犬の肺の病気 | 症状・原因・治療など

公開日: : ペット,

咽頭炎

『咽頭炎(いんとうえん)』というのは、犬ののどに炎症が発生した状態のことを指しています。

咽頭炎の主な症状としては、次のようなものが挙げられます。

「咳」や「食欲不振」、「首のリンパが腫れる」、「よだれが増える」、「えづく(吐くしぐさをするが何も出ない)」、「呼吸困難」、「泣き声が変わる」などです。

「咽頭」というのは、口と食道との間にある部分で、ここに炎症ができると、痛みで食事にも支障をきたしやすくなります。

では、なぜ犬が咽頭炎になるのかというと、「毒物の吸引や吸入」、「誤飲、及び誤食によるのどの傷」、「鼻炎の波及」、「口内炎の波及」、「ジステンパー」などが原因とされていて、短頭種であれば、「咽頭軟骨の先天的異常」という場合もあるようです。

毒物の吸引や吸入、それに誤飲や誤食などは、普段から飼い主さんが気をつけてあげることが必要でしょう。

生活環境や衛生状態を整えてあげることで、かなり予防することができるはずです。

続いて、治療法についてですが、基本的には咽頭炎が単独で発症するということは考えにくく、他の疾患の周辺症状としてあらわれるものです。

そのため、原因となっている「基礎疾患の治療」を行うことが最優先となります。

具体的には、「異物の除去」や、“ネブライザー”などの器具を用いて「薬剤を吸引させる」といったことが行われます。

言うまでもないことですが、のどは食事をする上でも呼吸をする上でも、とても重要な器官ですので、苦しそうにしていれば速やかに獣医さんに連れていきましょう。

気管支炎


『気管支炎(きかんしえん)』というのは、犬の「気管」に炎症が発生した状態のことを指しています。

のどと肺を結んでいる管のことを気管と言いますが、この気管から枝分かれしている部分のことを「気管支」と呼んでいます。

気管支炎の主な症状としては、「乾いた咳」や「食欲不振」、「ぐったりして元気がない」、「呼吸困難」、「運動を嫌がる」などが挙げられます。

では、なぜ犬が気管支炎になるのかというと、その原因としては次のようなものがあります。

まずは「感染症」で、“犬アデノウイルII型”や“イヌパラインフルエンザウイルス”、“イヌヘルペスウイルス”などに感染すると、その症状の一つとして気管支を発症することがあります。

また、線虫類の幼虫が気管に入る“フィラリア症”などの「寄生虫症」が原因となるケースもあります。

それ以外にも、「異物の誤飲や吸引」などで気管に傷が付くというケースもありますから、これに関しては普段から気をつけてあげることが必要です。

続いて、気管支炎の治療法についてですが、上記の通り、他の疾病が原因となっているケースが多いですので、まずは「基礎疾患の治療」が優先されることになります。

その上で、症状を軽減させるための「対症療法」が行われるというのが、一般的な流れとなるでしょう。

異物の誤飲や吸引が原因の場合には、その異物を取り除くことも必要となります。

ですが、できるだけ誤飲などがないように、生活環境を整えてあげることが大切といえるでしょう。

気管支狭窄


『気管支狭窄(きかんしきょうさく)』というのは、犬の「気管」、または「気管支」が狭くなり、空気がうまく通過できなくなった状態のことを指しています。

気管というのは、のどと肺を結ぶ管のようなもので、そこから枝分かれしているのが気管支なのですが、これらは首の動きに合わせて変形できるよう、とても柔軟になっています。

ですから、首の動きによる損傷はないようになっているのですが、外部からの刺激には弱く容易に変形してしまうという側面も持っています。

そのために気管支狭窄も起こってしまうのですが、主な症状としては「呼吸困難」や、口内が青紫になる「チアノーゼ」などが挙げられます。

では、なぜ犬が気管支狭窄になるのかというと、まずは「気管の目詰まり」が原因として多いようです。

本来なら、気管が目詰まりすることはないはずなのですが、口に入れるべきではないものを入れてしまう“誤飲”や“誤食”によって、異物が気管や気管支に挟まってしまうのです。

これは、飼い主さんの注意で防ぐことができるでしょう。

また、気管の外側に炎症や腫瘍があると、それらが気管を圧迫することで気管支狭窄になってしまうというケースもあるようです。

続いて、治療法についてですが、気管が目詰まりしている場合なら、まずは「異物の除去」が最優先となります。

気管周辺の炎症や腫瘍が原因であれば、それら「基礎疾患の治療」が必要となるでしょう。

いずれにしても、気管は柔らかくデリケートな部分ですので、注意してあげることが大切です。

スポンサーリンク

関連記事

犬の感染症 | 症状・原因・治療など

細菌性腸炎 『細菌性腸炎(さいきんせいちょうえん)』というのは、その名の通り、細菌が原因となっ

記事を読む

犬の食道の病気 | 症状・原因・治療など

食道アカラシア 『食道アカラシア』というのは、犬の食道が異常に大きくなってしまった状態を指して

記事を読む

犬のワクチン接種について、時期、種類、費用、副作用など

犬のワクチンとは? 感染症の予防のため、愛犬にワクチンを接種させる人は少なくありません。 ま

記事を読む

犬のがん | 症状・原因・治療など

乳ガン 『乳ガン』というのは、犬の乳房や乳腺にできる腫瘍のことで、おもにメス犬が発症するもので

記事を読む

犬の内分泌の病気 | 症状・原因・治療など

糖尿病性ケトアシドーシス 『糖尿病性ケトアシドーシス』というのは、犬の糖尿病が長期化すること血

記事を読む

ハ行のワンちゃん>性格・飼い方・特徴・注意点など

パグ 『パグ』というのは、中国原産の犬種で、暑さにめっぽう弱いことでも知られている「小型犬」で

記事を読む

猫の健康チェック、早期発見の為の色々な方法をご紹介!

猫の健康チェック 猫の健康チェック項目として、口を観察するのも有効です。 しかし、普段から口

記事を読む

犬の耳の病気 | 症状・原因・治療など

外耳炎(がいじえん) 『外耳炎(がいじえん)』というのは、音の通り道となっている「外耳道」と呼

記事を読む

猫の種類・性格・飼い方・特徴・注意点など>あ行の猫

アメリカンカール 『アメリカンカール』というのは、アメリカのネコで、その名の通り外向きにカール

記事を読む

犬の目の病気 | 症状・原因・治療など

チェリーアイ 『チェリーアイ』というのは「第三眼瞼腺逸脱」とも呼ばれ、涙を作る役割を持っている

記事を読む

女性におすすめの株主優待【化粧品編】

女性のキレイをサポートする、女性にとっては毎日欠かすことのでき

女性におすすめの株主優待【食品編】

おなじみのアレが届くかも? いつもスーパーで購入している

康になりたい方必見!【ロカボマーク】って何?

健康診断で体重や高血圧がひっかかったり、また夏に向けたダイエッ

副業とパラレルキャリアって何が違うの?

いまや終身雇用が当たり前ではなくなりました。またAIの目まぐる

今、大人のライトノベルが流行っているワケ

一昔前ですと、いかにもマンガらしいのイラストが付いている文庫本

→もっと見る

PAGE TOP ↑