犬の寄生虫 | 症状・原因・治療など

公開日: : ペット,

犬回虫症

『犬回虫症(いぬかいちゅうしょう)』というのは、“線虫(せんちゅう)“に属する寄生虫の一種、「回虫(かいちゅう)」によって引き起こされる病気のことを指しています。

回虫というのは、犬だけでなく人間やネコなど、哺乳類の小腸に寄生しているもので、ミミズに似た体型を持っています。

犬が回虫症になってしまった場合の主な症状としては、「食欲不振」や「下痢」、「嘔吐」、「腹痛」、「腹部のふくらみ」、「子犬の発育不良」、「体重減少」、「貧血」、「毛づやの悪化」などが挙げられ、時にはひものような回虫を吐き出すこともあるようです。

これらの症状が見られるようになったら、犬回虫症を疑って、獣医さんに相談するほうがいいでしょう。

犬回虫症の原因は、言うまでもなく回虫が寄生してしまうことなのですが、その感染経路には、大きく分けて2通りあると考えられています。

1つ目は「経口感染」で、他の犬の糞便を食べてしまうことで感染するというものです。

2つ目は「垂直感染」で、すでに感染している母犬から胎盤を経由して子犬に回虫が伝染ってしまうというものです。

続いて、犬回虫症の治療法についてですが、基本的には「駆虫薬」が投与されることになります。

通常は、与してから2週間くらいで、もう一度検査を行い、必要であれば再度投薬されるという手順を踏むことになります。

確実に駆除できるよう、徹底しておくことが大切といえるでしょう。

また、他の犬の糞便を食べてしまわないよう、散歩の時などに注意しておくことも大切です。

フィラリア症


『フィラリア症』というのは、寄生虫の一種である「フィラリア」が原因となって引き起こされる症状全般のことを指しています。

一般的には、「犬糸状虫(いぬしじょうちゅう)」と呼ばれる、犬の心臓と肺動脈に寄生するものがよく知られています。

犬のフィラリア症には、“急性”と“慢性”の2種類があり、それぞれに症状も異なります。

まず「急性フィラリア症」は、「大静脈症候群,」や「ベナカバシンドローム」などと呼ばれることもあるのですが、主な症状としては、「赤褐色の尿」、「元気が無くなる」、「黄疸」、「呼吸困難」などが挙げられ、放置していると死に至ります。

また「慢性フィラリア症」の方では、気管支静脈の血流悪化による「咳」、「息切れ」、「散歩を嫌がる」、「肝臓や腎臓の障害」、「腹水」、「水を異常にほしがる」、「四肢のむくみ」などが挙げられます。

これらの症状が見られるようになったら、フィラリア症が疑われますので、獣医さんに相談するほうがいいでしょう。

では、なぜ犬がフィラリア症になってしまうのかというと、その原因は「蚊による感染」です。

主に「トウゴウヤブカ」や「コガタアカイエカ」、「ヒトスジシマカ」などが媒介となっていますので、室内犬よりも「屋外飼育」されている犬のほうが感染率は高くなります。

続いて、フィラリア症の治療法についてですが、基本的には「駆虫薬」の投与が行われます。

急性フィラリア症の場合は、一刻を争いますので「外科手術」でフィラリア虫を駆除します。

「予防薬」もありますので、犬の体重に合わせて適切なものを、獣医さんの指示に従って投与しましょう。

犬鞭虫症


『犬鞭虫症(いぬべんちゅうしょう)』というのは、寄生虫の一種である「鞭虫(べんちゅう)」が原因となって引き起こされる症状全般のことを指しています。

鞭虫というのは、長さ4cmほどの寄生虫で、頭に行くほど細くなり、まるで鞭のように見えることから、この名前がついたとされています。

犬が鞭虫症になってしまった場合の主な症状としては、「慢性的な下痢」や「粘液便」、「食欲不振」、「腹痛」、「貧血」、「体重減少」、「毛づやの悪化」などが挙げられますが、寄生している鞭虫が少量で免疫力が正常な場合には、「無症状」ということも少なくはありません。

逆に言えば、これらの症状が出ている場合は、かなりの鞭虫が寄生しているか、免疫力が落ちてしまっているということですから、早急に獣医さんに相談するほうがいいでしょう。

では、なぜ犬が鞭虫症になってしまうのかというと、それは主に「経口感染」によると考えられています。

具体的には、他の犬の糞便を食べてしまうことで、鞭虫が体内に入ってしまうのです。

ですから、「他の犬の糞便との接触を避ける」ことが大きな予防策ということになります。

散歩中、犬が不用意に不潔なものに近づかないよう、常に注意しておくことが大切といえるでしょう。

また、鞭虫が寄生してしまっている場合の治療法としては、「駆虫薬」の投与が中心となります。

基本的には、それで除去できるはずですが、投与後、2週間くらいでもう一度検査を行い、必要であれば再投与が行われます。

スポンサーリンク

関連記事

犬の内分泌の病気 | 症状・原因・治療など

糖尿病性ケトアシドーシス 『糖尿病性ケトアシドーシス』というのは、犬の糖尿病が長期化すること血

記事を読む

犬の殺処分を減らしたい

飼い主が犬を捨てる理由とは・・・ 道端や公園などで、犬が捨てられているのをよく見かけます。

記事を読む

犬の食事>ドッグフードの知識を持ってますか?

成分一覧 ペットショップなどで売られているドッグフードには、成分表が記載されています。 肉な

記事を読む

愛犬を暑さ、寒さ、災害から守る為の基礎知識

愛犬を寒さから守る対策 犬は寒さに強いと言われていますが、寒すぎる環境は犬の健康に悪影響を及ぼ

記事を読む

犬の鼻の病気 | 症状・原因・治療など

鼻炎 『鼻炎』というのは、犬の鼻の中の粘膜に炎症が発生した状態のことを指しています。 人

記事を読む

犬の口の病気 | 症状・原因・治療など

歯周病 『歯周病(ししゅうびょう)』というのは、犬の歯の表面などで細菌が毒素を作り出し、その結

記事を読む

犬の泌尿器の病気 | 症状・原因・治療など

急性腎不全 『急性腎不全(きゅうせいじんふぜん)』というのは、犬の腎臓が突如として機能不全に陥

記事を読む

猫の噛み癖の原因や対処法について

猫の噛み癖の原因や対処法について さまざまな原因で、猫が人に噛みつくことがあります。 そうい

記事を読む

猫アレルギーの原因、症状、治療、予防について

猫アレルギーとは何か? 猫アレルギーは比較的よく知られたアレルギーのひとつで、発症する人は少な

記事を読む

犬のしつけの基本や状況別対処法のまとめ

犬の最も基本的なしつけ トイレの場所を覚えさせる トイレの場所を覚えさせることも、しつけの一

記事を読む

「自殺―生き残りの証言 矢貫隆著 文春文庫」私のおススメ本の感想や特徴です

人間は、死ぬ時がくるまで死ねません。 それがいつかかなんてだ

ネムリエール。出産祝いの贈り物にいかがですか?

赤ちゃんは、おかあさんの胎内で、おかあさんの心臓の音を聴きながら、

《SEIKO メトロノーム 振り子式スタンダード》私のおススメ商品の感想や特徴です

昔、お友達の家に行くと、ピアノは赤いビロードの布で覆われていて、そ

無塩温麺 はたけなか製麺はお子様や食事制限のある方にも安心

『無塩』という選択。 乾麺市場ででも減塩に対するニーズが年々高ま

おススメ 260匁 蒸しタオル~日本製はタオルのコシが違う

床屋さんのスチームタオルとしてよく見かけるかと思います。 プロが

→もっと見る

PAGE TOP ↑