犬の皮膚病 | 症状・原因・治療など

公開日: : ペット,

膿皮症

『膿皮症(のうひしょう)』というのは、犬の皮膚上で菌が異常繁殖し、化膿して膿を排出してしまった状態のことを指しています。

基本的には、身体のどの部分でも発症する可能性がありますが、“顔”や“脇”、“股の内側“、“指の間”などにあらわれることが多いようです。

犬が膿皮症になってしまった場合の主な症状としては、発症初期に見られる皮膚表面の小さな発疹である「ホットスポット」や、病気が進行し病変中心部に色素が集まった「ブルアイ」、「かゆみ」、「脱毛」、「化膿」、「患部に触られるのを嫌がる」、「発熱」などが挙げられます。

では、なぜ犬が膿皮症になってしまうのかというと、その原因としては「免疫力の低下」や「栄養不良」、「ホルモン異常」、「薬物の過剰投与」、「シャンプーのしすぎ」、「ブラッシングのしすぎ」などが考えられます。

これらが原因となって「黄色ブドウ球菌」や、まれに「緑濃菌」などが異常繁殖してしまい、それによって膿皮症があらわれるのです。

続いて、膿皮症の治療法についてですが、皮膚の表面だけに発症しているようであれば、基本的には「シャンプー」で皮膚を清潔にするという方法が取られます。

そのうえで「抗生物質」を与えて、細菌の繁殖を抑えるということになるでしょう。

また、他の疾病が原因となって膿皮症になっている場合には、それら「基礎疾患の治療」が優先されることになります。

いずれにしても、菌の異常繁殖が原因ですから、皮膚を清潔にしておくことが必要といえるでしょう。

脂漏症


『脂漏症(しろうしょう)』というのは、犬の皮脂が異常分泌してしまうことによって、皮膚の角質化が進行してしまっている状態のことを指しています。

犬が脂漏性になってしまった場合の主な症状としては、「体臭の悪化」や「被毛のべとつき」、「フケの増加」、「発疹」、「脱毛」などが挙げられます。

これらの症状が見られるようになったら、脂漏性を疑って、獣医さんに相談するほうがいいでしょう。

では、なぜ犬が脂漏性になってしまうのかというと、その原因としては、「ホルモンの異常」、「脂分の多い食生活」、逆に「脂分の少ない食生活」、「内臓の障害」、「ビタミン・ミネラル不足(銅・亜鉛・ビタミンAなど)」、「アレルギー」、「ステロイドの投与」、“ヒゼンダニ”や“ツメダニ”などの「寄生虫感染」、“マラセチア”などの「真菌感染」が挙げられます。

“脂分の多い食生活”が原因となるのは容易に想像できると思いますが、逆の“脂分の少ない食生活”も、足りない脂分を補うために皮脂が過剰分泌されてしまうため脂漏性の原因となり得ます。

ほどよい食事を与えるように気をつけてあげましょう。

続いて、脂漏性の治療法についてですが、“ホルモン異常”など別の疾病が原因となっている場合には、それら「基礎疾患の治療」が優先されることになります。

また、食事中の脂分が原因であれば、「脂分の制限」や「脂分の補給」などを必要に応じて行いましょう。

他にも、「ビタミンやミネラルの補給」や、「抗脂漏シャンプー」を用いるなどの方法が取られます。

ノミ皮膚炎


『ノミ皮膚炎』というのは、ノミの唾液が原因で、患部が赤くなったりかゆくなったりする状態のことを指しています。

ノミが必ずしも犬についているとは限りませんが、もしいるのであれば、1~2ミリ程度の褐色の虫が視認できますし、ウェットティッシュなどで被毛をふき取ると赤いしみのような糞が確認できたり、0.5ミリほどの米粒を小さくしたような卵ができたりするはずです。

犬がノミ皮膚炎になってしまった場合の主な症状としては、「小さな発疹」や「局所的な脱毛」、「かゆみ」、「貧血」などが挙げられます。

上記の確認方法でノミがいることがわかり、さらにこれらの症状が見られるようになったら、ノミ皮膚炎を疑って、獣医さんに相談するほうがいいでしょう。

では、なぜ犬がノミ皮膚炎になってしまうのかというと、その原因はもちろん「ノミの寄生」です。

ただ、犬に寄生するノミの中でも代表的なものは「ネコノミ」と呼ばれている種類です。

このネコノミは、ノミ皮膚炎の原因になるばかりではなく、“ネコ条虫”を媒介することもありますし、時には人間に対しても“刺咬症“を引き起こすことがあります。

続いて、ノミ皮膚炎の治療法についてですが、最初に行われるのが症状を軽減させるための「対症療法」です。

具体的には、かゆみを抑えるための「抗掻痒薬(こうそうようやく)」や、アレルギー反応を軽減させるための「抗アレルギー薬」などが投与されます。

その上で、原因となる「ノミの駆除」が行われます。

また、ノミの駆除は予防としても大切ですので、普段から意識しておきましょう。

白癬


『白癬(はくせん)』というのは、犬の皮膚に“カビ“の一種である「真菌」が皮膚に広がった状態のことを指しています。

また、白癬になると毛が円形に抜け落ちることから、「リングワーム」と呼ばれることもあります。

犬が白癬になってしまった場合の主な症状としては、「円形の脱毛」や「脱毛部にかさぶた」ができるなどが挙げられます。

非常に特徴的な症状ですから、これらが見られる場合には、速やかに獣医さんに相談するほうがいいでしょう。

では、なぜ犬が白癬になってしまうのかというと、その原因としてあげられるのが「白癬菌との接触」です。

すでに、“イヌ小胞子菌,”や“ミクロスポラムカニス”などの「白癬菌」を保有している他の犬や猫と接触すると、感染してしまいます。

他に、“ミクロスポラムカニス”は土壌中にも石膏状小胞子菌として存在していますので、犬が地面で寝転がったり、土をほったりした時に感染するというケースもあります。

続いて、白癬の治療法についてですが、主には殺菌効果のある内服薬や外用薬など「投薬」が行われます。

また、殺菌効果のある薬剤で犬の体を洗う「薬浴」が行われることもあるようです。

さらに、病変部以外の部分に症状の長期化が見られるような場合には、「被毛の刈り取り」が行われることになります。

なお、白癬は人間にも感染する「人獣共通感染症」ですので、飼い主さんの方でもむやみに野良犬や野良猫に触らないよう、注意しておくことが必要となります。

スポンサーリンク

関連記事

猫の病気の症状と原因

猫の病気の症状や原因などの紹介を行っています。 猫は言葉を話さず、痛みもあまり訴えない動物とな

記事を読む

タ行のワンちゃん>性格・飼い方・特徴・注意点など

タイ・リッジバック・ドッグ 『タイ・リッジバック・ドッグ』というのは、タイ原産の犬種で、いつも

記事を読む

犬の性格について知っておきたい基礎知識

犬の性格は育て方で変わる 人間には性格がありますが、同じように、犬にも性格があります。 基本

記事を読む

犬の内分泌の病気 | 症状・原因・治療など

糖尿病性ケトアシドーシス 『糖尿病性ケトアシドーシス』というのは、犬の糖尿病が長期化すること血

記事を読む

猫の種類・性格・飼い方・特徴・注意点など>さ行の猫

サイベリアン 『サイベリアン』というのは、ロシア原産のネコで、その名前は「シベリア」という意味

記事を読む

猫の去勢について、様々な観点から考えてみました

愛猫の生殖機能を人為的に奪うことへの抵抗、あるいは金銭的な理由などから、去勢・避妊手術を躊躇する

記事を読む

猫の種類・性格・飼い方・特徴・注意点など>は行の猫

バーマン 『バーマン』というのは、ミャンマー原産のネコで、「ビルマ(ミャンマー)の聖猫」と呼ば

記事を読む

犬の目の病気 | 症状・原因・治療など

チェリーアイ 『チェリーアイ』というのは「第三眼瞼腺逸脱」とも呼ばれ、涙を作る役割を持っている

記事を読む

犬を飼う為に必要な基本的な費用とは?

犬を飼うための基本的な初期費用 ペットと暮らしたいと考える人は多く、最近ではさまざまな動物がペ

記事を読む

ラ行のワンちゃん>性格・飼い方・特徴・注意点など

ラサ・アプソ 『ラサ・アプソ』というのは、チベットが原産の犬種で、チベットの寺院では何千年もの

記事を読む

KOSE クリアターン エッセンスマスクで手軽に美白ケア

ウォーキングや毎日のお買い物、車の運転などなど、がっつり日焼け対策

お勧めの米!JA古川 特別栽培米ササニシキをご賞味ください

ササニシキと言えば、古川。 今は残念なことに大崎市古川になっ

お米のしらほし 新米 五百川を是非、ご賞味ください。

五百川というお米の品種を聞いた事があるでしょうか。 8月にもう新

絶倫ゴールドは女も効果バッチリ。お試しあれ!

パッケージを見たら、知ってる人が周りにいないことを確認して、買わず

ハーバー 薬用UVホワイトローション。日焼けのケアに!

夏も終わりです。 暦の上ではすでに秋です。 夏の置き土産の

→もっと見る

PAGE TOP ↑