猫のトイレの上手なしつけと手順について

公開日: : ペット,


猫は犬などと比べて、トイレを覚えやすいと言われています。
そのため、はじめて猫を飼う人でも比較的簡単にトイレをしつけられると言われていますが、それでもうまくいかないことはあります。
そんなときは、なにか間違ったことをしていないか一度確認してみるといいでしょう。

猫のトイレの上手なしつけと手順について

トイレの設置場所が悪い

人が頻繁に通る場所やさわがしい場所は、トイレの設置には向きません。
また、洗面所など水の音がする場所や、洗濯機が近くにある場所もよくないでしょう。
排泄をしているときに大きな音がすると猫が驚いてしまい、その場所で排泄しなくなる場合があります。
扉の開け閉めの音を猫が嫌う場合があるので、玄関もトイレの設置には不向きです。
寝室やリビングなど、猫が普段過ごす場所で、なるべく静かなところにトイレを設置してあげましょう。

トイレが汚い

猫は清潔な場所を好みます。
トイレの排泄物を長時間そのままにしておいたり、不潔な状態にしておいたりするのはよくありません。
トイレの場所を認識しても、トイレが汚いとそこで排泄するのを拒否することがあるので、できるだけこまめに掃除するようにしましょう。
トイレでつかう砂はずっと同じものだと不衛生なので、定期的に交換することも大切です。
長時間家を空けるなどで砂を交換するのがむずかしい場合は、砂をたくさん入れておくようにします。

粗相をしたら

猫がトイレ以外の場所で排泄してしまったら、できるだけ早く片付けて臭いを消すようにしましょう。
臭いがいつまでも残っていると、その場所をトイレだと猫が思ってまた粗相をしてしまうことがあります。
粗相をしたときに激しく怒ると、猫はトイレ以外の場所で排泄したから怒られたのではなく、排泄したこと自体を怒られたと勘違いしてしまうことがあります。
そうすると排泄を無理に我慢して病気になってしまうことがあるので、感情的に怒るのは避けましょう。
排泄したいようなそぶりを見せたらトイレに連れて行って、根気強く教えることが大切です。

猫のトイレのしつけ方と手順


猫を飼いはじめたらトイレのしつけをしなければいけませんが、猫のしつけは犬よりも容易だと言われています。
猫の遺伝子には砂のうえに排泄をするということが組み込まれていると言われているため、トイレを用意しておけば自然とトイレだと覚えることが多いからです。
ここでは猫へのトイレのしつけ手順を紹介していきます。

トイレの設置

猫にトイレを覚えさせるには、猫が好む場所にトイレを設置する必要があります。
猫が好むトイレは、人が頻繁に通って落ち着かない場所や、食事の場所からできるだけ遠い場所です。
風通しが悪いと臭いがこもりやすいので、風通しがいい場所もおすすめです。
猫は清潔な場所を好む動物なので、トイレがきれいになっていないとそこで排泄をしないで、違う場所で粗相してしまう場合があります。
そのため、猫のトイレはこまめに掃除して、きれいな状態で保つことが大切です。
猫が好むトイレを選ぶことも大切です。
とある調査では、猫は大きめのトイレを好むという結果が報告されています。
猫用トイレにはさまざまなタイプがあるので、いろいろ試してみるといいでしょう。

トイレの場所を覚えさせる

もともと飼っている猫がいる場合は、新しく来た猫は自然にそれをまねてトイレの場所を覚えます。
これはほかの猫の行動を観察してそれを覚えるという「模倣学習能力」によるもので、トイレの場所を覚えさせる場合にはこの能力をつかうとうまくいきます。
特に子猫の場合は母猫の行動をまねることが多いので、親猫がトイレに行く様子を見せることが効果的とされています。
はじめて猫を飼う場合は、飼い主がトイレの場所を覚えさせなければいけません。
そのときに大切となるのが、トイレサインを確認することです。
床をひっかく、お尻をむずむずと動かす、あたりを見回しながらうろつく、床の臭いを熱心にかぐといった行動がトイレサインです。
こういった行動が見られたら、すぐに猫をトイレに誘導させて用を足させます。

猫が粗相する理由と原因


猫がトイレ以外の場所で排泄をすることを、粗相(そそう)をしたと表現します。
粗相するとついつい感情的に怒りたくなりますが、それでは事態は好転しません。
猫が粗相をするのにはなんらかの理由があるはずなので、まずはそれを確かめる必要があります。
ここでは粗相をする猫に多い原因を紹介します。

トイレの場所がわからない

トイレの位置を把握していないために、粗相してしまう猫がいます。
たとえば、家に来て間もない成猫や離乳してから母猫がトイレの世話をしてくれなかった子猫はそういった傾向が強く出ることがあります。
排泄したいような様子を見せたら、トイレに連れて行くなどして、まずは場所を覚えさせることが重要です。

病気の可能性

これまでトイレで問題なく排泄していたのに、急に粗相をすることがあります。
その場合はなんらかの病気の可能性があるので、排泄物を片付ける前に状態を確認しておく必要があります。
不適切な排尿をする猫の半数以上が医学的な問題が生じているというデータもあるので、まずは病気の可能性を疑うことが大切です。

その他の原因

トイレの形状や砂が猫の好むものではない可能性があります。
また、トイレまわりの臭いや光景など、人間が気づかないささいな原因によって本来の場所で排泄できないことはあります。
トイレにいるときに起きた不快な出来事によって、そのトイレをつかいたくない場合もあります。
たとえば、用を足しているときに大きな音がして驚いたといった経験です。
こういった猫にとって嫌な出来事とトイレが直結して、トイレに入るのをいやがることがあるのです。
引っ越しや建て替えなどの居住空間の変化、あるいは子猫や赤ちゃんが増えたと言った環境の変化が猫にストレスを与えることがあります。
そういった精神的な要因によって、粗相をしてしまうことは少なくありません。
老猫の場合は泌尿器科系の老化や認知症などによって、粗相をしてしまうことがあります。

スポンサーリンク

関連記事

犬を迎える為に知っておきたい基礎知識

愛犬の名前を決める重要性や名前を決めるコツ 犬を飼ったらまず何をすべきか。 しつけをして、基

記事を読む

犬の目の病気 | 症状・原因・治療など

チェリーアイ 『チェリーアイ』というのは「第三眼瞼腺逸脱」とも呼ばれ、涙を作る役割を持っている

記事を読む

猫の爪とぎの理由と問題点としつけ方、防ぎ方

猫が爪をとぐのは本能的な行動で、程度の差はあるものの多くの猫に見られます。 なぜ猫は爪をとぐの

記事を読む

犬の耳の病気 | 症状・原因・治療など

外耳炎(がいじえん) 『外耳炎(がいじえん)』というのは、音の通り道となっている「外耳道」と呼

記事を読む

猫アレルギーの原因、症状、治療、予防について

猫アレルギーとは何か? 猫アレルギーは比較的よく知られたアレルギーのひとつで、発症する人は少な

記事を読む

タ行のワンちゃん>性格・飼い方・特徴・注意点など

タイ・リッジバック・ドッグ 『タイ・リッジバック・ドッグ』というのは、タイ原産の犬種で、いつも

記事を読む

ヤ行のワンちゃん>性格・飼い方・特徴・注意点など

ヨークシャー・テリア 『ヨークシャー・テリア』というのは、イギリス原産の犬種で、ヨーロッパの上

記事を読む

猫の種類・性格・飼い方・特徴・注意点など>ら行の猫

『ラガマフィン』というのは、アメリカ原産のネコで、1980年代に人為的に作り出された「長毛種」で

記事を読む

犬の性格について知っておきたい基礎知識

犬の性格は育て方で変わる 人間には性格がありますが、同じように、犬にも性格があります。 基本

記事を読む

犬の内分泌の病気 | 症状・原因・治療など

糖尿病性ケトアシドーシス 『糖尿病性ケトアシドーシス』というのは、犬の糖尿病が長期化すること血

記事を読む

毎月負担の通信費・・・お得にする方法【3選】

毎月の通信費が負担になっている方も多いのではないでしょうか。

女性が夢中になる!? アイドル育成ゲームとは?

男性向けソーシャルゲームでは、アイドルゲームが流行していること

スマホゲームの定番はアイドル育成? 男性向け編

スマートフォンやiPhoneをもつことはもはや当たり前となって

【フリーランスVS会社員】メリットデメリットまとめ

毎日満員電車に乗って会社に行き、残業して遅くに帰宅するような会

一人暮らしをする方必見!お部屋探しのポイントを紹介

部屋選びって難しいですよね・・・ 社会人や大学入学を機に

→もっと見る

PAGE TOP ↑