ノンアルコールビールについて

公開日: : 最終更新日:2015/12/25 お酒, 酒コラム


お酒を飲めない状況でも飲める、ノンアルコールビール。

その定義に明確な定義はありませんが、様々な要素をビールに似せたり、その雰囲気を持たせたりした、アルコール分は含まないもしくは特定の数値未満に調整した炭酸飲料を指します。

なので、お酒の席で飲んだとしてもビールを飲んでいる気分を味わえる、ということで禁酒中のサラリーマンや妊婦にも大変親しまれています。

日本では酒税法の分類によってアルコール分が1%未満は酒類とならずビールテイスト飲料に該当していますが、ヨーロッパではかなり前から製造され愛用者も多く、アルコール分0.5%未満がビールテイスト飲料に該当しており、0.6~0.9%は酒類に分類されローアルコール飲料と呼称されています。

ビールからアルコール分を除去する方法、アインベッカーなど日本国外産の輸入銘柄で多数採用されていますが、日本国内では法的な要因でこの製法を採用することは困難となっている。

そのため、ビール製造と同様に麦芽を糖化させホップを加えて煮込んだ麦汁をベースに、酵母菌は入れず不純物を取り除いて炭酸やその他の成分を加える方法や、麦汁を使わずに麦芽から取れる麦芽エキスにさまざまな成分を加える方法などがあります。

また、発酵時にアルコール分の濃度を低く抑えて1%未満に調整したもの、清涼飲料水を使用してビール風の味付け・風味を表現したものがあり、日本でも日本なりにできる製法でノンアルコールビールを作っています。


スポンサーリンク

関連記事

アルコール依存症について

アルコール依存症は、薬物依存症の一種です。 飲酒などアルコールの摂取によって得られる精神的

記事を読む

男と女ではお酒がどっちが強いのか

男の人と女の人のどちらがお酒に強いかといえば、世間には弱い男の人もいれば、強い女の人もいて、ここ

記事を読む

子供がお酒を飲むとなぜ悪いのか

現在日本では、未成年の飲酒は法律で禁止されています。 それでは、子どもがお酒を飲むことはな

記事を読む

ブランデーの歴史、製法、種類、産地、銘柄、カクテルのまとめ

ブランデーについて ブランデーとは、ブドウなどの果実を原料にして、発酵、蒸留によって造られた蒸

記事を読む

「マムシ酒」の効果について

まむし酒はなんとなく体によさそうだけれど、実際はどんな効能があるのかわからないという人は多いので

記事を読む

妊婦さんの飲酒について

最近は、女性でもお酒を頻繁に飲む人も多く、飲酒が日常生活に溶け込んでいるといっても過言ではありま

記事を読む

お湯割りと水割りはどっちが利くのか

焼酎やウィスキーなどのお酒をお湯割りや水割りにする場合には、どちらの方が酔いやすいのでしょうか。

記事を読む

「スズメ蜂酒」って本当に効くのか?「スズメ蜂酒」とスズメ蜂について調べてみた

あまり一般的ではないかもしれませんが、スズメ蜂酒は独特の甘みがおいしいと実は隠れた人気があります

記事を読む

ウォッカの歴史、製法、種類、産地、銘柄、カクテルのまとめ

ウォッカについて ウォッカとはトウモロコシや小麦、大麦などといった穀類、ジャガイモなどのイモ類

記事を読む

「一気飲みの問題」について

お酒の一気飲みが大学生や社会人の歓迎会などで一時期もてはやされたことがありました。 しかし

記事を読む

「ガーリッシュ 歌/文 林あまり イラスト 遠野一実」私のおススメ本の感想や特徴です

これは、目で見る短歌集、歌集です。 これから、短歌を始める人

「一ノ蔵 ひめぜん」私のおススメ商品の感想や特徴です

「一ノ蔵 ひめぜん きりり」 「一ノ蔵 ひめぜん Ume」

「大往生したけりゃ医療とかかわるな 中村仁一著 幻冬舎文庫」私のおススメ本の感想や特徴です

いきなり著者が、棺桶に入ってる写真もあります。 今、棺桶は、

《珈琲の香りのお線香(青箱)ブラック(黒箱)梅栄堂》私のおススメ商品の感想や特徴です

お線香に火をつけると、お線香の香りでなく、珈琲の強い香りがしま

《ワッフルボウルメーカー》私のおススメ商品の感想や特徴です

ベルギーワッフル、一時期流行りましたね。 残念ながら筆者は流

→もっと見る

PAGE TOP ↑