IC乗車券の種類や便利な使い方

公開日: : 最終更新日:2015/09/10 生活


バスや鉄道の乗車券として用いられるICカードのことを総称して、IC乗車券と言います。
乗車時に読み取り機に触れさせるだけで、運賃の支払いが高い非常に便利なカードです。
普段の移動の際に、あるいは通学や通勤の際につかう人は多いですが、種類や便利な使い方についてはあまり知らないという人もいるかもしれません。
ここでは、IC乗車券の利用方法について紹介していきます。

IC乗車券の種類

ICカードはエリアごとに異なるため、全国でたくさんの種類のICカードが展開されています。
最近では大都市圏や地方都市のさまざまなエリアで、共通化やエリア間での相互利用が積極的に進められ、利用者にとってますます便利なアイテムとなっています。
IC乗車券のなかでも代表格と言えるのがSuicaで、JR東日本によって開発されました。
2001年からサービスが開始され、2013年1月末で発行枚数は約4,200万枚にまで達したと言われています。
ほかのC乗車券と同様に、改札で読み取り機にかざすだけで運賃が支払われ、通ることができます。
駅構内や周辺ショップ、自動販売機でもカードをつかって買い物することができるため、非常に便利です。
SuicaはSuica定期券と記名式のMy Suica、そして無記名のものの3つに大別できます。
ほかにも携帯電話やスマートフォンで利用可能なモバイルMy Suica、クレジット機能つきのビュースイカなどがあり、より便利につかうことができます。
Suicaは交通系IC乗車券のなかでも広い範囲で利用できるので、持っていると非常に便利です。
Suicaのエリアは首都圏、仙台、新潟とエリアが広く、さらにJR東日本の新幹線やグリーン車でも利用できるという利点があります。
関東に住んでいる人や、関東に来る機会が多いという人は、持っておくといいでしょう。
Suica同様に使い勝手がいいと言われるのがPASMOです。
PASMOは株式会社パスモが発行するIC乗車券です。
首都圏の主要な電車やバスを網羅しており、1枚あるだけで運賃の支払いが楽になります。
鉄道26事業者、バス75事業者が加盟しているため、首都圏に限ってはほとんどの交通で利用できるのが最大のメリットと言えます。
PASMOは無記名PASMOと記名PASMO、PASMO定期券、そしてオートチャージ機能とクレジットカードがついた一体型PASMOに大別されます。
無記名PASMOは、バスの持参人式定期券が使用できる、記名PASMOや小児用PASMOへの書き換えが可能といった特徴があります。
ただし、書き換え後のPASMOは元に戻せないので注意が必要です。
ほかにも、JR西日本が発行するICOCA、JR東海が発行するTOICA、福岡市地下鉄で利用できるはやかけんなど、さまざまなIC乗車券があります。

お得に使えるクレジット機能

IC乗車券にはクレジット機能がついたものがありますが、よく知られているのがSuicaにクレジット機能がついたview Suicaです。
クレジットカード加盟店で買い物をした場合、あるいは公共料金の支払いをしたときなどは、1,000円あたり2ポイントのポイントが付与されます。
JR東日本でSuicaチャージやオートチャージ、定期券購入、切符購入などをすると、1,000円あたり6ポイントたまります。
このポイントをためると400ポイントで1,000円のSuica・モバイルSuicaへのチャージが可能となります。
この場合、1ポイント2.5円で換算されることになります。
ポイントをSuicaにチャージする手順は簡単で、駅にあるVIEW ALTTEというATMで行うことができます。
画面の案内に従ってタッチしていけば、手軽にチャージできます。
また、JR東日本グループの商品券やお取り寄せグルメカードなどと交換することも可能で、その場合はビューカード会員サイトにアクセスして手続きします。
view Suica利用時に付与されるポイントとは別に、1年間の利用額の累計によってボーナスポイントがたまるサービスも展開しており、さまざまな特典を受けることができます。
さらに、VIEWプラス対象商品を購入時にカードをつかうと3倍のポイントが付与されます。
VIEWプラス対象商品には、乗車券や特急券、回数券、特別企画乗車券、定期券、Suica定期券、Suicaカード、びゅう国内旅行商品などがあり、これらをカードで購入すると多くのポイントがたまります。
また、view Suicaカードは定期券一体型なので、カードの枚数を増やしたくないという人にも適しています。
各社がさまざまなカードを発行しているため、財布がカードでいっぱいになってしまったという人は少なくないでしょう。
一体型タイプのカードなら、余計なカードを減らすことができます。

カードなしで便利に活用

IC乗車券の種類によっては、カードなしで電車やバスに乗車できたり、買い物ができたりサービスを展開しているものもあります。
そのひとつがモバイルSuicaですが、これはスマートフォンや携帯電話で登録しておけばSuicaカードなしで利用できるというものです。
いつでもインターネットから登録可能なので、手軽さが魅力のひとつとなっています。
Suicaカードの購入ができないエリアに住む人でも簡単に入手できるのも利点のひとつです。
Suicaカードを購入するときには、初回に保証金という形で500円を支払うことになります。
モバイルSuicaは保証金を支払うことなく利用できるというのもうれしい点です。
ただし、モバイルSuica退会時には銀行口座への払い戻し手数料という名目で210円を支払います。
定期券を買っていて定期券の払い戻し可能な金額が210円以上のときは手数料がかかることはありません。
また、12歳以下の子供はモバイルSuicaを利用することはできないということも注意しておきたい点です。

スポンサーリンク

関連記事

おススメの節約・貯蓄の為の家計簿アプリでしっかり貯めよう!

少しでも節約をして貯金したいという人にとって、日々の支出や収入を把握するのは大切なことです。

記事を読む

ローズ アブソリュートの特徴や効果、使い方、注意点を解り易く

ローズのアロマオイルは「香りの女王」と呼ばれ、深く甘くバラが本来持っている香りを楽しむことができ

記事を読む

坊ちゃん石鹸(旧名釜出し一番石鹸)の特徴や感想

今から約22年ほど前の1995年あたり、宮城県の公立高校の売店で、爆発的に売れた固形石鹸がありま

記事を読む

イランイランの特徴や効果、使い方、注意点を解り易く

イランイランは、バンレイシ科の樹木です。 フィリピンやインドネシアなどといった熱帯雨林で生

記事を読む

ジンジャーの特徴や効果、使い方、注意点を解り易く

ジンジャーはアジアを原産としている植物であり、ショウガ科に属しています。 多年生のハーブで

記事を読む

サイプレスの特徴や効果、使い方、注意点を解り易く

サイプレスは和名で「イトスギ」、「セイヨウヒノキ」とも呼ばれているヒノキ科の針葉樹です。

記事を読む

ヒノキの特徴や効果、使い方、注意点を解り易く

アロマオイルに使用されている樹木のひとつとして、ヒノキが挙げられます。 日本人になじみが深

記事を読む

無料電話アプリおススメランキング

無料電話アプリは、スマートフォンなどにインストールすることで、インターネット回線を介して通話がで

記事を読む

田舎暮らしのデメリット

こんなに有った!田舎暮らしのデメリット

前回は田舎暮らしのメリットについて紹介してきました。 田舎暮らしは自然が豊富であったり、土地の

記事を読む

クラリセージの特徴や効果、使い方、注意点を解り易く

クラリセージは地中海地方を原産とするシソ科の植物であり、多年草のハーブとして親しまれています。

記事を読む

毎月負担の通信費・・・お得にする方法【3選】

毎月の通信費が負担になっている方も多いのではないでしょうか。

女性が夢中になる!? アイドル育成ゲームとは?

男性向けソーシャルゲームでは、アイドルゲームが流行していること

スマホゲームの定番はアイドル育成? 男性向け編

スマートフォンやiPhoneをもつことはもはや当たり前となって

【フリーランスVS会社員】メリットデメリットまとめ

毎日満員電車に乗って会社に行き、残業して遅くに帰宅するような会

一人暮らしをする方必見!お部屋探しのポイントを紹介

部屋選びって難しいですよね・・・ 社会人や大学入学を機に

→もっと見る

PAGE TOP ↑