オリーブオイルの効果、効能、使い方、食べ方、注意点のまとめ

公開日: : 最終更新日:2015/11/26 生活, キャリアオイル


オリーブオイルはオリーブ油とも呼ばれており、モクセイ科に属する常緑樹であるオリーブの果実を圧搾することにより、オイルが得られます。
ここではこのオリーブオイルの特徴を説明しますので、興味がある人はチェックしてみてください。

オリーブオイルの特徴や栄養成分

オイルブームの火つけ役!用途はいろいろ

ヘルシーで美容にもいいということがメディアで取り上げられるようになり、オリーブオイルを常備、使用する人が増加しました。
食用として販売されているもの、外用(全身のマッサージやスキンケアなどに使用)向けとして販売されているものがあり、使い道がたくさんあります。

栄養成分がたっぷり!

オリーブオイルには良質な脂肪酸であるオレイン酸やリノール酸、ビタミンAやビタミンE、食物繊維といった栄養成分が豊富に含まれています。
このことから、オリーブオイルには乾燥肌や老化肌、筋肉のケア、生活習慣病の予防や便秘の改善など、さまざまな効果効能が期待されています。

複数種類のオリーブオイルどれがおすすめ?

エクストラバージンオリーブオイル、バージンオリーブオイル、ピュアオリーブオイル、オリーブポマースオイルが出回っていますが、もっとも高品質なものはエクストラバージンオイルです。
この種類のオリーブオイルはほかの種類より酸化の度合いが低く、また有用成分も豊富に含まれています。

使い心地は?

エクストラバージンオリーブオイルに関しては、独特な香りがするのが特徴です。
また、オリーブオイルはほかのオイルと比べると、トロッとしていて重たい感じがします。
そのため、肌に使用する際には別のサラッとした質感のオイルとブレンドして使う人が多いです。
ただ、肌なじみはよいですし、酸化に対しても比較的強い性質をもっています。

オリーブオイルの特徴に関する解説は以上となりますが、どういった油なのかご理解いただけたでしょうか。
これから使ってみたいと思っている人は、詳しい効果効能や使用方法、注意点をチェックし、上手に日常生活で役立ててください。

●AMAZONで探すオリーブオイル

オリーブオイルの効果・効能

必須脂肪酸(オレイン酸、リノール酸)やビタミン類(A、E)、食物繊維といった具合に健康や美容に有用な栄養成分が豊富に含まれているオリーブオイル。
果たしてどのような効果効能が期待され、多くの人に取り入れられているというのでしょうか。

肌への作用

オリーブオイルを肌に使用することによって、優れた保湿力が発揮されますので、皮膚がカサカサするのが気になるという人のケアに向いています。
また、シミやシワを未然に防ぎたい人のケアにも向いていて、老化肌の対策をしたい人にピッタリです。
そのほか、オリーブオイルには抗炎症作用もありますので、紫外線による日焼けをはじめとする炎症のケアにも使えます。

筋肉への作用

マッサージをする際に、トリートメントオイルとしてオリーブオイルを塗布すると、皮膚の軟化作用がもたらされることで筋肉疲労や筋肉痛が軽減されます。
そのため、アスリートに限らず体を動かす習慣がある人が、運動後の筋肉のケアとして役立てることにも適しているのです。

体内への作用

オレイン酸にはコレステロール値の低下、動脈硬化や心臓の病気の防止、便秘の改善、リノール酸にはコレステロール値の低下、血圧や血糖値の降下、老化防止、ビタミンEには生活習慣病の予防や改善、活性酸素の除去、血のめぐりの改善、ビタミンAには目の機能改善、皮膚や粘膜の免疫力アップ、抗酸化作用、食物繊維には整腸作用、便秘改善、コレステロール値の低下などが期待されています。
体の外側だけでなく内側からも健康、きれいでいたいという人が日々取り入れるのに適しているといえるでしょう。

髪への作用

髪の地肌に溜まった汚れをオリーブオイルできれいにすることにより、頭皮の環境がよくなります。
栄養成分も十分に行き渡るようになり、抜け毛を未然に防ぐ効果効能が期待されています。

以上のように、オリーブオイルには健康や美容に関するたくさんの効果効能を望むことができるのです。
対策をしたい問題がここで挙げたものの中にあるという人は、良質なオリーブオイルを試してみてはいかがでしょうか。

オリーブオイルの使い方

オリーブオイルの中には肌に使用することが想定されている商品もあり、健康や美容への意識が高い女性を中心に売れています。
実際にどのような使い方が可能なのか、おもなものを紹介しますので、興味がある人やほかのオイルと比較したい人は一読してみてください。

クレンジングオイルとして使う

メイクを落とす際のオイルとしてオリーブオイルを使用している人は少なくありません。
毛穴の奥に入り込んだ汚れもしっかり除去してくれますし、オレイン酸の保湿力によってうるおいが感じられます。

パック用のオイルとして使う

顔のパックをする際にオリーブオイルを使うと、肌がしっとりとするだけでなく、ツルツルになります。
また、洗い流すと毛穴の奥の余分な汚れが取り除かれますので、大人ニキビや黒ずみなどの肌トラブル対策としても効果的です。

スキンケアやマッサージオイルとして使う

入浴後の乾燥を防ぐためのマッサージオイルに、オリーブオイルを使用する方法もあります。
肌にしっとり感が出ますし、オリーブオイルの皮膚軟化作用によって肌がやわらかくなり、筋肉の疲労や痛みも軽減されます。
また抗炎症作用がオリーブオイルによってもたらされるため、紫外線を浴びて日焼けした肌のケアのためにも役立つでしょう。

頭皮や髪をケアするオイルとして使う

シャンプー前の頭皮マッサージでオリーブオイルを使用すると、しっかりと汚れが落ちるだけでなく、血のめぐりがよくなって栄養成分が行き渡りやすくなります。
頭皮環境を改善するのに有用ですし、洗い上がりの髪にはしっとりうるおいが感じられるでしょう。

爪のケア用オイルとして使う

ネイルケアに使用するためのオイルとして、オリーブオイルを活用する手もあります。
おもに甘皮を取り除く際に使われたり、爪をパックしてダメージをケアし、ツヤを取り戻すために使われたりしています。

いかがでしたか?
多くの目的で使用することが可能ですので、どれか一つでもやってみたいと思った人は詳しいやり方をチェックして、オリーブオイルを存分に役立てましょう。

オリーブオイルの食べ方

オリーブオイルには食用のものがあり、さまざまな摂取のしかたをすることが可能となっています。
ここでは、オリーブオイルのおもな食べ方を紹介しますので、実際に購入した際には参考にして摂ってみるとよいでしょう。

生のまま飲む

オリーブオイルは容器に入っているものをそのまま摂取することが可能です。
健康や美容のために飲む場合、1日あたりの目安摂取量(適量)は大さじ1~2杯程度とされています。
なお、オリーブオイルを飲用している人の中には、朝に大さじ1杯、夜に大さじ1杯とわけて飲んでいる人も少なくありません。
また、オリーブオイルは味にくせがありますが、中には生のままだと飲みにくいと感じる人もいるでしょう。
その場合には、野菜ジュースやフルーツジュースに混ぜて飲むと味が気にならなくなるはずですので、試してみてください。

ソースや醤油として使用する

デザート系のアイスやヨーグルトにかけるソースとしてオリーブオイルは活躍してくれます。
とくに豆腐は畑の肉と称されているほど栄養がたっぷりな大豆が原料に使用されていますし、ヨーグルトは乳酸菌などが豊富に含まれています。
これらの食品をオリーブオイルと一緒に摂ることで、食生活での健康や美容対策がはかどること請け合いです。

ドレッシングとして使用する

サラダにかけているドレッシングをオリーブオイルに変更することで、いつもと違った味を楽しめます。
野菜に含まれる栄養成分とダブルで摂れるため、ヘルシー志向の人におすすめです。

焼き料理や炒め料理にもGood

加熱調理によって栄養が損なわれる心配がありません。
そのため、野菜を炒めたり、肉や魚を焼いたりするような料理の風味を増すために使用することも可能です。

パスタやピザとの相性もよし

オリーブオイルはパスタやピザのようなイタリアンなメニューに使ってもおいしくいただけます。
オリーブオイル自体の産地としてもイタリアは有名ですので、相性がピッタリなのは当然といえば当然なのかもしれません。

ここで挙げたのはほんの一握りの例であり、実際にはもっとたくさんの食べ方ができます。
レシピサイトなども参考にしながら、自分にとってベストな摂り方をしましょう。

オリーブオイルの注意点

オリーブオイルを実際に購入し、使用するにあたり、なにか注意することはあるのでしょうか。
今回はこのような疑問を感じている人のため、オリーブオイルの注意点について述べていくことにします。

肌に使用する場合

とくに乾燥肌や老化肌への有用性が期待されているオリーブオイルですが、こういった肌タイプの人すべてが安全に使用できるわけではありません。
肌との相性が合わないと皮膚トラブルを招いてしまうリスクがありますので、使用前にはパッチテストをおこなうことが大切です。
また、普段は大丈夫でも、体調に変化があるときには皮膚トラブルが起こる場合があります。
その場合、しばらく使用をやめて様子をみて、肌トラブルが改善しないようであれば病院へいきましょう。
そのほか、クレンジング、パック、マッサージ、頭皮ケアなど、さまざまな使い方がオリーブオイルにはありますが、やり方を誤ると逆効果になりかねませんので、正しい方法でケアしてください。

摂取する場合

いくら健康や美容にいいとされているからといって、過剰摂取はNGです。
脂肪分やカロリーの摂りすぎになり、太ってしまう恐れがあります。
また、生の状態で飲んだり料理に使ったりして摂った場合、自分に合わないとお腹がゆるくなることがあります。
摂取して体調を崩すようであれば、オリーブオイルは摂らないに越したことはないでしょう。

保管のしかた

オリーブオイルは適切な保管方法を守らないと、品質の劣化が加速してしまいます。
オリーブオイルは光、温度、湿度の影響を受けやすいので、紫外線が直接当たるようなところ、高温や低温、多湿の場所を避けなくてはいけません。
温度に関しては、30度以上の場所に置いておくと品質が低下し、2度以下の場所においておくと凝固してしまいますので、冷蔵庫とは別の暗く涼しい場所に保管しておくのがベストです。

どうでしたか?
オリーブオイルには上記のような気をつけなくてはいけない点がありますので、購入した際には正しい使用方法を守りましょう。

●AMAZONで探すオリーブオイル

スポンサーリンク

関連記事

サイプレスの特徴や効果、使い方、注意点を解り易く

サイプレスは和名で「イトスギ」、「セイヨウヒノキ」とも呼ばれているヒノキ科の針葉樹です。

記事を読む

パッションフラワーオイルの効果、効能、使い方、食べ方、注意点のまとめ

パッションフラワーオイルとは、パッションフラワー(和名:トケイソウ)の花を有機栽培されたサンフラ

記事を読む

イブニングプリムローズオイルの効果、効能、使い方、食べ方、注意点のまとめ

イブニングプリムローズオイル(月見草油)とは、アカバナ科のマツヨイグサ属に分類されている多年草の

記事を読む

ヘーゼルナッツオイル(はしばみ油)の効果、効能、使い方、食べ方、注意点のまとめ

ヘーゼルナッツオイルとは、カバノキ科ハシバミ属(和名:ハシバミ)の果実から得られるオイルです。

記事を読む

「低血圧の人は朝起きるのが苦手」早起きと血圧は関係あるの?

朝起きるのが苦手な人にたずねると、「私、低血圧だから…」とよく言われますが、朝起きることと、血圧

記事を読む

象印 コーヒーメーカー 珈琲通の特徴や感想

コーヒーでなく、珈琲を飲みたいときってありますよね。 日曜日の昼下がり、好きな音楽をかけながら

記事を読む

パナソニック ライスブレッドクッカーの特徴や感想

おうちで、お米で、パンを作りましょう。 お米で、パンが作れるのです。 今までいろんな事情でい

記事を読む

UCC DRIP PODの特徴や感想

チェリーレッド、カフェブラック、ハニーホワイト。 ポット本体の色を見ているだけで、心がうきうき

記事を読む

ココナッツオイルの効果、効能、使い方、食べ方、注意点のまとめ

ココナッツオイル(椰子油)とは、ヤシ科に属するココヤシの果肉を圧搾したり、溶剤を使ったりして得ら

記事を読む

カメリアオイル(椿油)の効果、効能、使い方、食べ方、注意点のまとめ

カメリアオイル(椿油)とは、日本が産地であり、ツバキ科に分類されている椿を低温で圧搾することで抽

記事を読む

一人暮らしをする方必見!お部屋探しのポイントを紹介

部屋選びって難しいですよね・・・ 社会人や大学入学を機に

本好きが気になる出版業界コミック

出版社の編集が主人公のドラマ「重版出来!」が話題になりましたね

脳に良い食べ物と悪い食べ物

親として子供の将来を考えていろんなことをします。 健康な体にする

今、トレンドの平成世代のグルメマンガとは?】

昔から料理・グルメのコミックは人気があります。 マンガをあま

夏の夜長に最適?ほっこり系ホラー漫画

夏といえばホラー。貞子VS伽耶子が話題になっていますが、あまりにも

→もっと見る

PAGE TOP ↑