ツインバード ノンフライオーブンの特徴や感想

公開日: : 最終更新日:2017/08/27 生活, 家電


オープン価格で買える、案外お買い得なお店にあるかもしれない『ノンフライオーブン』です。
ノンフライオーブンは、案外場所をとる奇抜なデザインが多いものですが、これは、従来のレンジスペースに置けるタイプです。

商品ラインナップ、特徴など

ノンフライオーブンTS-D067B

ノンフライ調理も、トーストも1台3役のマルチプレイヤーです。

ファンを使って、熱風を庫内で対流させることで加熱。
『揚げずに』揚げ物が作れるから、カロリーもOFF&後始末いらずなんです。
ト ーストに留まらない、オーブン料理の幅が広がります。

たとえば、油を使わずフライが作れる。余熱ナシでトーストがおいしく焼ける。
揚げ物の温め直しがサクサクに。
などなど。

その秘密は、熱風包み込みノンフライで食材の油を落としながら焼くからなのです。
マイコンで火加減もおまかせ。
お菓子づくりやローストビーフまでメニューに合わせて使えます。
80~230℃の細かい温度設定が可能です。

2015年度のグッドデザイン賞受賞のスタイリッシュなフォルムです。
レシピブック付きもうれしいですね。

ノンフライオーブンTS-D053W

操作の分かりやすいアナログタイプです。
温度調節は出力切替4段 階。

考えながら、自分の指で調節したいあなたにピッタリです。
レシピブック付いています。

使った人からのメッセージ

ノンフライオーブンは高いという意識があって今まで二の足を踏んでいましたが、予算とぴったりのこのオーブンと出会いました。
機能も引けをとらず、ヘルシーメニューのレパートリーが増えて毎日おいしくいただいております。

家電量販店のみならず、ホームセンターでも気軽に手に取って見られます。
正直店員さんに付いてこられると買いにくい考えにくいものですが、1人でじっくり、家族でわいわい選べるツインバードの商品です。

●AMAZONで探すツインバード ノンフライオーブン

スポンサーリンク

関連記事

カメリアオイル(椿油)の効果、効能、使い方、食べ方、注意点のまとめ

カメリアオイル(椿油)とは、日本が産地であり、ツバキ科に分類されている椿を低温で圧搾することで抽

記事を読む

アロエベラオイルの効果、効能、使い方、食べ方、注意点のまとめ

ユリ科の多肉植物であるアロエベラの葉を植物性の油に浸け、仕込まれるオイルのことをアロエベラオイル

記事を読む

ヒノキの特徴や効果、使い方、注意点を解り易く

アロマオイルに使用されている樹木のひとつとして、ヒノキが挙げられます。 日本人になじみが深

記事を読む

イブニングプリムローズオイルの効果、効能、使い方、食べ方、注意点のまとめ

イブニングプリムローズオイル(月見草油)とは、アカバナ科のマツヨイグサ属に分類されている多年草の

記事を読む

レモングラスの特徴や効果、使い方、注意点を解り易く

レモングラスは、レモンに似てさわやかな柑橘系の香りを持ち、イネ科のススキに似ている植物です。

記事を読む

軽費老人ホームの種類・特徴・入所申し込みの仕方など

介護療養型医療施設とは? 介護療養型医療施設は、別名「療養病床」とも言われており、主に医療機関

記事を読む

パッションフラワーオイルの効果、効能、使い方、食べ方、注意点のまとめ

パッションフラワーオイルとは、パッションフラワー(和名:トケイソウ)の花を有機栽培されたサンフラ

記事を読む

日本茶(緑茶)の種類と特徴をまとめました

わたしたち日本人にとって身近な飲み物のひとつがといえるのが、日本茶です。 日本茶は古くから好ま

記事を読む

食事の最初のお勧め。野菜、酸っぱい、コリコリらしい?

毎日欠かせない食事ですが、食べる順番を意識することはそれほどありません。 目についたもの、好き

記事を読む

カスターオイル(ひまし油)の効果、効能、使い方、食べ方、注意点のまとめ

カスターオイル(ひまし油)とは カスターオイル(ひまし油)とは、キャスターオイルとも呼ばれており、

記事を読む

お得がいっぱい!【ふるさと納税】を利用してみよう!

ここ最近急速に認知度が高まった「ふるさと納税」。ふるさと納税と

オタク女子の婚活事情を考察

オタク女子の婚活事情 昔からアニメ・マンガ・ネットのサブカル

no image
実写化はあり?なし?実写ドラマ、映画化されたコミック

最近、人気コミックの実写化が相次いでいます。 つい最近も、人間社会に

副業したいけどばれたくない!大切なポイントまとめ

毎月の給与だけでは生活が大変だから、副業をして少しでもお金を稼

メリットがたくさん!【米国株】について紹介

米国株の魅力を知らないのは損! 米国株と聞くと、「日本株より

→もっと見る

PAGE TOP ↑