カメヤマ 北見名産ハッカ油線香の特徴や感想

公開日: : 最終更新日:2016/12/29 生活


夏の間だけ、お線香を『ハッカ油』にかえてみませんか。

お部屋もすっきりした香りになりますし、夏の虫も少なくなります。
だいたい19分でとぼれますが、けむりはほとんど出ません。
けむりがでないのに、香るのです。

ハッカ(ミント)は、紀元前より世界中で様々な品種が栽培され、草や抽出されたエキスは、人間の人知を越えた役割をします。
現在も、食品類や医療品類、香水や化粧品。
タバコにおいてはほとんどの銘柄にメントール入りがラインナップされています。

天然ハッカを使用した製品は、目的に応じて「葉」「精油」「ハッカ脳」に選別され、そこから更に「和種系」「洋種系」といった風味差や特徴なども勘案されながら利用され、生まれていきます。
デザートにも使われますし、0-157対策にも。

玄関やトイレのニオイ消しや、雑巾や布巾を洗うときのニオイ消しに。
化粧品に少し混ぜるなど、ミント、ハッカ油は日本薬局方として市販されています。

さらに、ハッカには、こんな効果もあるのです。
お部屋や車内の香り、お風呂に数滴、寝苦しい時に枕元にほどよく数滴。
イライラを「スーッと』鎮めてくれるのです。

また、昆虫や小動物(犬や猫などのペット系を除きます)は、スーッとするミントの刺激を嫌います。
これは、人間にはいい香りでありミントが、昆虫などの嗅覚には刺激が過ぎるからです。
キャンプや登山など、虫の多い場所には、金物の線香入れに入れてお試ししてみてください。

つまり、一時的にスーッとするだけでなく、ハッカ油のお線香は、一日その香りで、お部屋にいますから、穏やかに暮らすとがでいるのです。

お仏壇のないお宅や、自分のお部屋で使用するのもOKです。
お線香は、広い意味で「お香」の一種であり、仏さまだけのものではないからです。
アロマテラピーのお香としても、『北見名産 ハッカ油線香』は使えます。

お香のニオイで、リフレッシュと、防虫してみませんか。

●AMAZONで探すカメヤマ ハッカ油線香

スポンサーリンク

関連記事

象印 ホームベーカリー パンくらぶの特徴や感想

おうちで、パンが焼けたなら、朝は必ず違うものになる。 自分でパンを作ってみたいと思ったことあり

記事を読む

象印 コーヒーメーカー 珈琲通の特徴や感想

コーヒーでなく、珈琲を飲みたいときってありますよね。 日曜日の昼下がり、好きな音楽をかけながら

記事を読む

雲の種類や特徴をまとめました

空は無限のキャンパスと呼ばれています。 日中の青々とした下地に浮かぶ太陽に加え、さまざまな変化

記事を読む

アルガンオイルの効果、効能、使い方、食べ方、注意点のまとめスプーン

アルガンオイルとは アルガンと呼ばれるモロッコ南西部にしか存在しないアカテツ科・広葉常緑樹の種

記事を読む

菊花せんこう  りねんしゃの特徴や感想

蚊取り線香は、その昔、除虫菊という植物から作られていました。 開発されたのは、明治21年のこと

記事を読む

オタク女子の婚活事情を考察

オタク女子の婚活事情 昔からアニメ・マンガ・ネットのサブカルチャーが大好きで、青春を二次元

記事を読む

坊ちゃん石鹸(旧名釜出し一番石鹸)の特徴や感想

今から約22年ほど前の1995年あたり、宮城県の公立高校の売店で、爆発的に売れた固形石鹸がありま

記事を読む

コーヒーをドリッパーとフィルターで自分で淹れてみる事に挑戦してみませんか?

喫茶店や専門店で飲むコーヒーは自宅で飲むインスタントとは違って、とても美味しくて驚いてしまいます

記事を読む

レモンの特徴や効果、使い方、注意点を解り易く

レモンはミカン科の柑橘類であり、果汁には酸味があります。 ジュースや清涼飲料水に加工される

記事を読む

『ウラン』原発の話でよく出る言葉。「天然ウラン」「濃縮ウラン」「劣化ウラン」

2011年の東日本大震災の際、東京電力の原発事故が起きて以来、原子力発電に注目が集まりました。

記事を読む

「ガーリッシュ 歌/文 林あまり イラスト 遠野一実」私のおススメ本の感想や特徴です

これは、目で見る短歌集、歌集です。 これから、短歌を始める人

「一ノ蔵 ひめぜん」私のおススメ商品の感想や特徴です

「一ノ蔵 ひめぜん きりり」 「一ノ蔵 ひめぜん Ume」

「大往生したけりゃ医療とかかわるな 中村仁一著 幻冬舎文庫」私のおススメ本の感想や特徴です

いきなり著者が、棺桶に入ってる写真もあります。 今、棺桶は、

《珈琲の香りのお線香(青箱)ブラック(黒箱)梅栄堂》私のおススメ商品の感想や特徴です

お線香に火をつけると、お線香の香りでなく、珈琲の強い香りがしま

《ワッフルボウルメーカー》私のおススメ商品の感想や特徴です

ベルギーワッフル、一時期流行りましたね。 残念ながら筆者は流

→もっと見る

PAGE TOP ↑