象印 精米器 つきたて風味の特徴や感想

公開日: : 最終更新日:2017/01/18 生活, 家電


お米は、研ぐ前ぎりぎりのつきたてで炊いた方が絶対おいしいごはんができる。
ごはんを食べるなら、できるだけおいしいごはんを食べたいものです。
毎日食べるものだから、米のつきかたにもこだわりたいものです。

特徴

『炊く前のひと工夫』も、おいしさへの大切なこだわりで、いいと思います。
つきたて風味は、お米屋さんの本格精米器と同じような構造だから、お米が割れにくいのです。
それは米どうしをこすり合わせながら、ぬか層を取っていく『圧力精米式』だからできることです。

また、何度も循環しながらやさしく精米する『圧力循環式』。
これですと、お米本体の温度を上がりにくくするので、お米の劣化を防ぎながら精米することができます。
さらに、玄米も精白米も無洗米にできる『無洗米コース』もついています。

『精米度センサー』が米表面の白さを感知して、設定した精米度まで精米していきます。
白米だけではなく、3分づきや5分づき、7分づきなど、いろんなお米の味を楽しむことができます。

使い方&お手入れの仕方

すべて1ボタンです。
あなたは、玄米などを精米器に入れ、ボタンを押して待っているだけです。
お手入れも、米受けの中を洗ったり拭いたりするだけ。

またぬか受け容器もついているから、でたぬかも、ぬか漬けやたけのこの灰汁抜きにも使う
ことができます。
このぬか受け容器も、さっ と洗って完璧に乾かせば、なんの問題もありません。

オールインワンなので、置く場所も取りません。
お米をとぐ前のちょっとの時間、つきたて風味にお米をまかせるだけです。

<使用した人からのメッセージ>
新米みたいな風味がしました。
自宅精米して、お米の雑味が消えた感じがします。
デスクトップのパソコンを半分にしたくらいの大きさだから、台所に置いても邪魔になりませんでした。
おいしい自家製ぬか漬けができるのが、なんかおまけみたいにうれしかったです。

お米を制するものは、すべての味を制する。
今夜のごはんから、フレッシュなお米のごはん、食べてみませんか。

●AMAZONで探す象印 精米器 つきたて風味

スポンサーリンク

関連記事

日本三大毒草>鳥兜、毒空木、毒芹

皆さんは鳥兜を実際に見た事は有りますか? 鳥兜では無くても毒空木や毒芹など別の毒草でもかま

記事を読む

AIRIS サーキュレーターの特徴や感想

一家に一台サーキュレーター。 扇風機よりも強い風力、エアコンの冷たい風を部屋に回す。 冷房に

記事を読む

イブニングプリムローズオイルの効果、効能、使い方、食べ方、注意点のまとめ

イブニングプリムローズオイル(月見草油)とは、アカバナ科のマツヨイグサ属に分類されている多年草の

記事を読む

高齢者向け住宅の種類・特徴・メリット・デメリット・選び方など

高齢者向け住宅の種類 サービス付き高齢者向け住宅 「サ高住」、「サ付き」とも言われている「サービ

記事を読む

無課金で遊べる!ソーシャルゲーム

ソーシャルゲームというと、レアなキャラクターやアイテムを取得するためにために、高額な課金をし

記事を読む

Haier 冷凍冷蔵庫の特徴や感想

一人暮らしをするとき、なによりも必要な家電は冷蔵庫です。 ハイアールの冷蔵庫シリーズは多くの、

記事を読む

no image

ツインバード コードレススティック型クリーナー ジェットサイクロンJの特徴や感想

コードさえなかったら、お部屋を縦横無尽に掃除機かけられるのに。 コードレス掃除機って時間が決まって

記事を読む

iRobot ルンバの特徴や感想

毎日の床掃除を、プロに任せてみませんか。 ボタンひとつで、床がすっきり。 おなじみ、Room

記事を読む

日本抗菌 HOTAPASUI ホタパ水の特徴や感想

無添加HOTAPASUI、ホタパ水とお呼びください。 一年中、家中の除菌に使えます。 コンパ

記事を読む

キャロットオイルの効果、効能、使い方、食べ方、注意点のまとめ

キャロットオイルとは、セリ科に分類されている野菜のニンジンを細かく刻み、オリーブオイル、サンフラ

記事を読む

お得がいっぱい!【ふるさと納税】を利用してみよう!

ここ最近急速に認知度が高まった「ふるさと納税」。ふるさと納税と

オタク女子の婚活事情を考察

オタク女子の婚活事情 昔からアニメ・マンガ・ネットのサブカル

no image
実写化はあり?なし?実写ドラマ、映画化されたコミック

最近、人気コミックの実写化が相次いでいます。 つい最近も、人間社会に

副業したいけどばれたくない!大切なポイントまとめ

毎月の給与だけでは生活が大変だから、副業をして少しでもお金を稼

メリットがたくさん!【米国株】について紹介

米国株の魅力を知らないのは損! 米国株と聞くと、「日本株より

→もっと見る

PAGE TOP ↑