「明治書院 季寄せ」私のおススメ本の感想や特徴です

公開日: : 最終更新日:2018/06/28 生活



季寄せとは、俳句をたしなんでる人にはなくてはならない本です。
本音をいえば、いつもスマホと同じくらい携帯してほしいものだったりします。

季寄せには「季語」が、春、夏、秋、冬、新年と5つの季節分けで記載されています。

そもそも俳句とは、五七五、十七文字でつづる一番短い詩の形態です。
この十七文字の中に、必ず一つは季語を入れて詠むことが伝統俳句とされています~今は、無季の現代俳句もありますが、川柳との線引きが難しいものです。

季寄せの親分ともいえる存在は「歳時記」であり、季節ごとに1冊から数冊あり全部そろえると、文学全集並みになります。
ただ歳時記には多数の写真やイラストが用いられ、季語が示す花だったり木だったりが目でわかるようになりますので、上級者となったら、そろえたいところです。

けれど、普段使いは、季語といくつかの参考句の載っている「季寄せ」で十分です。

初心者の方は、まず、季語を決めてからイメージで足りない文字数を当てていきます。
そして、この一句に込められた思いや情景の説明を、句会などで朗々と始めるものです。

これは非難ではありません。
最初はみんなそういう状態で始めるのです、通ってきた道なのです。

ただ、これを「詠む」とは言いません。
作った句と言います。

少し時間が立ってきたとき、写実(デッサンかスケッチ)に行きます。
今目の前に広がるものを伝えるということです。
ここまでくると、無駄な説明がなくなります。

たとえば、「きれい」なものを「きれい」という言葉を使わず、句会に集まった人作品を見た人の目の前に同じ光景を再現させ、「こんだけきれいだったんだ」と思わせる腕前になってきたら、俳句はとても楽しいものになるでしょう。

そして、心の奥底から湧き出た言葉で十七文字を何も考えずに並べ終えた状態を「詠む」というのです。
それは神様から与えられた言葉なのかもしれません。

でも、こんなことは、年に1回か2回あればいいほうです。
「季寄せ」をめくって毎日句を作っていくのです。

とある句会では、4年に一度合同句集を作ります。
しかし、毎日作っていても年に10句もまあまあが残ればいい方だし、じゃあ4年分だと40句かというと、やはり、4年で残るのも10句程度だったりします。

俳句の世界は奥がとても深いと思われます。
一生に1句残せれば、それはとても幸せな人生と言えると思います。

各社の季寄せを使ってみましたが、「明治書院 季寄せ」が一番コンパクトで、季語も豊富なので、初心者にはぜひおすすめします。

スポンサーリンク

関連記事

お米のしらほし 新米 五百川を是非、ご賞味ください。

五百川というお米の品種を聞いた事があるでしょうか。 8月にもう新米が食べられる超早生の品種なの

記事を読む

ミヨシ石鹸の特徴や感想

ここに、純粋せっけんにこだわる会社があります。 『ミヨシ石鹸』です。 せっけんの原料とな

記事を読む

スマホ決済サービスを比較しました

クレジットカードを決済時につかえるかどうかというのは、顧客にとって非常に重要だと言われています。

記事を読む

オリーブスクワランオイルの効果、効能、使い方、食べ方、注意点のまとめ

オリーブオイルとは、モクセイ科に分類されているオリーブの果肉から抽出されたオイルのことをいいます

記事を読む

ミルラの特徴や効果、使い方、注意点を解り易く

ミルラはカンラン科の植物から抽出され、古代から人々の生活の中で利用されてきた歴史があります。

記事を読む

温巡りグルコ 神経痛にほかほかの温感で効果あり!

温巡りグルコは、数ある塗るグルコサミンのパイオニアです。 神経痛を、ほかほかの温感で、やわらげ

記事を読む

ローズ アブソリュートの特徴や効果、使い方、注意点を解り易く

ローズのアロマオイルは「香りの女王」と呼ばれ、深く甘くバラが本来持っている香りを楽しむことができ

記事を読む

カスターオイル(ひまし油)の効果、効能、使い方、食べ方、注意点のまとめ

カスターオイル(ひまし油)とは カスターオイル(ひまし油)とは、キャスターオイルとも呼ばれており、

記事を読む

ココナッツオイルの効果、効能、使い方、食べ方、注意点のまとめ

ココナッツオイル(椰子油)とは、ヤシ科に属するココヤシの果肉を圧搾したり、溶剤を使ったりして得ら

記事を読む

ミヨシ石鹸 素足キレイ泡せっけんの特徴や感想

シトラスミントのニオイが、足の指先からスキッとさせるいい感じです。 通気性の良いサンダルを

記事を読む

「一ノ蔵 ひめぜん」私のおススメ商品の感想や特徴です

「一ノ蔵 ひめぜん きりり」 「一ノ蔵 ひめぜん Ume」

「大往生したけりゃ医療とかかわるな 中村仁一著 幻冬舎文庫」私のおススメ本の感想や特徴です

いきなり著者が、棺桶に入ってる写真もあります。 今、棺桶は、

《珈琲の香りのお線香(青箱)ブラック(黒箱)梅栄堂》私のおススメ商品の感想や特徴です

お線香に火をつけると、お線香の香りでなく、珈琲の強い香りがしま

《ワッフルボウルメーカー》私のおススメ商品の感想や特徴です

ベルギーワッフル、一時期流行りましたね。 残念ながら筆者は流

BOS おむつが臭わない袋で臭い問題解決にお役立ち

在宅介護なされているご家庭が増えました。 介護の内容も様々ですが

→もっと見る

PAGE TOP ↑