ウォールナッツオイルの効果、効能、使い方、食べ方、注意点のまとめ

公開日: : 最終更新日:2015/11/26 生活, キャリアオイル


ウォールナッツオイルとは、ウォールナッツ(クルミ)の仁(種子)を圧搾することによって得られる油のことをいいます。
胡桃油と呼ばれたり、ペルシャナッツやロイヤルウォールナッツと呼ばれたりもしていますが、これらはすべてウォールナッツと同じものと認識していいでしょう。
以下、ウォールナッツのおもな特徴を紹介しますので、興味がある人は一読してみてください。

ウォールナッツオイルの特徴や栄養成分

さまざまな栄養成分が含まれている

ウォールナッツオイルには、老化に対抗するための栄養成分が多く含まれているのが特徴です。
ビタミンE、αリノレン酸、リノール酸、パルミチン酸、ミネラル類などがたっぷりと含まれているのです。
豊富な有用成分が外側だけでなく内側までケアしてくれることから、美容や健康の維持を目的にマッサージオイルとして、調味料としてなど、多くの人たちに愛用されています。

全身に使用可能

ウォールナッツオイルは全身のマッサージオイルとして使うことが可能です。
また、顔や体だけでなく、頭皮のケアにも活かすことができます。
そのほか、調味料などとして口から摂取することが可能なので、体内からのケアにも役立てられるのです。

質感がいい

オイルの中には粘性があり、使用感が重いものも存在していますが、ウォールナッツオイルは比較的使い心地がよい点が魅力的です。
比較的サラッとしていて伸びがよく、ベタベタしません。
また、肌なじみもよいため、お肌に使用するとスピーディに浸透してくれます。

弱点といえるところは?

ウォールナッツオイルは比較的酸化しやすい性質のため、商品を購入する際や保管時には品質に注意しなくてはいけません。
また、クルミの香りがするため、好みに合わないと使い心地が悪いと感じてしまうでしょう。

いかがでしたか?
ウォールナッツオイルの長所や短所を含め、だいたいどのような特徴があるのかご理解いただけたのではないでしょうか。
いいなと思った人はさらに詳しく情報をチェックして、まずは1本取り入れてみるとよいでしょう。

●AMAZONで探すウォールナッツオイル

ウォールナッツオイルの効果・効能

クルミの仁から抽出されたウォールナッツオイルには、良質なビタミンやミネラル、必須脂肪酸が豊富に含まれています。
そのため、さまざまな効・効能が期待されているわけですが、具体的にはなにが挙げられるのでしょうか。
今回はウォールナッツオイルの効果・効能について掘り下げていきますので、参考情報としてお役立ていただけると幸いです。

カサカサ肌に効果的

ウォールナッツオイルに含まれているおもな成分の中に、必須脂肪酸の一種であるリノール酸があります。
この成分が肌の乾燥を防止してくれますので、乾燥肌の人がケアをするのに向いています。

肌の再生を促す

リノール酸はカサカサ肌対策にいいだけでなく、肌の生まれ変わりを促してくれます。
ウォールナッツオイルは肌の老化が気になるという人の強い味方になってくれるでしょう。

むくみの軽減

ウォールナッツオイルに含まれている有用成分は、むくみのケアにも効果的です。
朝、出かけるときはよくても、帰る頃にはむくんで脚がパンパン、ヒールがきついという悩みを持っている女性にうってつけです。

さまざまな肌トラブルをケア

やけど、日焼け、湿疹といった肌の問題を解決へと導いていってくれるといわれています。
紫外線から受ける影響を少なくしたり、防止したり、よくブツブツが出て困るという人は、ウォールナッツオイルを使って対策をしてみてはいかがでしょうか。

頭皮のトラブルにも対応

ウォールナッツオイルを髪の地肌に使用すると、かゆみの症状が緩和されるといわれています。
また、フケが出て困っている人のケアにもウォールナッツオイルは適しています。

以上のような効果・効能をウォールナッツオイルには期待することができます。
ウォールナッツオイルで対策が可能なトラブルを一つでも抱えているという人は、悩みを解決するために使用してみてはいかがでしょうか。
とくに乾燥肌、成熟肌の人におすすめですので、ぜひ一度お試しあれ。

ウォールナッツオイルの使い方

ウォールナッツオイルを外用(肌)として使う場合、どのような使い方があるのか気になっている人もいるのではないでしょうか。
今回はウォールナッツオイルの使用方法について取り上げますので、疑問に感じている人はチェックしてみてください。

マッサージオイルとして使う

ウォールナッツオイルは全身に使用することが可能な使い勝手のよい油です。
そのため、健康や美容への意識が高い人を中心として、顔や手足などのマッサージに役立てられています。
お肌の乾燥や老化、むくみ、やけど、日焼け、湿疹、頭皮に使用した場合は地肌のかゆみやフケの症状の緩和に有用です。
なお、ウォールナッツオイルは質感が軽くサラッとしているため、単独で肌に塗布しても使い心地がよく、肌なじみもいいです。
ただ、ほかのオイルとブレンドすると、相性がよいものであれば相乗効果が見込めますので、組み合わせて使用するのも悪くありません。

ウォールナッツオイルを使用する効果的なタイミング

実際に顔や体、頭皮にウォールナッツオイルを使ってみたいけれど、いつ使用すればいいのかわからないという人もいるでしょう。
乾燥などお肌のトラブルのケアに使いたいということでしたら入浴後、マッサージオイルとして使用するのがおすすめです。
また、頭皮のケアに使いたい場合には、シャンプー前のタイミングがベストといえるでしょう。
頭皮マッサージ用のオイルとして使うことで、毛穴に溜まった汚れや余分な皮脂が落ちて、さらには頭皮の血のめぐりがよくなり、地肌がやわらかくなります。

上記のように、ウォールナッツオイルはフェイシャル、ボディ、ハンド、フット、頭皮のマッサージオイルとしての使い方があります。
そしてお肌のケアのために使用する場合には入浴後すぐ、頭皮のケアに使用する場合にはシャンプー前のタイミングがおすすめです。
実際にウォールナッツオイルを使う場合には、ここで挙げた使い方を参考に、日々のケアのために役立てていってください。

ウォールナッツオイルの食べ方

ほかの種類のオイルだと食用に向かないものもありますが、ウォールナッツオイルの場合はどうなのでしょうか。
ここではまずこの疑問に対する答えから述べていきますので、気になるという人はぜひご覧ください。

ウォールナッツオイルは食用として使えるのか

結論からいいますと、ウォールナッツオイルは食用として使用することが可能です。
実際、食用油として販売されているウォールナッツオイルが市販されており、インターネットショッピングでも簡単に手に入れることができます。
比較的安価で売られていますので、試しに1本購入して使ってみるとよいでしょう。

どのような使い方ができるのか

クルミの風味が楽しめるのがウォールナッツオイルの魅力であり、オリーブオイルのようにそのまま飲用することも可能です。
あとは料理のソースやドレッシングなどとして使っても、美味しくいただくことができるでしょう。
ただし、料理に使用する場合には注意しなければいけないことがあります。
ウォールナッツオイルは酸化しやすい性質がありますので、高熱で調理をすると劣化してしまうのです。
加熱するにしても軽く炒める程度にしたり、加熱調理した料理にかけたりして、品質が悪くならないようにしましょう。
極力生の状態で料理に使用するのが、良質な有用成分を補給するためのポイントです。

食用オイルの選び方は?

ウォールナッツオイルに限った話ではありませんが、オイルは未精製のものほど有用成分が多く含まれています。
そのため、多くの栄養を補給したいと思っている人は、精製されていないものを購入するとよいでしょう。
また、口から摂取するもののため、安全性が気になるという人もいるでしょうが、ウォールナッツオイルの中には有機JAS認定を受けているものもありますので、農薬や化学肥料などの影響が心配な人は公的機関の検査認証を受けたものかどうか基準にしてみるのも悪くありません。

以上のように、ウォールナッツオイルは生の状態で飲んだり、料理の調味料として使ったりすることができます。
商品選びのポイントを参考に、自分に合った食べ方をしてください。

ウォールナッツオイルの注意点

ウォールナッツオイルを肌に塗ったり、口から摂取したりするにあたって、どういったことに注意する必要があるのでしょうか。
ここではこの点についてわかりやすくまとめていますので、これからウォールナッツオイルを取り入れたいと思っている人は目を通しておくことをおすすめします。

肌に使用する場合に気をつけること

お肌に使用することが想定されているオイルというだけあって、基本的に肌トラブルを心配する必要はありませんが、全員が安全に使えるとは限りませんので、とくにお肌がデリケートな人は事前にパッチテストをしましょう。
また、顔や体、頭皮に使ってお肌に異常があらわれた場合には使用をやめて、状態がよくならない場合には皮膚科を受診してください。

口から摂取する場合に気をつけること

皮膚に使用する場合は肌トラブルの心配がありますが、飲んだり料理に使って食べたりする場合には、体内での異常が起こる可能性があります。
仮にウォールナッツオイルを摂取したことでお腹がゆるくなるなどの症状が起こった場合には、以降の摂取は避けておくに越したことはありません。

肌への使用と口からの摂取の両方で気をつけること

商品を選ぶ際には、ウォールナッツオイルの抽出方法をチェックしてください。
ウォールナッツオイルは酸化しやすい性質があり、高温で処理されていると品質が悪くなりますので、低温で抽出されているものを選ぶことをおすすめします。

保存する場合に気をつけること

品質の劣化が起こる原因になりますので、直射日光があたる場所や高温多湿なところは避け、冷暗所にウォールナッツオイルを保存してください。
また、使用期限を確認し、期限切れのものは使用せず処分、酸化した嫌なニオイがした場合には、期限を迎える前でも捨ててしまったほうがよいでしょう。

ウォールナッツオイルの酸化対策

酸化防止に有用な成分が豊富に含まれている小麦胚芽油を加えることによって、ウォールナッツオイルの品質低下を遅らせる効果が期待できます。

ウォールナッツオイルの注意点については以上です。
正しい保存方法で、安全にオイルを使用することで、健康や美容に役立ててください。

●AMAZONで探すウォールナッツオイル

スポンサーリンク

関連記事

TOYOTOMI  扇風機の特徴や感想

TOYOTOMIは冬のファンヒーターやストーブのメーカーだと思っていませんか。 TOYOTOM

記事を読む

ククイナッツオイルの効果、効能、使い方、食べ方、注意点のまとめ

ククイナッツオイルとは ククイナッツオイルとはトウダイグサ科に属し、ハワイの州木に指定されてい

記事を読む

女性が夢中になる!? アイドル育成ゲームとは?

男性向けソーシャルゲームでは、アイドルゲームが流行していることは以前ご紹介いたしました。

記事を読む

フラックシードオイル(亜麻仁油)の効果、効能、使い方、食べ方、注意点のまとめ

フラックシードオイル(亜麻仁油)とは フラックシードオイルとは、アマ科の植物の種子から抽出され

記事を読む

カメヤマ 北見名産ハッカ油線香の特徴や感想

夏の間だけ、お線香を『ハッカ油』にかえてみませんか。 お部屋もすっきりした香りになりますし

記事を読む

日本三大毒草>鳥兜、毒空木、毒芹

皆さんは鳥兜を実際に見た事は有りますか? 鳥兜では無くても毒空木や毒芹など別の毒草でもかま

記事を読む

ツインバード LEDふとんライト LEDベッドライトの特徴や感想

夜起きたとき、トイレに行くときなど、ちょっとだけの明かりがあればと思うことありませんか。 全体

記事を読む

シダーウッドの特徴や効果、使い方、注意点を解り易く

シダーウッドという場合、アロマオイルであればシダーウッド・アトラス、シダーウッド・バージニアンと

記事を読む

アーロンチェアの特徴や感想

背中がメッシュ素材だから、1日中椅子にかけていても、ベタベタ感がなさそう。 アーロンチェアを選

記事を読む

グロブルスの特徴や効果、使い方、注意点を解り易く

グロブルスは多くの種類があるユーカリの中でも、一般的にアロマオイルとして使用されているものです。

記事を読む

毎月負担の通信費・・・お得にする方法【3選】

毎月の通信費が負担になっている方も多いのではないでしょうか。

女性が夢中になる!? アイドル育成ゲームとは?

男性向けソーシャルゲームでは、アイドルゲームが流行していること

スマホゲームの定番はアイドル育成? 男性向け編

スマートフォンやiPhoneをもつことはもはや当たり前となって

【フリーランスVS会社員】メリットデメリットまとめ

毎日満員電車に乗って会社に行き、残業して遅くに帰宅するような会

一人暮らしをする方必見!お部屋探しのポイントを紹介

部屋選びって難しいですよね・・・ 社会人や大学入学を機に

→もっと見る

PAGE TOP ↑