犬の寄生虫 | 症状・原因・治療など

公開日: : ペット,

犬回虫症

『犬回虫症(いぬかいちゅうしょう)』というのは、“線虫(せんちゅう)“に属する寄生虫の一種、「回虫(かいちゅう)」によって引き起こされる病気のことを指しています。

回虫というのは、犬だけでなく人間やネコなど、哺乳類の小腸に寄生しているもので、ミミズに似た体型を持っています。

犬が回虫症になってしまった場合の主な症状としては、「食欲不振」や「下痢」、「嘔吐」、「腹痛」、「腹部のふくらみ」、「子犬の発育不良」、「体重減少」、「貧血」、「毛づやの悪化」などが挙げられ、時にはひものような回虫を吐き出すこともあるようです。

これらの症状が見られるようになったら、犬回虫症を疑って、獣医さんに相談するほうがいいでしょう。

犬回虫症の原因は、言うまでもなく回虫が寄生してしまうことなのですが、その感染経路には、大きく分けて2通りあると考えられています。

1つ目は「経口感染」で、他の犬の糞便を食べてしまうことで感染するというものです。

2つ目は「垂直感染」で、すでに感染している母犬から胎盤を経由して子犬に回虫が伝染ってしまうというものです。

続いて、犬回虫症の治療法についてですが、基本的には「駆虫薬」が投与されることになります。

通常は、与してから2週間くらいで、もう一度検査を行い、必要であれば再度投薬されるという手順を踏むことになります。

確実に駆除できるよう、徹底しておくことが大切といえるでしょう。

また、他の犬の糞便を食べてしまわないよう、散歩の時などに注意しておくことも大切です。

フィラリア症


『フィラリア症』というのは、寄生虫の一種である「フィラリア」が原因となって引き起こされる症状全般のことを指しています。

一般的には、「犬糸状虫(いぬしじょうちゅう)」と呼ばれる、犬の心臓と肺動脈に寄生するものがよく知られています。

犬のフィラリア症には、“急性”と“慢性”の2種類があり、それぞれに症状も異なります。

まず「急性フィラリア症」は、「大静脈症候群,」や「ベナカバシンドローム」などと呼ばれることもあるのですが、主な症状としては、「赤褐色の尿」、「元気が無くなる」、「黄疸」、「呼吸困難」などが挙げられ、放置していると死に至ります。

また「慢性フィラリア症」の方では、気管支静脈の血流悪化による「咳」、「息切れ」、「散歩を嫌がる」、「肝臓や腎臓の障害」、「腹水」、「水を異常にほしがる」、「四肢のむくみ」などが挙げられます。

これらの症状が見られるようになったら、フィラリア症が疑われますので、獣医さんに相談するほうがいいでしょう。

では、なぜ犬がフィラリア症になってしまうのかというと、その原因は「蚊による感染」です。

主に「トウゴウヤブカ」や「コガタアカイエカ」、「ヒトスジシマカ」などが媒介となっていますので、室内犬よりも「屋外飼育」されている犬のほうが感染率は高くなります。

続いて、フィラリア症の治療法についてですが、基本的には「駆虫薬」の投与が行われます。

急性フィラリア症の場合は、一刻を争いますので「外科手術」でフィラリア虫を駆除します。

「予防薬」もありますので、犬の体重に合わせて適切なものを、獣医さんの指示に従って投与しましょう。

犬鞭虫症


『犬鞭虫症(いぬべんちゅうしょう)』というのは、寄生虫の一種である「鞭虫(べんちゅう)」が原因となって引き起こされる症状全般のことを指しています。

鞭虫というのは、長さ4cmほどの寄生虫で、頭に行くほど細くなり、まるで鞭のように見えることから、この名前がついたとされています。

犬が鞭虫症になってしまった場合の主な症状としては、「慢性的な下痢」や「粘液便」、「食欲不振」、「腹痛」、「貧血」、「体重減少」、「毛づやの悪化」などが挙げられますが、寄生している鞭虫が少量で免疫力が正常な場合には、「無症状」ということも少なくはありません。

逆に言えば、これらの症状が出ている場合は、かなりの鞭虫が寄生しているか、免疫力が落ちてしまっているということですから、早急に獣医さんに相談するほうがいいでしょう。

では、なぜ犬が鞭虫症になってしまうのかというと、それは主に「経口感染」によると考えられています。

具体的には、他の犬の糞便を食べてしまうことで、鞭虫が体内に入ってしまうのです。

ですから、「他の犬の糞便との接触を避ける」ことが大きな予防策ということになります。

散歩中、犬が不用意に不潔なものに近づかないよう、常に注意しておくことが大切といえるでしょう。

また、鞭虫が寄生してしまっている場合の治療法としては、「駆虫薬」の投与が中心となります。

基本的には、それで除去できるはずですが、投与後、2週間くらいでもう一度検査を行い、必要であれば再投与が行われます。

スポンサーリンク

関連記事

タ行のワンちゃん>性格・飼い方・特徴・注意点など

タイ・リッジバック・ドッグ 『タイ・リッジバック・ドッグ』というのは、タイ原産の犬種で、いつも

記事を読む

犬の内分泌の病気 | 症状・原因・治療など

糖尿病性ケトアシドーシス 『糖尿病性ケトアシドーシス』というのは、犬の糖尿病が長期化すること血

記事を読む

猫の噛み癖の原因や対処法について

猫の噛み癖の原因や対処法について さまざまな原因で、猫が人に噛みつくことがあります。 そうい

記事を読む

犬を迎える為に知っておきたい基礎知識

愛犬の名前を決める重要性や名前を決めるコツ 犬を飼ったらまず何をすべきか。 しつけをして、基

記事を読む

猫の爪とぎの理由と問題点としつけ方、防ぎ方

猫が爪をとぐのは本能的な行動で、程度の差はあるものの多くの猫に見られます。 なぜ猫は爪をとぐの

記事を読む

猫を飼う前に知っておきたい基礎知識

猫を買う前に確認しとく事:家族・経済的・アレルギーetc. 猫を飼いたいと思った場合、なにから

記事を読む

犬の皮膚病 | 症状・原因・治療など

膿皮症 『膿皮症(のうひしょう)』というのは、犬の皮膚上で菌が異常繁殖し、化膿して膿を排出して

記事を読む

犬のがん | 症状・原因・治療など

乳ガン 『乳ガン』というのは、犬の乳房や乳腺にできる腫瘍のことで、おもにメス犬が発症するもので

記事を読む

サ行のワンちゃん>性格・飼い方・特徴・注意点など

サセックス・スパニエル 『サセックス・スパニエル』というのは、イギリス原産の犬種で、一度は絶

記事を読む

ハ行のワンちゃん>性格・飼い方・特徴・注意点など

パグ 『パグ』というのは、中国原産の犬種で、暑さにめっぽう弱いことでも知られている「小型犬」で

記事を読む

『灸美人』 家庭で、自分で、一人で、簡単にできるお灸です

家庭で、自分で、一人で、簡単にできるお灸です。 疲れ切っているの

ベイシック 透明ジェルでオリジナル化粧水を手作りしよう

これは、手作り化粧水のすべての基礎になるジェルです。 これを使っ

おススメ!魔法のバイオ消臭ケスコ 介護のニオイでお悩みの方に!

在宅介護しています。 お布団は、デイサービスやショートスティ

JAいわでやま 凍み豆腐(しみどうふ)のご紹介!

宮城県大崎市岩出山の凍み豆腐です。 凍み豆腐。一見、高野豆腐とな

奥田産業の黒だし 絶対おススメの絶品だし!

黒だしは、女優の熊谷真実ちゃんから教えてもらいました。 真実ちゃ

→もっと見る

PAGE TOP ↑