イブニングプリムローズオイルの効果、効能、使い方、食べ方、注意点のまとめ

公開日: : 最終更新日:2015/11/26 生活, キャリアオイル


イブニングプリムローズオイル(月見草油)とは、アカバナ科のマツヨイグサ属に分類されている多年草の種子から、圧搾(押したり潰したりすること)することで抽出された油のことをいいます。
甘く若干強いクセのある香りがするほか、別のオイルと比較すると酸化が進みやすく、ネバネバした感じはあるものの、肌に使用する場合の伸びは悪くありません。
以下、上記以外のイブニングプリムローズオイル(月見草油)の特徴を解説しますので、この油の知識を深めるためのお役に立てていただけると幸いです。

イブニングプリムローズオイル(月見草油)の特徴や栄養成分

γリノレン酸が豊富に含まれている

必須脂肪酸の一種であり、母乳にも入っているγ(ガンマ)リノレン酸が、イブニングプリムローズオイル(月見草油)にはたっぷりと含まれています。
このγリノレン酸はアトピーなどの肌トラブルを解決へと導いて美しくしたり、免疫力を高めたりしてくれるほか、女性ホルモンのバランスを正常にするためのサポート役としても活躍してくれるのです。

ほかの必須脂肪酸もたっぷり

イブニングプリムローズオイル(月見草油)には、γリノレン酸のほかにもリノール酸が多く含まれています。
リノール酸は不飽和脂肪酸の一種、必須脂肪酸の一種であり、うるおいのある肌を維持したり、肌へと栄養成分を届けたりしてくれるのです。

値段は高め

イブニングプリムローズオイル(月見草油)は商品にもよりますが、概して比較的価格が割高であるのが難点ではあります。
贅沢にそのまま使用することも可能ですが、相性のよい別のオイルとブレンドして少量ずつ使用すると、コストパフォーマンスがよくなるでしょう。

酸化や使用感への対策が必要

イブニングプリムローズオイル(月見草油)は酸化しやすく、品質が落ちやすいのがネックです。
好酸化力に優れているビタミンEが多く配合されている油と一緒に使用することで品質の低下が防げますし、別のオイルと混ぜることでサラッとした使い心地になります。

イブニングプリムローズオイル(月見草油)とはなにかの説明はこれで終わりになりますが、特徴はだいたいつかめたでしょうか。
期待されている効果効能などもあわせてチェックし、魅力に感じた人は試してみてください。

●AMAZONで探すイブニングプリムローズオイル

イブニングプリムローズオイル(月見草油)の効果・効能

イブニングプリムローズオイル(月見草油)には、γ(ガンマ)リノレン酸やリノール酸のような必須脂肪酸をはじめ、複数の有用成分が含まれています。
これによって期待されている効果効能というものがあるのですが、なにかオイルを取り入れたいと思っている人にとっては心惹かれる話題ではないでしょうか。
早速ご紹介しますので、興味がある人はぜひご覧ください。

女性ホルモンのバランス調整

イブニングプリムローズオイル(月見草油)に含まれる必須脂肪酸、母乳に含まれているγリノレン酸が、女性ホルモンのバランスを調整してくれるといわれています。
バランスが整うことにより、月経前症候群(PMS)、月経痛、更年期障害の症状緩和などにつながります。

エモリエント効果

リノール酸が豊富に含まれているため、水分や栄養成分を保つ機能がイブニングプリムローズオイル(月見草油)は優れています。
保湿ケアのため、美容オイルとして使用している人も少なくありません。

関節リウマチの症状緩和

海外でおこなわれた試験により、γリノレン酸によって関節リウマチの症状が緩和されたという情報があります。

アトピーによる症状軽減

γリノレン酸は、アトピー性皮膚炎によって引き起こされるかゆみなどの症状への対策に有用であることが海外の試験で明らかになっています。

ダイエッターをサポート

イブニングプリムローズオイル(月見草油)に含まれているγリノレン酸は、血中に溜め込まれる中性脂肪を減らし、善玉コレステロールを多くする作用をもたらしてくれます。
また、一度発生するとなかなか落ちてくれないセルライトをなくすことにも有用性を発揮してくれるのではないかと考えられています。

アンチエイジングを意識する人にもおすすめ

年齢とともに気になるシワですが、γリノレン酸がこのお肌の悩みの解決をサポートしてくれます。

上記のとおり、イブニングプリムローズオイル(月見草油)は実にたくさんの効果効能が期待されています。
対策をしたいお悩みがここで取り上げた内容の中にあった人は、利用を検討してみてはいかがでしょうか。

イブニングプリムローズオイル(月見草油)の使い方

イブニングプリムローズオイル(月見草油)は商品化されているものだけでも複数あります。
ここでは、外用の商品に関する一般的な使用方法について述べていきますので、参考情報としてお役立てください。

基本的な使用方法

適量を手に取って肌に塗布したり、肌に伸ばしながらマッサージをほどこしたりします。
たったのこれだけで、カサカサになった肌やしぼんでしまった歳を重ねた肌のケアが可能です。
なお、カサカサ肌や老化肌だけでなく、アトピーやアレルギー肌のケアをしたいという人の使用にも適しています。

効果的な使用方法

オイルを手に取ったあと、すぐに肌に伸ばすのではなく、いったん手のひらを合わせ、油を温めた上で使用するのがおすすめです。
温まった状態のイブニングプリムローズオイル(月見草油)は、そうでない状態の油より肌に浸透しやすくなります。
なお、マッサージをほどこす際には強く押したりこすったりすると肌への刺激や負担になりますので、やさしく丸を書くようなイメージでおこなうことを心掛けてください。

効果的な使用タイミング

オイル自体を温かくするだけでなく、入浴して自分も温めたあとに塗布すると、より浸透しやすくなります。

使用感の問題を解決するテクニック

イブニングプリムローズオイル(月見草油)は、伸びは悪くはないものの、質感が軽くサラッとしているとはいえない点がネックです。
重くて使い心地がよくないと感じる人もいるでしょうが、その場合には相性のいい別のオイルとミックスして使用すると軽くなるでしょう。
商品によってはどのオイルとイブニングプリムローズオイル(月見草油)の相性がよいのか、どれぐらいの割合でブレンドすればよいのか、説明のあるものもありますので、失敗したくない人はチェックした上で購入してください。

どうでしたか?
取り扱いが簡単で、オイルも自分も温めた状態で適量を塗布し、マッサージするだけでケアは完了です。
乾燥や年齢の高まり、アレルギーなどの肌に関するお悩みがある人は、一度試してみるとよいでしょう。

イブニングプリムローズオイル(月見草油)の食べ方

イブニングプリムローズオイル(月見草油)は、マッサージやトリートメント用のオイルとしてだけでなく、口から摂取するものとして使えるのか、疑問に感じている人もいるのではないでしょうか。
今回はその答えを知りたい人にとって有益な情報を提供しますので、気になる人はぜひともチェックしてみてください。

イブニングプリムローズオイル(月見草油)は食べられる?

オリーブオイルなどのように、サラダにかけるドレッシングなどの代わりにしたり、そのまま飲んだりすることもなくはないようですが、日本では食用として販売されているものはほぼありません。
そもそも、イブニングプリムローズオイル(月見草油)には独特のやや強めな甘い香りがあり、口から摂取したいと思う人はまずいないでしょう。
料理に使用してみたとしても、味が喧嘩するなどして、美味しくいただけなくなる可能性がありますので、食用として売られているもの以外を無理矢理飲んだり料理に使ったりするのはおすすめできません。

食べられないなら栄養成分はどうやって摂取すればいい?

γ(ガンマ)リノレン酸やリノール酸などの栄養成分が豊富に含まれていますので、なにか食べ方があれば知りたいと思っている人は少なくないでしょう。
イブニングプリムローズオイル(月見草油)は、サプリメントに配合されているものがあります。
オイルとは異なり香りが気にならず、粒状なので手軽に摂れる点が魅力的です。

サプリメント選びのポイントは?

イブニングプリムローズオイル(月見草油)は酸化しやすいため、低温で圧搾されているものが望ましいでしょう。
また、酸化に強いビタミンEが配合されているものであるとなおいいです。
ほかには合成添加物が使用されていない、天然原料が使用されているかどうかも、選ぶ際の基準になるでしょう。

以上のように、イブニングプリムローズオイル(月見草油)は油をそのまま飲んだり料理に使ったりするような食べ方はしないほうがいいのですが、サプリメントでの摂り方があります。
外側のケアは外用オイルで、内側のケアはサプリメントでするとなおよいでしょう。

イブニングプリムローズオイル(月見草油)の注意点

外用のイブニングプリムローズオイル(月見草油)や、オイルが配合されているサプリメントを使用するにあたり、なにか注意しなければいけないことがあるのかと、疑問や不安に感じている人もいることでしょう。
ここではそれぞれの注意点について説明していきますので、疑問や不安を解消するための一助となれば幸いです。

外用オイルの注意点

マッサージなどに使用するためのイブニングプリムローズオイル(月見草油)を購入した場合、オイルの酸化が進みやすく、品質が劣化しやすいということを把握しておく必要があります。
日が当たらず、温度や湿度の低い場所で保存し、フタをあけたまま空気に触れるような状態にしておいてはいけません。
なお、酸化を防止したいのであれば、ビタミンEが豊富に含まれている、イブニングプリムローズオイル(月見草油)と相性のいいオイルを混ぜておくと、ある程度は日持ちするようになります。
この場合の入れものが金属製だと酸化を招きやすくなりますので、ガラスの素材でできた遮光ビンを選ぶことをおすすめします。

サプリメントの注意点

これは外用オイルにもいえることですが、イブニングプリムローズオイル(月見草油)配合のサプリメントはブタクサのアレルギーを起こす可能性があります。
肌に塗布する場合はパッチテストが必要ですが、アレルギーをもっている人はサプリメントを摂取してはいけません。
また、サプリメントは食品のため副作用の心配はありませんが、薬との飲み合わせが気になるという人もいるでしょう。
サプリメントと薬の併用が大丈夫なのか心配な人は、一度病院へいって医師に相談し、使用の可否を相談することをおすすめします。

以上のように、外用オイルは品質が悪くなりやすいという特徴があり、外用オイル、サプリメントともにアレルギー反応を起こすリスクがあります。
ここで解説した対策を取り入れて、少しでも長く良質なイブニングプリムローズオイル(月見草油)を安全に使用しましょう。

●AMAZONで探すイブニングプリムローズオイル

スポンサーリンク

関連記事

ヘンプシードオイルの効果、効能、使い方、食べ方、注意点のまとめ

ヘンプシードオイルとは、麻、大麻、大麻草と呼ばれているアサ科アサ属の実から抽出したオイルです。

記事を読む

カレンデュラオイルの効果、効能、使い方、食べ方、注意点のまとめ

カレンデュラオイルとは カレンデュラオイルとは、キク科に分類されているカレンデュラの花を浸出油

記事を読む

日本抗菌 HOTAPASUI ホタパ水の特徴や感想

無添加HOTAPASUI、ホタパ水とお呼びください。 一年中、家中の除菌に使えます。 コンパ

記事を読む

カモミール・ローマンの特徴や効果、使い方、注意点を解り易く

カモミール・ローマンは、南ヨーロッパから西ヨーロッパにかけて分布する多年草の名前です。 現

記事を読む

ウィートジャームオイル(小麦胚芽油)の効果、効能、使い方、食べ方、注意点のまとめ

ウィートジャームオイル(小麦胚芽油)とは、イネ科に属する小麦の胚芽部分を圧搾することでとり出され

記事を読む

太陽光発電システムのメリット・デメリット

こちらでは太陽光発電システムのメリット・デメリットについて、様々な角度からいろいろな情報をご紹介

記事を読む

グロブルスの特徴や効果、使い方、注意点を解り易く

グロブルスは多くの種類があるユーカリの中でも、一般的にアロマオイルとして使用されているものです。

記事を読む

日立 浴室乾燥暖房機の特徴や感想

お風呂に入ってないときのお風呂場もなにかに使いたい。 意外とデッドスポットだったと思いませんか

記事を読む

フェンネルの特徴や効果、使い方、注意点を解り易く

フェンネルは、ハーブ系のアロマオイルのひとつです。 栽培されてきた歴史がもっとも古い植物の

記事を読む

シダーウッドの特徴や効果、使い方、注意点を解り易く

シダーウッドという場合、アロマオイルであればシダーウッド・アトラス、シダーウッド・バージニアンと

記事を読む

【フリーランスVS会社員】メリットデメリットまとめ

毎日満員電車に乗って会社に行き、残業して遅くに帰宅するような会

一人暮らしをする方必見!お部屋探しのポイントを紹介

部屋選びって難しいですよね・・・ 社会人や大学入学を機に

本好きが気になる出版業界コミック

出版社の編集が主人公のドラマ「重版出来!」が話題になりましたね

脳に良い食べ物と悪い食べ物

親として子供の将来を考えていろんなことをします。 健康な体にする

今、トレンドの平成世代のグルメマンガとは?】

昔から料理・グルメのコミックは人気があります。 マンガをあま

→もっと見る

PAGE TOP ↑