主な焼酎産地と代表的な銘柄のご紹介

公開日: : 最終更新日:2015/12/25 お酒, 焼酎

鹿児島の焼酎と主な銘柄について

鹿児島県で生産されている焼酎は、その大半が「芋焼酎」で、奄美大島の方では「黒糖焼酎」もありますが、それ以外の「米焼酎」や「麦焼酎」などは、ごくわずかとなっています。
では、代表的な酒造会社と焼酎の銘柄を見ていってみましょう。
阿久根市の『大石酒造』から出ているのが、「鶴見」、「莫祢氏(あくねし)」、「蔵 純粋」、「がんこ焼酎屋」などの芋焼酎。
同じく阿久根市の『鹿児島酒造』からは、「さつま 諸白」、「酔十年(すいとうねん)」、「元祖 やきいも」などの芋焼酎。
出水氏の『雲海酒造出水蔵』からは、「さつま木挽(さつま こびき)」、「薩摩古秘」、「甕匠(かめのたくみ)」などの芋焼酎。
指宿市の『中俣』からは、「天魔の雫(てんまのしずく)」、「栴檀は二葉にして香し(せんだんはふたばにしてかぐわし)」などの芋焼酎。
枕崎市の『薩摩酒造』からは、「さつま白波(さつましらなみ)」、「我は海の子(われはうみのこ)」などの芋焼酎と、「神の河(かんのこ)」や「琥珀の夢(こはくのゆめ)」などの麦焼酎、「白鯨(はくげい)」や「欧羅火(おらーか)」などの米焼酎も出ています。
大島郡徳之島町の『奄美大島にしかわ酒造』からは、「あじゃ黒」や「島のナポレオン」、「天水百歳(てんすいひゃくさい)」などの黒糖焼酎が出ています。
他にも、数え切れないくらいの銘柄が鹿児島県各地から出ていますが、そのほとんどが芋焼酎ですから、層の広さを感じさせられます。


宮崎の焼酎と主な銘柄について

宮崎県の焼酎を見てみると、やはり芋焼酎は多いのですが、その次に麦焼酎が多いというのが特徴だと言えそうです。
では、代表的な酒造会社と銘柄を見ていきましょう。
児湯郡高鍋町の『黒木本店』は、「百年の孤独」という麦焼酎が有名です。
西臼杵郡高千穂町の『高千穂酒造』からは、「高千穂 降臨の雫」という麦焼酎。
日南市の『王手門酒造』からは、「龍。
(ろんてん)」、「隠し蔵の三悪人(かくしぐらのさんあくにん)」、「黄金の日々(おうごんのひび)」、「ショパンの恋(しょぱんのこい)」などの麦焼酎と、「六合の雫(りくごうのしずく)」、「九段の人(くだんのひと)」、「王胤(おういん)」、「不阿羅王(ふぁらお)」、「BIRTHDAY誕生(バースデイ)」などの芋焼酎。
西都市の『西の都酒造』からは、「西の都(にしのみやこ)」、「どげんかせんといかん」などの芋焼酎。
西臼杵郡高千穂町の『神楽酒造』からは、「天孫降臨(てんそんこうりん)」、「東国原(ひがしこくばる)」などの芋焼酎と、「ひむかのくろうま」という麦焼酎、それに「天照(てんしょう)」というそば焼酎。
都城市の『霧島酒造』からは、「霧島(きりしま)」、「うまいものはうまい」、「志比田工場原酒」などの芋焼酎と、「麦飯石(ばくはんせき)」「’ほ’」などの麦焼酎、「花懐石(はなかいせき)」という米焼酎など。
同じく都城市の『都城酒造』からは、「あなたにひとめぼれ」などの麦焼酎と、「みやこんじょ」、「さつま祭」などの芋焼酎。
宮崎市の『雲海酒造』からは、「雲海」というそば焼酎などがあります。

大分の焼酎と主な銘柄について

大分県の焼酎を見てみると、芋焼酎が数えるほどしかなく、圧倒的に麦焼酎が多いことが目立ちます。
では、代表的な酒造会社と銘柄をご紹介していきましょう。
中津市の『旭酒造』から出ているのは、「耶馬美人」という麦・米焼酎。
宇佐市の『三和酒類』からは、「いいちこ」、「西の星」、「久三郎」などの麦焼酎。
同じく宇佐市の『四谷酒造』からは、「兼八」、「宇佐むぎ」、「栄花」などの麦焼酎。
やはり宇佐市の『常徳屋酒造場』からは、「常徳屋」、「常徳屋道中」、「ためしてん」などの麦焼酎。
速見郡日出町の『二階堂酒造』からは、「二階堂」、「吉四六(きっちょむ)」、「豊後路」、「やつがい」などの麦焼酎。
日田市の『老松酒造』からは、閻魔シリーズとして「黒麹麦焼酎25度 常圧閻魔」、「麦焼酎25度 閻魔(たる)」、「黒麹麦焼酎25度 黒閻魔」、「麹屋伝兵衛(長期貯蔵麦焼酎)」などの麦焼酎、「懐古浪漫」、「スーパー60歳」、「骨董屋」などの米焼酎、「薩摩」、「おちゃ娘」、「薩摩古狸」などの芋焼酎。
玖珠郡九重町の『八鹿酒造』からは、「銀座のすずめ」、「なしか!」などの麦焼酎。
臼杵市の『小手川酒造』からは、「長久」、「羽衣」などの麦焼酎。
同じく臼杵市の『藤居酒造』からは、「豊後の里」、「時の旅人」、「ふしぎ屋」などの麦焼酎。
豊後大野市の『藤居醸造』からは、「舞香(まいか)」、「泰明」、「特蒸泰明」、「井田萬力屋」などの麦焼酎が出ています。

熊本の焼酎と主な銘柄について

熊本県の焼酎を見てみると、圧倒的に米焼酎が多いことが目立ちます。
また、珍しいところで、ごま焼酎があることも特色の一つといえるでしょうか。
では、代表的な酒造会社と銘柄をご紹介していきましょう。
人吉市にある『高橋酒造』からは、「白岳」という米焼酎。
同じく人吉市の『鳥飼酒造場』からは、「鳥飼」という米焼酎。
もう一つ人吉市の『繊月酒造』からは、「繊月」、「舞 繊月」という米焼酎。
球磨郡あさぎり町の『堤酒造』からは、「恋草」、「譚 長期熟成」、「無限大 ブルー」という米焼酎。
同じく球磨郡あさぎり町の『高田酒造場』からは、「長期熟成 遊木(ゆき)」、「旬(しゅん)」、「天のとき」、「風のとき」、「野のとき」、「柑花(かんばな)」、「蔵の朔(くらのさく)」などの米焼酎と、「特別貯蔵 オークロード」、「球磨焼酎 山ほたる」、「花の小経(こみち)」、「五十四萬石 原酒」などの本格米焼酎。
熊本市の『瑞鷹』からは、「太鼓判」という米焼酎と、「東肥 一本槍」という麦焼酎。
同じく熊本市の『火の国酒造』からは、「とっぺん」という麦焼酎と、「南薫」という芋焼酎。
上益城郡山都町の『藤正宗酒造』からは、「天使の恋物語」という米焼酎と、「天使の分け前」という麦焼酎。
球磨郡錦町の『六調子酒造』からは、「とろしかや」、「本吟 六調子」という米焼酎。
八代市の『八代不知火蔵』からは、「どぎゃん」という麦焼酎と、「黒胡宝」という黒ごま焼酎、それに「金胡宝」という金ごま焼酎が出ています。

奄美地方の焼酎と主な銘柄について

奄美地方の焼酎といえば、なんといっても黒糖焼酎ですね。
黒糖焼酎を作ることが許可されているのは奄美群島だけですので、奄美地方の各酒造会社が様々な種類の黒糖焼酎を生産しています。
では、代表的な酒造会社と黒糖焼酎の銘柄をご紹介していきましょう。
大島郡宇検村の『奄美大島海運酒造』からは、音響貯蔵の黒糖焼酎である「れんと」。
大島郡龍郷町の『町田酒造』からは、古仁屋では一番売れているという「里の曙」。
大島郡龍郷町の『奄美大島酒造株式会社』からは、7年貯蔵原酒の「浜千鳥の詩原酒」、3年貯蔵酒をさらに樫樽で貯蔵した「高倉」、軽快で爽やかな味わいの「じょうご」など。
名瀬市古浜町の『大島食料(株)酒造所』からは、円やかで重厚な味わいの「あまみ六調」。
大島郡徳之島町の『奄美酒類株式会社』からは、軽快でスッキリとした味わいの「煌めきの島奄美」、徳之島のレギュラー焼酎といわれている「奄美」など。
大島郡喜界町の『朝日酒造株式会社』からは、芳醇で爽やかな味わいの「朝日」、喜界島産黒糖だけを使用している「壱乃醸朝日」など。
大島郡和泊町の『沖永良部酒造』からは、濃淳で引き立つ甘さの「稲乃露」、久米島産海洋深層水である「球美の水」を使った「はなとり」など。
大島郡瀬戸内町の『西平酒造』からは、まろやかでコクの深い甘味を持つ「瀬戸の灘」。
名瀬市小浜町の『彌生焼酎醸造所』からは、スッキリと軽快な味わいの「彌生」。
大島郡龍郷町の『山田酒造』からは、濃醇でコク深い味わいの「あまみ長雲」。


スポンサーリンク

関連記事

酒はどうすれば強くなるのか

簡潔に言うと、お酒は訓練で強くなることはありません。 飲酒により体内に入ったアルコールは肝

記事を読む

焼酎の基礎知識

甲類と乙類と本格焼酎の定義について 焼酎の瓶など、パッケージを見ると、『甲類』、『乙類』、『本

記事を読む

ウィスキーの歴史、製法、種類、産地、銘柄、カクテルのまとめ

ウィスキーについて ウィスキーとは、穀物類から作られる蒸留酒のことです。 主に大麦、ライ麦、

記事を読む

お酒が「強い」「弱い」の違いについて

お酒が強い、弱いといった人がいますが、その違いとはなんでしょうか?通常、お酒を飲んだ時に体内に吸

記事を読む

シジミは二日酔いの予防や悪酔いに効果的か

「シジミ」は日本の食卓には非常にポピュラーな食材です。 日本全国の河川の河口域に生息してい

記事を読む

男と女ではお酒がどっちが強いのか

男の人と女の人のどちらがお酒に強いかといえば、世間には弱い男の人もいれば、強い女の人もいて、ここ

記事を読む

焼酎の種類 | 原料別特徴や飲み口などのご紹介

麦焼酎について 『麦焼酎』とは、ビールやウイスキーと同じ原料である「大粒大麦(だいりゅうおおむ

記事を読む

アルコール依存症について

アルコール依存症は、薬物依存症の一種です。 飲酒などアルコールの摂取によって得られる精神的

記事を読む

ワインには色々な種類(製法)が有ります。それぞれの特徴とは・・・

スティルワイン(非発泡性ワイン)の特徴とは・・・ スティルワインは、葡萄を発酵させる際に出る炭

記事を読む

酒と血糖値の関係について

お酒はカロリーが高そうなので、飲むと血糖値が上がるとイメージされる方も多いかもしれません。

記事を読む

「ガーリッシュ 歌/文 林あまり イラスト 遠野一実」私のおススメ本の感想や特徴です

これは、目で見る短歌集、歌集です。 これから、短歌を始める人

「一ノ蔵 ひめぜん」私のおススメ商品の感想や特徴です

「一ノ蔵 ひめぜん きりり」 「一ノ蔵 ひめぜん Ume」

「大往生したけりゃ医療とかかわるな 中村仁一著 幻冬舎文庫」私のおススメ本の感想や特徴です

いきなり著者が、棺桶に入ってる写真もあります。 今、棺桶は、

《珈琲の香りのお線香(青箱)ブラック(黒箱)梅栄堂》私のおススメ商品の感想や特徴です

お線香に火をつけると、お線香の香りでなく、珈琲の強い香りがしま

《ワッフルボウルメーカー》私のおススメ商品の感想や特徴です

ベルギーワッフル、一時期流行りましたね。 残念ながら筆者は流

→もっと見る

PAGE TOP ↑