「酒は百薬の長」について

公開日: : お酒, 酒コラム


「酒は百薬の長」という言葉がありますが、これは本当でしょうか?もともとこの言葉は、適量のお酒はどんな良薬よりも効果があると、お酒を賛美した言葉です。

酒は緊張をほぐしたり気分を良くしたりするので、適度に飲む酒は薬にも勝るということで、漢を簒奪した王莽が、酒を称えて言った言葉となっています。

『漢書・食貨志下』には「夫れ塩は食肴の将、酒は百薬の長、嘉会の好、鉄は田農の本」とあります。

要するに「塩は食事の将軍、酒は百薬の長でありめでたく喜ばしい集まりに好まれ、鉄は農業に欠かせない」という意味でしょう。

酒を良いとするには「適量ならば」という条件をつけた上で解釈するべきですが、しかしこの言葉はしばしば酒飲みが酒を賛美して自己弁護にも使われています。

かの『徒然草』には、「百薬の長とはいへど、よろづの病はさけよりこそおれ」とあるので、やはり手放しで喜ぶものではないものなのです。

この言葉通りの健康法として実践したいなら、何よりもお酒の適量を知っていることが大切です。

例えば、日本人に多い脳梗塞は、飲酒経験がある人の方が少ないといわれています。

アルコールで血栓を作る血小板の機能が落ちるので、脳梗塞のリスクが減るのです。

その他にも、総死亡率で言うと、飲酒しない場合と比較して、日本酒換算で3合までの飲酒の習慣がある人は死亡率が低下し、4合を越えて飲酒する習慣がある人は増加する傾向があります。

やはり何事も量が肝心なのだということなのでしょう。

スポンサーリンク

関連記事

ビール腹の原因はビールの飲み過ぎか

気になるおなか回りの原因が、習慣的なビールであると感じている人は多いです。 ビール腹という

記事を読む

焼酎の種類 | 原料別特徴や飲み口などのご紹介

麦焼酎について 『麦焼酎』とは、ビールやウイスキーと同じ原料である「大粒大麦(だいりゅうおおむ

記事を読む

妊婦さんの飲酒について

最近は、女性でもお酒を頻繁に飲む人も多く、飲酒が日常生活に溶け込んでいるといっても過言ではありま

記事を読む

お酒を飲んだら、摂ってはいけない薬とは

お酒を飲んだら摂ってはいけない薬があります。 アルコールそのものに中枢神経抑制や血管拡張の作用

記事を読む

お酒を飲むと真っ赤になるのは何故?

お酒を飲むと顔が真っ赤になってしまうのが悩み、という人も多いです。 そういった、顔が赤くな

記事を読む

ジンの歴史、製法、種類、産地、銘柄、カクテルのまとめ

ジンについて ジンとは、大麦やライ麦、ジャガイモといった穀物を発酵させた蒸留酒のことを指します

記事を読む

ブランデーの歴史、製法、種類、産地、銘柄、カクテルのまとめ

ブランデーについて ブランデーとは、ブドウなどの果実を原料にして、発酵、蒸留によって造られた蒸

記事を読む

ウコンは二日酔いの予防や悪酔いに効果的か

「ウコン」には肝臓を守る働きがあるとか、二日酔いを予防する働きがあるといわれており、お酒を飲む人

記事を読む

お湯割りと水割りはどっちが利くのか

焼酎やウィスキーなどのお酒をお湯割りや水割りにする場合には、どちらの方が酔いやすいのでしょうか。

記事を読む

「ハブ酒」って本当に効くのか?「ハブ酒」とハブについて調べてみた

ハブ酒はハブを焼酎に漬け込み密封したもののことです。 沖縄の名物としてよく知られていますが、な

記事を読む

毎月負担の通信費・・・お得にする方法【3選】

毎月の通信費が負担になっている方も多いのではないでしょうか。

女性が夢中になる!? アイドル育成ゲームとは?

男性向けソーシャルゲームでは、アイドルゲームが流行していること

スマホゲームの定番はアイドル育成? 男性向け編

スマートフォンやiPhoneをもつことはもはや当たり前となって

【フリーランスVS会社員】メリットデメリットまとめ

毎日満員電車に乗って会社に行き、残業して遅くに帰宅するような会

一人暮らしをする方必見!お部屋探しのポイントを紹介

部屋選びって難しいですよね・・・ 社会人や大学入学を機に

→もっと見る

PAGE TOP ↑