介護保険施設の種類・特徴・メリット・デメリットなど

公開日: : 最終更新日:2015/08/29 生活

ケアハウスとは?

ケアハウスは、比較的低価格で利用できる軽費老人ホームの「C型」とも呼ばれています。
主に60歳以上の高齢者が対象で、食事や洗濯掃除などの生活面での支援を受けられる施設です。
自立した生活が困難である高齢者向けの「一般型」と、要介護状態である高齢者向けの「介護型」とがあります。
一般型のケアハウスの場合は、介護が必要になったら、訪問介護または通所介護を利用します。
その際、重度に自立した状態ではないと判断されると、施設を退去しなければならない可能性も。
対して介護型の場合は、要介護度が重度であっても施設に住み続けることが可能となっています。
有料老人ホームとの違いは、家庭環境や経済状況が悪い高齢者に対し、自治体が助成する形で入居する点です。
この助成があるおかげで、有料老人ホームよりも安い利用料となっています。

良い点、悪い点はここ

ケアハウスの良いところは、やはり利用料が安いという点です。
初期費用が、一般型で30万円ほど。
介護型の場合は初期費用が高額で、数百万円になる施設もあります。
しかしながら、月額は安価であり、どちらも10~20万円となっています。
一般型に関しては、初期費用が無料という施設もあるようです。
ただ、ケアハウスは施設によってサービスや部屋の充実といった点で、とても差が激しいという面も。
とくに、一般型のケアハウスに関しては、介護や医療処置のサービスが限定されるので、施設選びが困難になることもあります。
入居する前に、施設について吟味する必要があります。

ケアハウス入居の注意点

ケアハウスに入居したい場合は、その施設ごとに問い合わせを行います。
なお、重ねていいますが、主に60歳以上の高齢者が対象となります。
また、夫婦の場合はどちらかが60歳以上であれば入居対象となります。
さらに介護型に関しては、「要介護度が1以上、65歳以上」という基本条件が設定されています。
ケアハウスは、介護主体の施設ではないので、最低限の身の回りのことができるかどうか、共同生活が送れるのかどうかという点も、入居の際に考慮されます。
収入が少ないことや、身寄りがない高齢者は優先して入居可能となるところも。
しかしながら、地域差が非常に大きいため、各施設へ問い合わせをし、疑問点を解決してから入居申し込みを行うのが望ましいでしょう。

軽費老人ホームとは?

「軽費老人ホーム」というのは、有料老人ホームと比べると比較的安い価格で入居できる施設のことです。
社会福祉法人や、地方自治体が運営していて、それぞれ自治体の助成を受けて運営しているため、利用料を安く設定することができるのです。
主に、自分自身で生活するのが困難である高齢者や、「要支援」と判断された高齢者が対象です。
75歳以上の入居者が多くなっています。
また、家庭の状況によって、家族との同居が困難である場合にも入居できます。

軽費老人ホームの分類

軽費老人ホームには、分類があります。
中でも、食事の支援として提供いているのが「A型」といい、それがない場合を「B型」と言います。
この分類からもわかるように、軽費老人ホームでは要支援者は受け入れられますが、要介護である場合は基本的には入居できません。
その場合には、有料老人ホームへと移り住まなくてはならないのです。
軽費老人ホームで行われるのはあくまでも生活の援助で、見守りや外出時の手助けなどにとどまっているのが特徴です。

メリットとデメリット

軽費老人ホームの良いところは、やはり利用料が安いという点です。
初期費用は無料のところもあり、高くても20~30万円です。
また月額の費用も安く、A型で最高17万円、B型ならば5万円ほどで済みます。
これは介護支援がある有料老人ホームと比べると、とても低い設定となっています。
しかしながら、逆を見てみれば要介護状態では入居が不可能であったり、部屋の広さが不十分であるなどの不便さもあります。
また、利用料が安いため競争率が高く、入居するまでが難しいというデメリットも挙げられます。

入居申し込みの仕方

軽費老人ホームへの入居希望は、それぞれの施設ごとに行います。
入居の際には訪問などで面談を行い、健康診断や所得の内容から判断されます。
入居の際希望すれば、夫婦二人の部屋が提供されることもあります。
A型には食事提供のための食堂がありますし、B型の場合は自炊するためのキッチンが整っています。
それぞれに設備に違いがあるので、吟味しておくことが大切なポイントです。

スポンサーリンク

関連記事

青色発光ダイオード(LED)の何がすごいんだろう?

いまや生活のあらゆる場で使用されているLED。 中でも、青色LEDの登場はこれまでの生活を激変

記事を読む

アロエベラオイルの効果、効能、使い方、食べ方、注意点のまとめ

ユリ科の多肉植物であるアロエベラの葉を植物性の油に浸け、仕込まれるオイルのことをアロエベラオイル

記事を読む

ツインバード ジェットサイクロン ブロワプラスの特徴や感想

ベットを家族としているご家庭が増えました。 そこで、問題点となるのが、季節ごとのペットの抜け毛

記事を読む

カモミール・ローマンの特徴や効果、使い方、注意点を解り易く

カモミール・ローマンは、南ヨーロッパから西ヨーロッパにかけて分布する多年草の名前です。 現

記事を読む

再生可能エネルギーとは、世界の再生可能エネルギーについて調べてみた

再生可能エネルギーの種類 ソーラー発電や風力発電など、自然界にある再生可能な燃力として利用でき

記事を読む

フローラルウォーターの特徴や効果、使い方、注意点を解り易く

フローラルウォーターは別名を「ハーブウォーター」ともいい、芳香蒸留水のことをいいます。 よ

記事を読む

『インボーテ ホットローラアイ』私のおススメ商品の感想や特徴です

目もとにより明るく、美しく、済んだ輝きが欲しいと思いませんか。 日々、多忙な時間を生きるあ

記事を読む

BOS おむつが臭わない袋で臭い問題解決にお役立ち

在宅介護なされているご家庭が増えました。 介護の内容も様々ですが、一番大変な中に、おむつの問題

記事を読む

シャープ 電気無水鍋の特徴や感想

素材の味がそのままするお料理が食べられたら、子供たちの好き嫌いもなくなるかもしれない。 素材の

記事を読む

珍しい発電の方法を調べてみた。斬新、驚愕、爆笑etc.

ソーラー発電や風力発電だけに頼っていられない 一般家庭にも急速に普及し始めたソーラー発電で

記事を読む

「ガーリッシュ 歌/文 林あまり イラスト 遠野一実」私のおススメ本の感想や特徴です

これは、目で見る短歌集、歌集です。 これから、短歌を始める人

「一ノ蔵 ひめぜん」私のおススメ商品の感想や特徴です

「一ノ蔵 ひめぜん きりり」 「一ノ蔵 ひめぜん Ume」

「大往生したけりゃ医療とかかわるな 中村仁一著 幻冬舎文庫」私のおススメ本の感想や特徴です

いきなり著者が、棺桶に入ってる写真もあります。 今、棺桶は、

《珈琲の香りのお線香(青箱)ブラック(黒箱)梅栄堂》私のおススメ商品の感想や特徴です

お線香に火をつけると、お線香の香りでなく、珈琲の強い香りがしま

《ワッフルボウルメーカー》私のおススメ商品の感想や特徴です

ベルギーワッフル、一時期流行りましたね。 残念ながら筆者は流

→もっと見る

PAGE TOP ↑