犬の肺の病気 | 症状・原因・治療など

公開日: : ペット,

咽頭炎

『咽頭炎(いんとうえん)』というのは、犬ののどに炎症が発生した状態のことを指しています。

咽頭炎の主な症状としては、次のようなものが挙げられます。

「咳」や「食欲不振」、「首のリンパが腫れる」、「よだれが増える」、「えづく(吐くしぐさをするが何も出ない)」、「呼吸困難」、「泣き声が変わる」などです。

「咽頭」というのは、口と食道との間にある部分で、ここに炎症ができると、痛みで食事にも支障をきたしやすくなります。

では、なぜ犬が咽頭炎になるのかというと、「毒物の吸引や吸入」、「誤飲、及び誤食によるのどの傷」、「鼻炎の波及」、「口内炎の波及」、「ジステンパー」などが原因とされていて、短頭種であれば、「咽頭軟骨の先天的異常」という場合もあるようです。

毒物の吸引や吸入、それに誤飲や誤食などは、普段から飼い主さんが気をつけてあげることが必要でしょう。

生活環境や衛生状態を整えてあげることで、かなり予防することができるはずです。

続いて、治療法についてですが、基本的には咽頭炎が単独で発症するということは考えにくく、他の疾患の周辺症状としてあらわれるものです。

そのため、原因となっている「基礎疾患の治療」を行うことが最優先となります。

具体的には、「異物の除去」や、“ネブライザー”などの器具を用いて「薬剤を吸引させる」といったことが行われます。

言うまでもないことですが、のどは食事をする上でも呼吸をする上でも、とても重要な器官ですので、苦しそうにしていれば速やかに獣医さんに連れていきましょう。

気管支炎


『気管支炎(きかんしえん)』というのは、犬の「気管」に炎症が発生した状態のことを指しています。

のどと肺を結んでいる管のことを気管と言いますが、この気管から枝分かれしている部分のことを「気管支」と呼んでいます。

気管支炎の主な症状としては、「乾いた咳」や「食欲不振」、「ぐったりして元気がない」、「呼吸困難」、「運動を嫌がる」などが挙げられます。

では、なぜ犬が気管支炎になるのかというと、その原因としては次のようなものがあります。

まずは「感染症」で、“犬アデノウイルII型”や“イヌパラインフルエンザウイルス”、“イヌヘルペスウイルス”などに感染すると、その症状の一つとして気管支を発症することがあります。

また、線虫類の幼虫が気管に入る“フィラリア症”などの「寄生虫症」が原因となるケースもあります。

それ以外にも、「異物の誤飲や吸引」などで気管に傷が付くというケースもありますから、これに関しては普段から気をつけてあげることが必要です。

続いて、気管支炎の治療法についてですが、上記の通り、他の疾病が原因となっているケースが多いですので、まずは「基礎疾患の治療」が優先されることになります。

その上で、症状を軽減させるための「対症療法」が行われるというのが、一般的な流れとなるでしょう。

異物の誤飲や吸引が原因の場合には、その異物を取り除くことも必要となります。

ですが、できるだけ誤飲などがないように、生活環境を整えてあげることが大切といえるでしょう。

気管支狭窄


『気管支狭窄(きかんしきょうさく)』というのは、犬の「気管」、または「気管支」が狭くなり、空気がうまく通過できなくなった状態のことを指しています。

気管というのは、のどと肺を結ぶ管のようなもので、そこから枝分かれしているのが気管支なのですが、これらは首の動きに合わせて変形できるよう、とても柔軟になっています。

ですから、首の動きによる損傷はないようになっているのですが、外部からの刺激には弱く容易に変形してしまうという側面も持っています。

そのために気管支狭窄も起こってしまうのですが、主な症状としては「呼吸困難」や、口内が青紫になる「チアノーゼ」などが挙げられます。

では、なぜ犬が気管支狭窄になるのかというと、まずは「気管の目詰まり」が原因として多いようです。

本来なら、気管が目詰まりすることはないはずなのですが、口に入れるべきではないものを入れてしまう“誤飲”や“誤食”によって、異物が気管や気管支に挟まってしまうのです。

これは、飼い主さんの注意で防ぐことができるでしょう。

また、気管の外側に炎症や腫瘍があると、それらが気管を圧迫することで気管支狭窄になってしまうというケースもあるようです。

続いて、治療法についてですが、気管が目詰まりしている場合なら、まずは「異物の除去」が最優先となります。

気管周辺の炎症や腫瘍が原因であれば、それら「基礎疾患の治療」が必要となるでしょう。

いずれにしても、気管は柔らかくデリケートな部分ですので、注意してあげることが大切です。

スポンサーリンク

関連記事

犬のがん | 症状・原因・治療など

乳ガン 『乳ガン』というのは、犬の乳房や乳腺にできる腫瘍のことで、おもにメス犬が発症するもので

記事を読む

犬の心臓の病気 | 症状・原因・治療など

心不全 フィラリア症の症状・原因・治療など 『心不全』というのは、犬の心臓や、心臓と関係す

記事を読む

ナ行のワンちゃん>性格・飼い方・特徴・注意点など

ナポリタン・マスティフ 『ナポリタン・マスティフ』というのは、イタリア原産の犬種で、祖先はロ

記事を読む

ラ行のワンちゃん>性格・飼い方・特徴・注意点など

ラサ・アプソ 『ラサ・アプソ』というのは、チベットが原産の犬種で、チベットの寺院では何千年もの

記事を読む

猫の種類・性格・飼い方・特徴・注意点など>さ行の猫

サイベリアン 『サイベリアン』というのは、ロシア原産のネコで、その名前は「シベリア」という意味

記事を読む

犬の食事について栄養素や注意したい事のまとめ

犬に必要な栄養素 人間が生きていくうえでは、6大栄養素と言われる炭水化物、脂質、たんぱく質、ビ

記事を読む

猫の種類・性格・飼い方・特徴・注意点など>ら行の猫

『ラガマフィン』というのは、アメリカ原産のネコで、1980年代に人為的に作り出された「長毛種」で

記事を読む

猫の去勢について、様々な観点から考えてみました

愛猫の生殖機能を人為的に奪うことへの抵抗、あるいは金銭的な理由などから、去勢・避妊手術を躊躇する

記事を読む

猫の種類・性格・飼い方・特徴・注意点など>な行の猫

『ノルウェージアンフォレストキャット』というのは、その名の通りノルウェー原産のネコで、体格も態度

記事を読む

猫の種類・性格・飼い方・特徴・注意点など>た行の猫

ターキッシュアンゴラ 『ターキッシュアンゴラ』というのは、トルコ原産の「長毛種」で、トルコでは

記事を読む

お得がいっぱい!【ふるさと納税】を利用してみよう!

ここ最近急速に認知度が高まった「ふるさと納税」。ふるさと納税と

オタク女子の婚活事情を考察

オタク女子の婚活事情 昔からアニメ・マンガ・ネットのサブカル

no image
実写化はあり?なし?実写ドラマ、映画化されたコミック

最近、人気コミックの実写化が相次いでいます。 つい最近も、人間社会に

副業したいけどばれたくない!大切なポイントまとめ

毎月の給与だけでは生活が大変だから、副業をして少しでもお金を稼

メリットがたくさん!【米国株】について紹介

米国株の魅力を知らないのは損! 米国株と聞くと、「日本株より

→もっと見る

PAGE TOP ↑