犬を飼う為に必要な基本的な費用とは?

公開日: : ペット,

犬を飼うための基本的な初期費用

ペットと暮らしたいと考える人は多く、最近ではさまざまな動物がペットとして飼われています。
犬は特に人気があるペットで、ペットショップにいくとさまざまな犬種を見ることができます。
犬を飼うにあたってはもちろん大きな責任がともないますし、費用もかかるということを頭に入れておく必要があります。
飼いはじめてから後悔しないように、どれくらいの費用が必要になるのか知っておくようにしましょう。

犬を飼うための基本的な初期費用

犬をペットショップで購入する場合はその費用はもちろん、狂犬病予防注射や健康診断費用、混合ワクチン接種、生活用具費用、蓄犬登録費用など、必要となる費用は多岐にわたります。
これらは飼いはじめに必要となる費用で、犬の大きさによって金額は異なりますが、55,000~65,000円程度はかかると思っておいていいでしょう。
ペットショップで売られている犬の価格は犬種や店によって大きく異なりますが、おおよそ200,000円ほどはかかるとされています。
畜犬登録は法令で義務化されているので、必ず行う必要があります。
また、室内犬の場合だからと混合ワクチン接種を受けさせない人がいますが、犬の健康を守るためにも受けさせたほうがいいでしょう。
ワクチンを受ける回数や種類は犬種や飼い方によってもちがってくるので、獣医師と相談して決めていきます。
生活用具は首輪やリード、ケージ・クレート、餌皿、トイレトレー、ペットシーツ、ベッド、ハウス、サークルなどです。
それぞれリーズナブルなものから値段が張るものまでいろいろあるので、予算や好みに応じて選ぶことになります。

そのほかに必要となる費用

去勢や避妊手術を受けるかどうかは飼い主が決めることになりますが、一般的に避妊手術のほうが高額だと言われています。
去勢や避妊の手術にはメリットもあればデメリットもあるので、よく考える必要があります。
メリットのほうが大きいという意見もありますが、獣医師とよく話し合ったうえで決定することが大切といえるでしょう。

犬を飼う場合の畜犬登録の方法と費用


犬をペットとして飼う場合、飼い主は狂犬病の予防接種とともに、市区町村長に畜犬登録を行うことが義務づけられています。
登録犬の死亡や所在地の変更、飼い主の変更などがあった場合も、その都度届け出をする必要があります。
畜犬登録が行われると国や市町村長が犬の所有者を把握することができ、万が一狂犬病などが発症した場合に対処しやすくなります。

畜犬登録の方法

畜犬登録には3種類の方法があります。
ひとつ目が居住している市区町村の役所もしくは保健所で申請用紙をもらって登録する、ふたつ目が狂犬病の集合注射会場で注射をするとともに登録を済ませる、みっつ目が市区町村から委託を受けた動物病院で狂犬病の注射を受けた際に一緒に登録してもらうという方法です。
手軽に行えると言われているのが集合注射会場での畜犬登録ですが、地域によって会場は異なるので事前に確認しておく必要があります。
集合注射会場はそれほど頻繁には開催されないため、犬を飼い始めたタイミングによってはちがう方法を選ぶことになります。
畜犬登録は生後90日以上の犬に義務づけられており、狂犬病予防注射を受けてから30日以内に登録を行わなければいけないため、飼う時期によってはタイミングが合わない場合があるのです。
登録が済むと鑑札が交付されるので、犬に装着させます。

畜犬登録にかかる費用

畜犬登録に要する費用は居住地によってちがいますが、それほど大きな差はないでしょう。
ここでは、畜犬登録にかかるおおよその費用を紹介します。
新規登録手数料(鑑札交付)が3,000円、鑑札再発行手数料が1,600円、注射済票交付手数料が550円、注射済票再発行手数料が340円、集合注射狂病注射料金が2,800円程度かかります。
新規登録手数料(鑑札交付)、注射済票交付手数料、集合注射狂病注射料金ははじめて畜犬登録を行う場合に必要となり、注射済票交付手数料と集合注射狂病注射料金は毎年必要となる費用です。

犬の狂犬病予防注射の内容と費用


日本では狂犬病予防法が制定される1950年以前には狂犬病を発症した犬が多くいて、人間が感染して死に至るケースもありました。
しかし法整備がされ、野良犬の抑留や予防注射、犬の登録が行われるようになり、短期間で狂犬病はなくなったのです。
現代の日本では狂犬病の発症例は確認されていませんが、日本周辺国ではまだ狂犬病の脅威は依然としてあることから、もしもの事態に備えて狂犬病予防注射の徹底は必要だと言えます。

狂犬病とは

狂犬病は犬だけでなく、人間を含むほ乳類全般が発症する可能性を秘めた病気だと言われています。
狂犬病にかかった動物、アジア圏では主に犬に噛まれた箇所から唾液に含まれるウイルスが体内に入り込みます。
普通は人間から人間へと感染することはなく、感染者を介して感染範囲が広がることはありません。
しかしひとたび発症すると、ほぼ100%死亡に至ると言われているほど致死性のある恐ろしい感染症です。

狂犬病予防注射の時期と費用

犬を飼いはじめた日から30日以内に、犬の所在地を管轄する市区町村に申請して鑑札の交付を受けることが法令で定められています。
生後90日以内の犬を飼いはじめた場合は、生後90日を経過した日に行います。
狂犬病予防注射は、91日以上の犬を飼っている人は毎年1回、4~6月の間に行う必要があります。
狂犬病予防注射を受けると注射済票がわたされるので、それを犬に装着させます。
これは室内のみで飼育する犬であっても、かわりありません。
狂犬病予防注射は自治体や動物病院によって費用が異なりますが、3,000~3,500円程度であることがほとんどです。
また、病気の発症を予防するために犬に混合ワクチンをうつことが推奨されていますが、狂犬病予防注射とは別にうつのが一般的です。
万が一アレルギー反応が起きてしまった場合、狂犬病予防注射と混合ワクチンのどちらが原因なのか明確にするためです。
狂犬病予防注射のタイミングや費用に関しては、獣医師などにあらかじめ聞いておくと安心です。

犬の健康診断の時期と費用


家族の一員として一緒に暮らす犬には、健康で長生きしてほしいと誰もが思うことでしょう。
愛犬の健康維持のため、健康診断を受けさせるという人が増えています。
犬のための健康診断とは、どういった内容でどれくらいの費用がかかるのでしょうか。

健康診断の時期

健康診断は、できるだけ子犬のころから受けることが望ましいといわれています。
年齢を重ねていくにつれて体の不調はでやすくなるものですが、子犬であっても病気を発症する可能性はあるので、できるだけ早い段階で獣医師に診てもらうといいでしょう。
人間と同じで若いときほど病気の進行は早い傾向にあるので、健康診断で早めに問題を見つけ出すことは大切なのです。
血液検査などを含む本格的な健康診断の場合、若いころは1年に一度、シニア期は半年に一度は受けたほうがいいと言われています。
それ以外でも、触診などのかんたんな検査はこまめに受けておくと安心でしょう。

健康診断の費用

健康診断は簡易的なものから本格的なものまでさまざまな種類があり、かかる費用も大きくちがってきます。
触診や検温、問診などのかんたんな内容で、かかりつけの病院がある場合は、1000~2000円ほどで済むでしょう。
より詳細に健康状態を調べるためには、検便や検尿、超音波検査、血液検査などが必要となります。
血液検査の多くは調査項目が選択可能で、当然ながら項目が多いほど費用も高くなります。
価格は5,000~15,000円ほどが多いでしょう。
追加検査として血圧測定や心電図検査、レントゲン検査などを受ける必要がある場合もあります。
その場合は、その分の料金が加算されます。
最近はドッグドックという全身の健康状態を確認するための健康診断を行う動物病院が増えています。
多くが完全予約制で、費用は動物病院によってまちまちですが、15,000~20,000円くらいにしている病院が多いでしょう。
全身をくまなく調べれもらえるので、愛犬の健康のため受けさせてみるといいかもしれません。

犬の混合ワクチン接種の種類と費用


大切な愛犬を病気から守るためには、ワクチン接種は重要だと言われています。
犬の混合ワクチンにはどんな種類があり、どれくらい費用がかかるのでしょうか。

混合ワクチン接種とは

混合ワクチン接種は犬が発症しやすい病気に対する免疫力を、事前に向上させるための注射です。
生後まもなくの子犬は母親から受けた受動免疫と呼ばれる病気への抵抗力を備えていますが、乳離れするころにはこの免疫力が少しずつ落ちていきます。
免疫力が低下すると、インフルエンザやアデノウイルスI型、同II型、ジステンパー、パルボウイルス、レプトスピラ、伝染性肝炎、パラインフルエンザなどの感染症への感染リスクが高まります。
こういった感染症に対抗するための、混合ワクチンを接種する必要があるのです。

混合ワクチン接種のタイミングと費用

混合ワクチン接種は生後50日ころに1度目、生後80~90日ころに2度目の接種をするのがいいとされています。
それ以降は、1年に1度受ければ問題ありません。
ワクチンの接種費用は動物病院によって異なりますが、2種~4種の場合は6,000円程度、5種の場合は7,000円程度、8種の場合は8,000円程度であることが多いでしょう。
単品ワクチンの費用も動物病院によって差がありますが、5,000円以内で済むことがほとんどです。

混合ワクチンの数

ワクチンの混合数は、多ければ多いほどよいというものではありません。
5種混合や8種混合などいろいろなものがありますが、感染や致死の可能性が高い病気やワクチンの効果が出やすい病気、副作用があまり見られないものを混合したもののことを言います。
飼育環境によっても推奨されるワクチンは変わってくるので、信頼できる獣医師としっかり相談してなにを接種するか決めることが大切です。
やっかいな伝染病への感染を予防し、ほかの犬や猫へ感染させないためにもワクチン接種は非常に大切なので、きちんと受けるようにしましょう。

犬のしつけ教室の内容と費用


犬と生活するうえで、避けて通れないのが犬へのしつけです。
しつけに失敗すると吠え癖やかみ癖など、さまざまな問題行動を起こすようになってしまいます。
子犬のころはなにがよくて、なにが悪いことなのかわかっていません。
そのため、子犬のころに間違ったしつけをすると、そのまま矯正されずに成長してしまうということもあり得ます。
しかしはじめて犬を飼う場合、どうやってしつけをしたらいいのかわからないという人も多いでしょう。
そんなときに便利なのが、犬のしつけ教室です。

しつけ教室の内容

ドッグスクールなどで開催されているしつけ教室には、大きく分けてプライベートレッスンとグループレッスンの2種類があります。
プライベートレッスンはマンツーマンのしつけ教室で、飼い主や愛犬に合った内容のレッスンを受けることができる点が人気です。
教室によっては、トレーナーを自宅に招く出張レッスンを行っているところもあります。
また、飼い主の都合に合わせて日程を組むことができるので、忙しい人でも通いやすいのが魅力です。
一方のグループレッスンはほかの犬や人と接することになるので、自然と社会性が身につくと言われています。
大勢の犬がまわりにいても、飼い主に注目し指示をあおげるかといった練習にもなります。

しつけ教室の料金

ドックスクールやコースによってかかる費用は変わってきますが、1回あたり4,000~6,000円程度と思っておけばいいでしょう。
ただし、しつけ教室は1度参加したからといって、確かな効果が得られるわけではありません。
そのため、ほとんどのドッグスクールでは1ヶ月、2ヶ月、3ヶ月などの単位でコースを展開しています。
1ヶ月あたりの料金はまちまちですが、だいたい50,000~70,000円くらいが多いでしょう。
これは小型犬の場合で、中型犬や大型犬の場合は料金が割増になることもあるので、注意が必要です。
また、警察犬協会の訓練所の場合は比較的リーズナブルな価格で、訓練を受けることができます。

オス犬の去勢のメリットと手術費用


すべてのオス犬に推奨されるわけではありませんが、獣医などに去勢をすすめられることがあります。
また、去勢手術をすることによって得られるメリットもあるので、愛犬に受けさせるという人もいるようです。
どういった場合に去勢手術が必要で、どれくらいの費用がかかるのでしょうか。

去勢手術が必要なオス犬

陰嚢に睾丸が片方あるいは両方降りていない場合は、去勢したほうがいいと言われています。
通常、精巣は胎児のときは腹腔の腎臓の後方にあり、少しずつ移動して陰嚢内部に入り込みます。
にも関わらず生後数ヶ月後にも腹腔内にあって、陰嚢に降りてこないことがあります。
腹腔内の精巣は腫ように変化しやすく、女性ホルモン疾患に陥ることもあるので早めに除去することが望ましいのです。

去勢手術を行うメリット

去勢を早い段階で行うと、年を取ったときに発症しやすい病気を予防することができます。
前立腺肥大や肛門周囲線種の予防には特に効果があるといわれているため、愛犬を病気から守るために手術を受けさせる飼い主は少なくありません。
さらに、会陰ヘルニアや睾丸腫ようなどの予防にもつながると言われています。
また、子犬の段階で去勢をすると、マーキングや排尿時の足上げなどをしなくなります。
ただし、大人になってから去勢処置を行った場合は、必ずしもこういった行為がなくなるとは限りません。

去勢手術にかかる費用

動物病院や犬の大きさによって、必要となる料金はちがってきます。
開腹はしない分、メスの避妊手術と比べてオスの去勢手術のほうが安いことがほとんどです。
どれくらいの期間入院するかによっても料金は変わってきますが、15キロ未満であれば15,000~20,000円程度と見ておけばいいでしょう。
これより安く済む場合もあれば、高くなることもあるので、あらかじめ動物病院に確認しておくと安心です。
ほとんどの動物病院では電話での問い合わせに対応しているはずなので、不安な場合は事前に料金や内容を聞いておくようにしましょう。

メス犬の避妊のメリットと手術費用


メス犬への避妊手術は、オス犬の去勢手術とはちがって、開腹がともないます。
そのリスクを回避するために行わない人も多いですが、手術によるメリットもあります。
そのため、それを踏まえたうえで十分に検討する必要があります。
どんなメリットがあるのか、必要となる費用も含めて知っておくといいでしょう。

避妊手術のメリット

避妊手術を行うと卵巣腫ようや子宮蓄膿症、乳腺腫ようなどの疾患を防ぐことができます。
これらの疾患のなかで子宮蓄膿症は発症しやすい傾向にある疾患で、発症すると子宮内部に膿が蓄積します。
子宮蓄膿症は出産したことがない7歳以上のメス犬で、ヒート後1ヶ月程度で発症する傾向にあります。
進行が早い場合だと、2週間以内に腎不全が発生して死亡に至ることもあります。
すべてのメス犬が発症するというわけではありませんが、避妊手術を行えばそういったリスクはゼロになります。
手術方法は子宮のみを摘出する方法と、卵巣と子宮の両方を摘出する方法があります。
どちらの方法を選択するかは動物病院の方針や犬の状態によって変わってきます。
卵巣と子宮の両方を摘出する方法は卵巣腫ようの予防とはならないため、それが目的で受ける場合は事前に確認が必要です。

避妊手術にかかる費用

オス犬が受ける去勢手術と同じように、避妊手術も犬のサイズによってかかる料金もちがってきます。
オス犬の去勢手術は開腹がありませんが、避妊手術の場合は開腹をともないます。
そのため、その分料金が高く設定されていることがほとんどです。
費用は病院によっても差がありますが、20,000~30,000円程度と思っておけばいいでしょう。
避妊手術をするのに最適なのは生後5~7ヶ月とされていますが、獣医の方針によってはヒート後の施術をすすめられることもあります。
料金や手術の方法、手術の時期などは、あらかじめ獣医師の説明をきいておき、納得したうえで愛犬に手術を受けさせるようにしましょう。

スポンサーリンク

関連記事

タ行のワンちゃん>性格・飼い方・特徴・注意点など

タイ・リッジバック・ドッグ 『タイ・リッジバック・ドッグ』というのは、タイ原産の犬種で、いつも

記事を読む

猫のトイレの上手なしつけと手順について

猫は犬などと比べて、トイレを覚えやすいと言われています。 そのため、はじめて猫を飼う人でも比較

記事を読む

猫の去勢について、様々な観点から考えてみました

愛猫の生殖機能を人為的に奪うことへの抵抗、あるいは金銭的な理由などから、去勢・避妊手術を躊躇する

記事を読む

猫の種類・性格・飼い方・特徴・注意点など>な行の猫

『ノルウェージアンフォレストキャット』というのは、その名の通りノルウェー原産のネコで、体格も態度

記事を読む

犬の心臓の病気 | 症状・原因・治療など

心不全 フィラリア症の症状・原因・治療など 『心不全』というのは、犬の心臓や、心臓と関係す

記事を読む

犬の寄生虫 | 症状・原因・治療など

犬回虫症 『犬回虫症(いぬかいちゅうしょう)』というのは、“線虫(せんちゅう)“に属する寄生虫

記事を読む

愛犬を暑さ、寒さ、災害から守る為の基礎知識

愛犬を寒さから守る対策 犬は寒さに強いと言われていますが、寒すぎる環境は犬の健康に悪影響を及ぼ

記事を読む

猫アレルギーの原因、症状、治療、予防について

猫アレルギーとは何か? 猫アレルギーは比較的よく知られたアレルギーのひとつで、発症する人は少な

記事を読む

猫の健康チェック、早期発見の為の色々な方法をご紹介!

猫の健康チェック 猫の健康チェック項目として、口を観察するのも有効です。 しかし、普段から口

記事を読む

猫のワクチン接種 健康維持や病気予防のためのワクチン接種とは

猫の健康維持のや病気予防のため、ワクチン接種が推奨されています。 接種するかどうか決めるために

記事を読む

no image
実写化はあり?なし?実写ドラマ、映画化されたコミック

最近、人気コミックの実写化が相次いでいます。 つい最近も、人間社会に

副業したいけどばれたくない!大切なポイントまとめ

毎月の給与だけでは生活が大変だから、副業をして少しでもお金を稼

メリットがたくさん!【米国株】について紹介

米国株の魅力を知らないのは損! 米国株と聞くと、「日本株より

知らなきゃ損!【個人型確定拠出年金】とは?

最近「個人型確定拠出年金」という言葉を耳にする方も多いかと思い

女性におすすめの株主優待【化粧品編】

女性のキレイをサポートする、女性にとっては毎日欠かすことのでき

→もっと見る

PAGE TOP ↑