低下している状態で、更に紫外線を浴びてしまうと炎症が起こりやすくなります。

水分を補給すると、バリア機能低下を防げますし、肌の治癒力を高めることも可能です。
炎症を更に悪化させないためにも水分補給を外からだけでなく飲んで内側からもしてください。

日焼けの冷却に湿布はダメ

日焼け冷却で湿布を代用してはいけません。
湿布を貼ると冷たく感じますし、炎症を抑える効果を持っています。
冷やして炎症を抑える2つの効果が日焼けに良いのではないかと感じてしまうけれども、それは違います。
湿布は、冷却する効果は高くないですし、炎症を抑える効果はありますが、しかし日焼けの炎症を抑える効果はありません。

効果がないだけならまだ良いですが、湿布を貼ることで肌に大きな刺激を与えてしまいます。
日焼け時は、刺激は禁物なため、良くするどころか炎症を悪化させてしまいます。
日焼けの冷却として湿布を代用するのは非常に危険ですので、使わないようにしましょう。

まとめ

日焼けで痛みが出てしまうのは紫外線による炎症を起こしている状態になるからです。
炎症を抑えるためにも、冷やす・水分補給 が大事です。
放置すると炎症が長引きますし、不適切な方法を行うと悪化させてしまいますので、正しい方法で対処していきましょう。

スポンサーリンク

関連記事

柿渋石鹸の効果や特徴、使い方、体験談や口コミ情報

「柿渋石鹸」とは、株式会社プロアクトより発売された国産柿渋使用石けんです。 国産柿渋に含まれる

記事を読む

のどが痛い時におススメの食材

のどが痛い時におススメの食材などについて調べてみた

今の時期は風邪をひきやすい時期で"のどの痛み"に苦しんでいる方も多いのではないでしょうか?

記事を読む

【臭ピタッ!】の効果や特徴、使い方、体験談や口コミ情報

【臭ピタッ!】は、体臭や口臭などの様々な悪臭を自然のチカラで“ピタッ!”と止めるエチケットサプリ

記事を読む

食品の原材料の中の「香料」

食品の原材料の中の「香料」といったい何?安全、危険、心配なし?

食事をするとき、味がおいしいものを食べたいと思うのは当たり前。 ところが実は、「おいしい」と感

記事を読む

カンピロバクター

食中毒にに要注意!カンピロバクターの特徴、時期、予防などのまとめ

食中毒の原因菌のひとつである"カンピロバクター"をご存知でしょうか? この後できるだけ詳しく説

記事を読む

わきが(腋臭症)の原因や改善対策について

わきがは別名「腋臭症(えきしゅうしょう)」と言います。 皮膚のアポクリン腺から分泌される汗が原

記事を読む

金の菊芋の特徴や感想

『糖分』の量のコントロールできていますか。 『金の菊芋』サプリなら、できるんです。 食物繊維

記事を読む

ギャンブル依存症

ギャンブル依存症ってどのような病気なのか?私のギャンブル依存症体験談

みなさんはギャンブル依存症という病気をご存知でしょうか?聞いたことはあるけれどよくわからないとお

記事を読む

脳に良い食べ物と悪い食べ物

親として子供の将来を考えていろんなことをします。 健康な体にするために運動させたり栄養を考えて

記事を読む

酢を飲めば身体が柔らかくなる?身体を柔らかくする方法のまとめ

結論から言いますと、「酢を飲むと身体が柔らかくなる」ということはありません。 このように言われ

記事を読む

「自殺―生き残りの証言 矢貫隆著 文春文庫」私のおススメ本の感想や特徴です

人間は、死ぬ時がくるまで死ねません。 それがいつかかなんてだ

ネムリエール。出産祝いの贈り物にいかがですか?

赤ちゃんは、おかあさんの胎内で、おかあさんの心臓の音を聴きながら、

《SEIKO メトロノーム 振り子式スタンダード》私のおススメ商品の感想や特徴です

昔、お友達の家に行くと、ピアノは赤いビロードの布で覆われていて、そ

無塩温麺 はたけなか製麺はお子様や食事制限のある方にも安心

『無塩』という選択。 乾麺市場ででも減塩に対するニーズが年々高ま

おススメ 260匁 蒸しタオル~日本製はタオルのコシが違う

床屋さんのスチームタオルとしてよく見かけるかと思います。 プロが

→もっと見る

PAGE TOP ↑