HUrom スロージューサーの特徴や感想

公開日: : 最終更新日:2017/04/07 生活, 家電


ヒューロムは、1974年の創業以来、スロージューサーのパイオニアとして開発に開発を重ね、世界累計販売数670万台を突破させています。
そのヒューロムが、現代の食卓にふさわしい新しいスロージューサーを発売しました。

特徴など

通常のジューサーと呼ばれるものは高速ジューサーで金属刃でむりやり絞りきります。
ですが、スロージューサーは、低速搾汁と呼ばれる方式。
刃を使わず、両手で搾るようなダブルスクリューで、1分間にじっくり40回転します。

ジュースと搾りかすをしっかりと分離するから、口あたりなめらかなジュースになります。
それがタンクにたまりますから、お好きな分だけ飲めます。

食材の細胞を傷つけません。
つまり食材にストレスを与えてないで搾りますので、分離しにくく本来の食材すのままの味が味わえます。

さらっとした口あたりにしたいときの細目のストレーナー、とろみのある食感にこだわりたいときは荒めのスムージーストレーナー、凍らせたままの果物はフローズンストレーナー、大豆を使って豆乳や豆腐作りを楽しめる豆腐用キット、いろんな風に楽しめるのです。
お手入れは、投入口から水を注ぎ、撹拌しながらの簡易洗浄もできますし、パーツを分解してしっかり洗浄もできます~うれしい掃除ブラシがついています。

静音機能搭載のコンパクト設計です。
だから、毎日使えます。

使った人からのメッセージ

細胞に、栄養素がしみわたる~って感じがします。
果物や野菜を食べるって案外噛む時間がとられますが、ジュースにしたら手軽に身体に摂取できます。
それで栄養素が生きてる実感があるって、濃いんだと思います。
素材そのままのなにかが身体にしみわたるんだと思います。

長い間スロージューサーにこだわって研究開発をつづけている会社だからこその品質です。
今の時代に求められているのは、手軽に気軽に使える、スロージューサーなのです。
1日の一杯にこだわりたいものです。

●AMAZONで探すHUrom スロージューサー

スポンサーリンク

関連記事

オリーブスクワランオイルの効果、効能、使い方、食べ方、注意点のまとめ

オリーブオイルとは、モクセイ科に分類されているオリーブの果肉から抽出されたオイルのことをいいます

記事を読む

ティートリー・ティーツリーの特徴や効果、使い方、注意点を解り易く

ティートリー、ティーツリーは、オーストラリアのニューサウスウェールズを原産としている高木です。

記事を読む

ザ 鉄玉子 南部鉄の特徴や感想

貧血かしら?。 ふっとそんなふうに思う体調の瞬間ありませんか。 毎日の食事で、一日必要量摂取

記事を読む

ツインバード コンパクト精米器 精米御膳の特徴や感想

『おかわり!』の笑顔が見たいのです。 いつものご飯を、もっとおいしく食べて欲しいから、米所新潟

記事を読む

カメリアオイル(椿油)の効果、効能、使い方、食べ方、注意点のまとめ

カメリアオイル(椿油)とは、日本が産地であり、ツバキ科に分類されている椿を低温で圧搾することで抽

記事を読む

IC乗車券の種類や便利な使い方

バスや鉄道の乗車券として用いられるICカードのことを総称して、IC乗車券と言います。 乗車時に

記事を読む

カレンデュラオイルの効果、効能、使い方、食べ方、注意点のまとめ

カレンデュラオイルとは カレンデュラオイルとは、キク科に分類されているカレンデュラの花を浸出油

記事を読む

青色発光ダイオード(LED)の何がすごいんだろう?

いまや生活のあらゆる場で使用されているLED。 中でも、青色LEDの登場はこれまでの生活を激変

記事を読む

火山灰を調べた。火山灰はこんなものに利用されている。

日本は活火山の国 日本は狭い国土に数十もの活火山を有しており、鹿児島県の桜島などは周辺地域

記事を読む

ヒノキの特徴や効果、使い方、注意点を解り易く

アロマオイルに使用されている樹木のひとつとして、ヒノキが挙げられます。 日本人になじみが深

記事を読む

お得がいっぱい!【ふるさと納税】を利用してみよう!

ここ最近急速に認知度が高まった「ふるさと納税」。ふるさと納税と

オタク女子の婚活事情を考察

オタク女子の婚活事情 昔からアニメ・マンガ・ネットのサブカル

no image
実写化はあり?なし?実写ドラマ、映画化されたコミック

最近、人気コミックの実写化が相次いでいます。 つい最近も、人間社会に

副業したいけどばれたくない!大切なポイントまとめ

毎月の給与だけでは生活が大変だから、副業をして少しでもお金を稼

メリットがたくさん!【米国株】について紹介

米国株の魅力を知らないのは損! 米国株と聞くと、「日本株より

→もっと見る

PAGE TOP ↑