犬の泌尿器の病気 | 症状・原因・治療など

公開日: : ペット,

急性腎不全

『急性腎不全(きゅうせいじんふぜん)』というのは、犬の腎臓が突如として機能不全に陥り、身体にとって有害な物質を体外に排出できなくなってしまった状態のことを指しています。

急性腎不全になってしまった場合の主な症状としては、「食欲不振」や「嘔吐」、「下痢」、「高窒素血症」、「尿毒症」、「代謝性アシドーシス」などが挙げられます。

では、なぜ犬が急性腎不全になってしまうのかというと、主に次のような原因があります。

まずは、「腎臓そのものに異常がある」という場合です。

この場合には「腎性急性腎不全」と呼ばれることもあり、“急性腎炎“や“ネフローゼ症候群”、あるいは“薬物”や“閉塞”などによって起こるようです。

また、「腎臓への血流が悪化する」という場合もあり、「腎前性急性腎不全」と呼ばれることもあります。

これは、腎臓そのものには問題はないのに、“出血”や“大量の下痢”、“脱水“、“ショック”、“心不全”などによって腎臓に流れ込む血流が悪化することで発症します。

もう一つ、「排尿の停滞」が原因となることもあります。

これは「腎後性急性腎不全」とも呼ばれるのですが、“尿管“や“膀胱”、“尿道”が炎症を起こしたり、閉塞したりすることで発症します。

治療法については、主に症状を軽減させるための「対症療法」が中心となります。

具体的には、「輸液」や「ホルモン剤投与」、「薬剤投与」などです。

もちろん、他の疾病が原因であれば「基礎疾患の治療」が優先されることになります。

慢性腎不全


『慢性腎不全(まんせいじんふぜん)』というのは、犬の腎臓が慢性的に機能不全に陥った状態のことを指しています。

腎臓は、「ネフロン」と呼ばれる部分で尿のろ過を行っているのですが、このネフロンが徐々に壊れていき、数ヶ月~数年かけて徐々に症状が悪化していきます。

慢性腎不全になってしまった場合の主な症状としては、「食欲不振」や「体重減少」、子犬や老犬であれば「骨の弱化」、「貧血」、「高窒素血症」、そして末期になると「尿毒症」などがあらわれるようになります。

また、病気の進行具合によっては、別の症状が出ることもあるようです。

では、なぜ犬が慢性腎不全になってしまうのかというと、その原因として主に次のようなものが考えられます。

「慢性腎炎」や「水腎症」、「糖尿病」、「間質性腎炎」、「腎硬化症」、「多発性嚢胞腎」などです。

続いて、慢性腎不全の治療法についてですが、主に治療の中心となるのは「対症療法」です。

例を挙げると、「高窒素血症」を改善させるために「輸液」や「ホルモン剤投与」、「腹膜灌流(ふくまくかんりゅう)、血液透析(腎臓を模した機械に血液を流す)、「薬剤投与」といったものが行われます。

また、腎臓機能が悪化することで高血圧が発生することもありますので、その場合は血圧を安定させるために「心臓への投薬」も行われることになります。

他に、タンパク質と塩分量をコントロールした「食事療法」も用いられることが多いでしょう。

急性腎炎


『急性腎炎(きゅうせいじんえん)』というのは、犬の腎臓内部にある「糸球体(しきゅうたい)」と呼ばれる部分に、急性の炎症が発生してしまった状態のことを指しています。

また、「急性糸球体腎炎(きゅうせいしきゅうたいじんえん)」と呼ばれることもあります。

糸球体というのは、腎臓を構成している「ネフロン」という部分の内部にある、毛細血管の塊のことで、血液中の老廃物をろ過するという役割を担っています。

ですから、ここに炎症ができると、ろ過機能が落ちてしまい老廃物が血中に残ったままになってしまうのです。

急性腎炎の主な症状としては、「おしっこが減る」、「食欲不振」、「ぐったりして元気がない」、「嘔吐」、「口からのアンモニア臭」、「高窒素血症」、「尿毒症」などが挙げられます。

では、なぜ犬が急性腎炎になってしまうのかというと、その原因として「ウイルスや細菌への感染」と「毒物の摂取」が考えられます。

どちらも生活環境や衛生状態が大きく関係してきますので、普段からそれらを整えてあげるように注意しておいてあげるといいでしょう。

特に、毒物となるものを口に入れてしまわないよう気をつけておくことは大切です。

続いて、急性腎炎の治療法についてですが、別の疾病が原因の場合には、それら「基礎疾患の治療」が優先されることになります。

その上で、症状を軽減させるための「対症療法」が行われ、さらには“炭水化物“や“脂肪”など、“タンパク質以外”の「栄養補給」も重要となってきます。

スポンサーリンク

関連記事

猫の種類・性格・飼い方・特徴・注意点など>か行の猫

カラーポイントショートヘア 『カラーポイントショートヘア』というのは、「シャムネコ」と「アメリ

記事を読む

犬の皮膚病 | 症状・原因・治療など

膿皮症 『膿皮症(のうひしょう)』というのは、犬の皮膚上で菌が異常繁殖し、化膿して膿を排出して

記事を読む

猫の種類・性格・飼い方・特徴・注意点など>あ行の猫

アメリカンカール 『アメリカンカール』というのは、アメリカのネコで、その名の通り外向き

記事を読む

犬の骨の病気 | 症状・原因・治療など

股関節形成不全症 『股関節形成不全症(こかんせつけいせいふぜんしょう)』というのは、犬の“太も

記事を読む

犬の耳の病気 | 症状・原因・治療など

外耳炎(がいじえん) 『外耳炎(がいじえん)』というのは、音の通り道となっている「外耳道」と呼

記事を読む

犬の散歩>方法、注意点、など

犬の散歩をいつ行うか? 犬のしつけや健康管理の一環として、散歩を行わなければなりません。 で

記事を読む

猫アレルギーの原因、症状、治療、予防について

猫アレルギーとは何か? 猫アレルギーは比較的よく知られたアレルギーのひとつで、発症する人は少な

記事を読む

犬の肝臓の病気 | 症状・原因・治療など

慢性肝炎 『慢性肝炎(まんせいかんえん)』というのは、犬の肝臓に長期間にわたって炎症が生じてい

記事を読む

猫の殺処分を減らしたい!

安易に猫を増やさない 猫に避妊手術を受けさせ、安易に数を増やさないことが殺処分数の減少につなが

記事を読む

犬の心の病気 | 症状・原因・治療など

分離不安 『分離不安(ぶんりふあん)』というのは、犬の精神的な病のひとつで、その名の通り、

記事を読む

ルネセイコウ カラーリリィチェア CSP-320の使い勝手とは

椅子選びにお困りではありませんか。 座り心地はいいんだけど高さが

おススメ!フジ日本精糖 キープフラワーは有効か?

キープフラワーは、切り花用の活力剤です。 成分は、糖類、有機酸、

「新釈漢和 明治書院」私のおススメ辞書の感想や特徴です

漢和辞典です。 パソコン時代になっても、私のデスクには、漢和

おススメ!マルコシ商店のお取り寄せ。うに、いくら、イカ・・・

岩手県普代村に、マルコシ商店はあります。 ジャンルでいうとお魚屋

休足時間 ツボ刺激ジェルシートの効果がすばらしい

LIONの休足時間は、もうみなさま熟知の商品だと思います。 夏の

→もっと見る

PAGE TOP ↑