猫の爪とぎの理由と問題点としつけ方、防ぎ方

公開日: : ペット,


猫が爪をとぐのは本能的な行動で、程度の差はあるものの多くの猫に見られます。
なぜ猫は爪をとぐのでしょうか。

猫の爪とぎの理由と問題点

猫が爪をとぐ理由

猫が爪をとぐ理由はいくつか考えられますが、そのひとつがストレスを感じたときに見られる転位行動です。
飼い主の関心が自分以外のものに向いているときに見られる行動で、気を引こうとして壁などをがりがりとひっかきます。
また、猫の爪には臭線と呼ばれる臭いを発する部位があります。
爪でなにかをひっかくことで臭線から生じる自分の臭いを、そこに付着させます。
それによって自分の縄張りをアピールしていると考えられてます。
クマなどと同様に、自分の爪でなにかを傷つけてマーキングをしているという説もあります。
自分の存在をアピールして、ほかの猫に見せつけるために爪をとぐということもあるようです。
野良猫の場合は、ほかの猫がそばにいるときのほうが、爪をとぐ回数が増えることがわかっています。
また、爪はほかの猫とのけんかの際につかうので、いざというときのために爪を手入れするためにといでいるとも言われます。
爪をといでおくと犬などの外敵と遭遇したときに、木に登りやすく危険に対処しやすいとも言えます。
古くなった爪の外側を排除するため、ストレッチのように体を伸ばすためという説もあります。

猫の爪とぎの問題点

猫が爪をとぐ理由は生まれつきもつ本能的な衝動のほか、後天的に学んだことがもととなっている場合があります。
猫が主につかうのは前足のため、爪とぎも通常は前足のみに行います。
猫にとっての爪とぎは生理的なものなので、やめさせることは非常にむずかしいと言えます。
しかし、猫の気が向くままに爪をとがせると壁などがぼろぼろの状態となってしまいます。
特にマンションやアパートなど複数の人が暮らす住宅では、爪とぎによって生じる音が壁を介して隣の部屋に聞こえることが多々あります。
そのため、きちんとしつけをして、決まった場所で爪とぎをするよう誘導することが大切となるのです。

猫の爪とぎのしつけ方と壁などでの爪とぎを防ぐ方法


猫は本能的な行動として、爪とぎをします。
そのため、爪とぎをやめさせるのはむずかしいですが、決まった場所で行うようにしつけることは非常に大切です。
ここでは爪とぎのしつけについて、いくつか方法を紹介します。

爪とぎ器を与える

猫が壁などで爪をとごうとする仕草をみせたら、用意しておいた爪とぎ器を与えましょう。
こちらのほうが研ぎやすいと猫が思ってくれたら、しつけは比較的容易です。
壁のほうがよさそうな仕草を見せたら、ほかの素材でできた爪とぎ器を与えます。
爪とぎ器はぼろぼろになると爪がひっかからず、爪とぎに適さなくなります。
古くなったものは交換して、常に新しいものにしておくことで猫がほかの場所で爪をとぐのを防ぎましょう。

こまめに猫の爪を切る

定期的に爪切りをして、爪先端の鋭さをなくしておきましょう。
爪を切っておけば、柱や壁などで猫が爪とぎをしても被害はそれほど大きくならないはずです。
爪キャップという猫の爪につけるプラスチック製のカバーを装着するのもおすすめです。
ただし、月に1度は交換しなければいけないため、爪切りをいやがらない猫なら、そちらのほうが簡単かもしれません。

障害物を設置

猫がよく爪とぎをする壁などに腰壁を置いて、爪とぎできないようにするのもひとつの方法です。
家具で爪とぎをする場合は、観葉植物やマガジンラックなどを設置しておくといいでしょう。
観葉植物は猫にとって毒になるものもあるので、無害なものを置く必要があります。

忌避剤を塗布する

猫が嫌がる臭いや味がついた忌避剤を用意して、壁などに塗っておくという方法もあります。
ガムテープや粘着テープなども猫が嫌がるものですが、体につくと皮膚にダメージを負わせることもあるので、粘着力が強すぎるものは避ける必要があります。
透明フィルムや爪とぎ保護シートなどが市販されているので、そういったものを利用してもいいでしょう。

フェロモンを塗る

鎮静効果があるフェロモンを、壁や柱に塗っておきます。
そこで爪とぎをすることが大きく減少したというデータもあり、有効な方法と言えます。

スポンサーリンク

関連記事

犬の食事>ドッグフードの知識を持ってますか?

成分一覧 ペットショップなどで売られているドッグフードには、成分表が記載されています。 肉な

記事を読む

猫の種類・性格・飼い方・特徴・注意点など>た行の猫

ターキッシュアンゴラ 『ターキッシュアンゴラ』というのは、トルコ原産の「長毛種」で、トルコでは

記事を読む

マ行のワンちゃん>性格・飼い方・特徴・注意点など

マスティフ 『マスティフ』というのは、イギリス原産の犬種で、もの静かで観察力に優れ、いつでも沈

記事を読む

犬の食事について栄養素や注意したい事のまとめ

犬に必要な栄養素 人間が生きていくうえでは、6大栄養素と言われる炭水化物、脂質、たんぱく質、ビ

記事を読む

ワ行のワンちゃん>性格・飼い方・特徴・注意点など

ワイアー・フォックス・テリア 『ワイアー・フォックス・テリア』というのは、イギリス原産の犬種で

記事を読む

猫の種類・性格・飼い方・特徴・注意点など>ま行の猫

マンクス 『マンクス』というのは、イギリス原産のネコなのですが、そのルーツは未だに謎につつまれ

記事を読む

猫の種類・性格・飼い方・特徴・注意点など>は行の猫

バーマン 『バーマン』というのは、ミャンマー原産のネコで、「ビルマ(ミャンマー)の聖猫」と呼ば

記事を読む

猫の種類・性格・飼い方・特徴・注意点など>や行の猫

『ヨーロピアンバーミーズ』というのは、ミャンマー原産のネコで、ペルシャと交配することで生まれまし

記事を読む

「爬虫類」大好き!な人だけが知っている。その魅力とは?

犬や猫などとは少しちがって、爬虫類は人によって好き嫌いが分かれやすいと言われています。 しかし

記事を読む

ヤ行のワンちゃん>性格・飼い方・特徴・注意点など

ヨークシャー・テリア 『ヨークシャー・テリア』というのは、イギリス原産の犬種で、ヨーロッパの上

記事を読む

エバーメイト 美顔カップスで毛穴の汚れがしっかり取れる

カップスには、直径25mmのMと、直径20mmのSがあります。

シャチハタ おりがみ工場で『みんなと違うおりがみで折りたい』をかなえます。

今、小学生のおりがみ女子たち羨望の商品があります。 『おりがみ工

温巡りグルコ 神経痛にほかほかの温感で効果あり!

温巡りグルコは、数ある塗るグルコサミンのパイオニアです。 神経痛

あゆみ 介護シューズ 軽い、 撥水、抗菌、防臭、手洗い可能

今のお年寄りって、案外、年寄り年寄りしていない若い、「いくつなの?

『灸美人』 家庭で、自分で、一人で、簡単にできるお灸です

家庭で、自分で、一人で、簡単にできるお灸です。 疲れ切っているの

→もっと見る

PAGE TOP ↑