犬の骨の病気 | 症状・原因・治療など

公開日: : ペット,

股関節形成不全症

『股関節形成不全症(こかんせつけいせいふぜんしょう)』というのは、犬の“太ももの骨”と“骨盤”をつないでいる、股関節の形が先天的に異常な状態のことを指しています。

最近では「股異形成(こいけいせい)」と呼ばれることもあるようです。

先天的な異常ではあるのですが、子犬の頃はハッキリとした症状を示すことは少なく、生後6ヶ月頃から徐々にその徴候が見られるようになります。

股関節形成不全症になってしまった場合の主な症状としては、「歩行時に腰が左右に揺れる」、「うさぎ跳びやスキップのようなしぐさになる」、「後足をうまく折りたためない」、「運動を嫌う」、「股関節の脱臼」などが見られます。

では、なぜ犬が股関節形成不全症になってしまうのかというと、そのほとんどは「遺伝」が原因となっています。

また、犬の場合、生後60日の間に骨が急速に成長するのですが、この時期に股関節に加わっている力が骨盤の形成に影響するようです。

ですから、「肥満」や「過度の運動」なども、股関節形成不全症の原因となり得ます。

続いて、股関節形成不全症の治療法についてですが、まだ成長期で症状も軽いものであれば「安静療法」ということで、運動を抑え、悪化の防止を狙います。

ですが、ある程度症状が進行してしまっているようなら、“抗炎症薬”や“鎮痛薬”などの「投薬治療」が行われます。

さらに、投薬で効果がなければ「外科治療」ということになるでしょう。

人工関節を使うという治療法もありますが、日本では、まだあまり普及していないようです。

骨粗しょう症


『骨粗しょう症(こつそしょうしょう)』というのは、犬の“骨の密度”が、病的に低くなってしまっている状態のことを指しています。

人間の骨粗しょう症と同じようなものと考えていいでしょう。

一般的には、犬が7歳を超えて“老境”に入ったタイミングで発症することが多いようです。

骨粗しょう症の主な症状としては、「動きがのろい」、「運動を嫌がる」、「動きが固い」、「関節痛」などが見られ、生後6~8週ごろの“若年性骨粗しょう症”の場合には「O脚」になることもあります。

では、なぜ犬が骨粗しょう症になってしまうのかというと、主な原因としては「加齢」が挙げられます。

どうしても年齢が高くなると新陳代謝が落ちてしまい、骨を新たに作るよりも分解する速度の方が速くなるので徐々に骨が削られていくのです。

また、「運動不足」や「栄養不足」が影響することもあります。

栄養に関しては、“カルシウム”が必要なことはもちろんですが、カルシウムを吸収しやすくする“ビタミンD”が不足すると骨粗しょう症になりやすいですので、注意が必要です。

続いて、治療法についてですが、上記の原因を見てもわかるように、「運動療法」と「食事療法」が必要となります。

運動によって骨に刺激が与えられると、骨の分解が抑制されますので、骨粗しょう症の治療にも有効ということになります。

他に、「副甲状腺機能亢進症」が原因となっているケースもありますので、この場合はそちらの治療を併せて行う必要があります。

重症筋無力症


『重症筋無力症(じゅうしょうきんむりょくしょう)』というのは、犬の神経から筋肉に対する指令がうまく伝わらなくなり、筋肉の疲労や脱力がおこってしまう状態のことを指しています。

もう少し詳しく言うと、“アセチルコリン“という神経伝達物質を、神経と筋肉の間で上手に受け渡しできなくなる病気です。

メカニズムとしては、本来であれば体内に入ってきた異物を攻撃するはずの免疫システムが、自分の筋肉を攻撃してしまうというものですので、自己免疫疾患の一種とみなされています。

重症筋無力症の主な症状としては、「筋力の低下」、「食べるのが遅い」、「まぶたが落ちて眠そうな顔」、「ふらふら歩く」、「朝よりも夕方の方が症状が重い」、「食道アカラシア」などが見られます。

では、なぜ犬が重症筋無力症になってしまうのかというと、その原因は「遺伝」によるものだと考えられています。

特に、「ジャックラッセルテリア」や「スプリンガースパニエル」、それに「スムースフォックステリア」などの犬種に多いという傾向があります。

続いて、重症筋無力症の治療法についてですが、基本的には「投薬治療」が効果的なようです。

「コリンエステラーゼ阻害剤」や「免疫抑制薬」、それに「コルチコステロイド」などを投与することで改善が見られます。

また、重症筋無力症は食道アカラシアを併発することが多いですので、「誤嚥性肺炎」を防ぐために、食器を高い位置に固定したり、食後10分程度は頭が下がらないようにするなどの工夫も必要です。

スポンサーリンク

関連記事

ア行のワンちゃん>性格・飼い方・特徴・注意点など

アイリッシュ・ウォーター・スパニエル 『アイリッシュウォータースパニエル』というのは、アイル

記事を読む

犬を迎える為に知っておきたい基礎知識

愛犬の名前を決める重要性や名前を決めるコツ 犬を飼ったらまず何をすべきか。 しつけをして、基

記事を読む

タ行のワンちゃん>性格・飼い方・特徴・注意点など

タイ・リッジバック・ドッグ 『タイ・リッジバック・ドッグ』というのは、タイ原産の犬種で、いつも

記事を読む

猫の病気の症状と原因

猫の病気の症状や原因などの紹介を行っています。 猫は言葉を話さず、痛みもあまり訴えない動物とな

記事を読む

猫の爪とぎの理由と問題点としつけ方、防ぎ方

猫が爪をとぐのは本能的な行動で、程度の差はあるものの多くの猫に見られます。 なぜ猫は爪をとぐの

記事を読む

ワ行のワンちゃん>性格・飼い方・特徴・注意点など

ワイアー・フォックス・テリア 『ワイアー・フォックス・テリア』というのは、イギリス原産の犬種で

記事を読む

犬の食道の病気 | 症状・原因・治療など

食道アカラシア 『食道アカラシア』というのは、犬の食道が異常に大きくなってしまった状態を指して

記事を読む

猫の殺処分を減らしたい!

安易に猫を増やさない 猫に避妊手術を受けさせ、安易に数を増やさないことが殺処分数の減少につなが

記事を読む

マ行のワンちゃん>性格・飼い方・特徴・注意点など

マスティフ 『マスティフ』というのは、イギリス原産の犬種で、もの静かで観察力に優れ、いつでも沈

記事を読む

犬のワクチン接種について、時期、種類、費用、副作用など

犬のワクチンとは? 感染症の予防のため、愛犬にワクチンを接種させる人は少なくありません。 ま

記事を読む

「自殺―生き残りの証言 矢貫隆著 文春文庫」私のおススメ本の感想や特徴です

人間は、死ぬ時がくるまで死ねません。 それがいつかかなんてだ

ネムリエール。出産祝いの贈り物にいかがですか?

赤ちゃんは、おかあさんの胎内で、おかあさんの心臓の音を聴きながら、

《SEIKO メトロノーム 振り子式スタンダード》私のおススメ商品の感想や特徴です

昔、お友達の家に行くと、ピアノは赤いビロードの布で覆われていて、そ

無塩温麺 はたけなか製麺はお子様や食事制限のある方にも安心

『無塩』という選択。 乾麺市場ででも減塩に対するニーズが年々高ま

おススメ 260匁 蒸しタオル~日本製はタオルのコシが違う

床屋さんのスチームタオルとしてよく見かけるかと思います。 プロが

→もっと見る

PAGE TOP ↑