象印 精米器 つきたて風味の特徴や感想

公開日: : 最終更新日:2017/01/18 生活, 家電


お米は、研ぐ前ぎりぎりのつきたてで炊いた方が絶対おいしいごはんができる。
ごはんを食べるなら、できるだけおいしいごはんを食べたいものです。
毎日食べるものだから、米のつきかたにもこだわりたいものです。

特徴

『炊く前のひと工夫』も、おいしさへの大切なこだわりで、いいと思います。
つきたて風味は、お米屋さんの本格精米器と同じような構造だから、お米が割れにくいのです。
それは米どうしをこすり合わせながら、ぬか層を取っていく『圧力精米式』だからできることです。

また、何度も循環しながらやさしく精米する『圧力循環式』。
これですと、お米本体の温度を上がりにくくするので、お米の劣化を防ぎながら精米することができます。
さらに、玄米も精白米も無洗米にできる『無洗米コース』もついています。

『精米度センサー』が米表面の白さを感知して、設定した精米度まで精米していきます。
白米だけではなく、3分づきや5分づき、7分づきなど、いろんなお米の味を楽しむことができます。

使い方&お手入れの仕方

すべて1ボタンです。
あなたは、玄米などを精米器に入れ、ボタンを押して待っているだけです。
お手入れも、米受けの中を洗ったり拭いたりするだけ。

またぬか受け容器もついているから、でたぬかも、ぬか漬けやたけのこの灰汁抜きにも使う
ことができます。
このぬか受け容器も、さっ と洗って完璧に乾かせば、なんの問題もありません。

オールインワンなので、置く場所も取りません。
お米をとぐ前のちょっとの時間、つきたて風味にお米をまかせるだけです。

<使用した人からのメッセージ>
新米みたいな風味がしました。
自宅精米して、お米の雑味が消えた感じがします。
デスクトップのパソコンを半分にしたくらいの大きさだから、台所に置いても邪魔になりませんでした。
おいしい自家製ぬか漬けができるのが、なんかおまけみたいにうれしかったです。

お米を制するものは、すべての味を制する。
今夜のごはんから、フレッシュなお米のごはん、食べてみませんか。

●AMAZONで探す象印 精米器 つきたて風味

スポンサーリンク

関連記事

スイートアーモンドオイルの効果、効能、使い方、食べ方、注意点のまとめ

スイートアーモンドオイルとは、バラ科に属するアーモンドの木の仁(種子)を圧搾することで得られる植

記事を読む

無料電話アプリおススメランキング

無料電話アプリは、スマートフォンなどにインストールすることで、インターネット回線を介して通話がで

記事を読む

シャープ スロージューサーの特徴や感想

果物は、おいしくて栄養があるけれど、どうしても一回に食べられる量には限界がありますよね。 そん

記事を読む

コーヒーを毎日の生活に取り入れましょう

タバコやお酒などの他に、嗜好のひとつとして、食後やちょっとリラックスタイムをとりたい時に、コーヒ

記事を読む

ヘンプシードオイルの効果、効能、使い方、食べ方、注意点のまとめ

ヘンプシードオイルとは、麻、大麻、大麻草と呼ばれているアサ科アサ属の実から抽出したオイルです。

記事を読む

カメヤマ 北見名産ハッカ油線香の特徴や感想

夏の間だけ、お線香を『ハッカ油』にかえてみませんか。 お部屋もすっきりした香りになりますし

記事を読む

コーヒーの香りは人を親切にする

最近の実験では、コーヒーの香りを嗅ぐと、他人に親切になるという事が実証されました。 この実験を

記事を読む

パルマローザの特徴や効果、使い方、注意点を解り易く

パルマローザは、インドを原産とするイネ科の植物から作られているアロマオイルです。 レモンや

記事を読む

ココナッツオイルの効果、効能、使い方、食べ方、注意点のまとめ

ココナッツオイル(椰子油)とは、ヤシ科に属するココヤシの果肉を圧搾したり、溶剤を使ったりして得ら

記事を読む

日本茶(緑茶)の種類と特徴をまとめました

わたしたち日本人にとって身近な飲み物のひとつがといえるのが、日本茶です。 日本茶は古くから好ま

記事を読む

毎月負担の通信費・・・お得にする方法【3選】

毎月の通信費が負担になっている方も多いのではないでしょうか。

女性が夢中になる!? アイドル育成ゲームとは?

男性向けソーシャルゲームでは、アイドルゲームが流行していること

スマホゲームの定番はアイドル育成? 男性向け編

スマートフォンやiPhoneをもつことはもはや当たり前となって

【フリーランスVS会社員】メリットデメリットまとめ

毎日満員電車に乗って会社に行き、残業して遅くに帰宅するような会

一人暮らしをする方必見!お部屋探しのポイントを紹介

部屋選びって難しいですよね・・・ 社会人や大学入学を機に

→もっと見る

PAGE TOP ↑