酒とハゲの関係について

公開日: : お酒, 酒コラム


お酒をよく飲む人はハゲになる、というイメージがあります。

現に、酔いどれオヤジのイメージは大抵禿頭に赤ら顔、というのが一般的なのですが、実際遠からず浅からずの関係にあると言えます。

ではなぜお酒は薄毛やハゲの原因となるのでしょうか。

通常、アルコールは、肝臓で、毒性のあるアセトアルデヒドを経て、無毒な酢酸に分解という過程をたどります。

しかし、このアセトアルデヒドの分解が間に合わなかった場合は血流によって体中を循環します。

アセトアルデヒドは毒性が強く、悪酔いの原因ともなります。

その他にも、このアセトアルデヒドという物質は、過剰摂取しすぎると体内で、脱毛の原因ホルモンとも言われている脱毛を促進させるデヒドロテストステロンという物質を増加させてしまうのです。

そのため、飲酒によって、ハゲの原因の代表格ともいわれるジヒドロテストステロンを助ける働きが指摘されています。

だからといって仕事終わりの1杯を、ハゲ対策のために我慢するというのも、我慢からストレスにつながり、ますますハゲへの道を歩むことになってしまうかもしれないので、毎日コップ1杯まで、または週に1回など自分自身にルールを決めて飲酒するのが一番いい対策でしょう。

また、毎日飲まれる方は髪の毛だけでなく、胃の負担も考えると週に1、2日は飲まない日を作りましょう。

毎日適量であれば、胃にも髪にも安心できるはずです。

ストレス解消もできれば、いっそう安心ですね。

スポンサーリンク

関連記事

お湯割りと水割りはどっちが利くのか

焼酎やウィスキーなどのお酒をお湯割りや水割りにする場合には、どちらの方が酔いやすいのでしょうか。

記事を読む

主な焼酎産地と代表的な銘柄のご紹介

鹿児島の焼酎と主な銘柄について 鹿児島県で生産されている焼酎は、その大半が「芋焼酎」で、奄美大

記事を読む

酒と尿酸値の関係について

健康診断や人間ドックなどで尿検査を受けると、たいていは結果の中に尿酸値が記されています。

記事を読む

ビールの歴史、製法、種類、産地、銘柄、カクテルのまとめ

ビールについて 夏が来ると、ビールがおいしい季節になったとよくいわれます。 もちろん夏だけで

記事を読む

お酒で作った化粧品について

以前より、お酒のなかでも日本酒には、美肌や美白、保湿や酸化防止の効果があるとされてきました。

記事を読む

酒と血糖値の関係について

お酒はカロリーが高そうなので、飲むと血糖値が上がるとイメージされる方も多いかもしれません。

記事を読む

「利き酒師と言う資格」について

「利き酒師」とは、民間の団体である日本酒サービス研究会・酒匠研究会連合会が、資格認定を行なってい

記事を読む

ラム酒の歴史、製法、種類、産地、銘柄、カクテルのまとめ

ラム酒について ラム酒は、サトウキビを原料として作られるお酒で、西インド諸島原産の蒸留酒になり

記事を読む

お酒と薬の飲み合わせについて

お酒と薬を一緒に飲むのはよくないと、昔からいわれています。 その理由としては、お酒も薬も、

記事を読む

ウィスキーの歴史、製法、種類、産地、銘柄、カクテルのまとめ

ウィスキーについて ウィスキーとは、穀物類から作られる蒸留酒のことです。 主に大麦、ライ麦、

記事を読む

「自殺―生き残りの証言 矢貫隆著 文春文庫」私のおススメ本の感想や特徴です

人間は、死ぬ時がくるまで死ねません。 それがいつかかなんてだ

ネムリエール。出産祝いの贈り物にいかがですか?

赤ちゃんは、おかあさんの胎内で、おかあさんの心臓の音を聴きながら、

《SEIKO メトロノーム 振り子式スタンダード》私のおススメ商品の感想や特徴です

昔、お友達の家に行くと、ピアノは赤いビロードの布で覆われていて、そ

無塩温麺 はたけなか製麺はお子様や食事制限のある方にも安心

『無塩』という選択。 乾麺市場ででも減塩に対するニーズが年々高ま

おススメ 260匁 蒸しタオル~日本製はタオルのコシが違う

床屋さんのスチームタオルとしてよく見かけるかと思います。 プロが

→もっと見る

PAGE TOP ↑