お酒が「強い」「弱い」の違いについて

公開日: : 最終更新日:2015/12/25 お酒, 酒コラム


お酒が強い、弱いといった人がいますが、その違いとはなんでしょうか?通常、お酒を飲んだ時に体内に吸収されたアルコールが分解されるときには、途中でアセトアルデヒドという毒性の高い物質が作られます。

そんなアセトアルデヒド、日本人の中にはアセトアルデヒド脱水素酵素がよく働く人、働きが弱い人、まったく働かない人の3種類が存在します。

酵素がよく働く人は酒に強く、働きが弱い人は酒にやや弱く、まったく働かない人はいわゆる「下戸」となります。

このよく働く、働かない、は遺伝子によって決まっており、日本人は半分がよく働く遺伝子を持っています。

残りの半分はそれぞれ働かない、または働きが弱い人です。

また、お酒に飲み慣れているということでも強い、ということはありますが、そういった人はアルコール依存症になりやすかったり薬が効きにくかったりするので注意しましょう。

薬物に対する感受性でもお酒に対しての強さがわかります。

薬の効きやすさは、人によって違います。

アルコールも麻酔作用がある薬物なので、薬や麻酔などが効きすぎてしまう体質の人は、アルコールの感受性が高い、つまりお酒に弱い可能性があります。

体格が大柄な人は、血液や筋肉などの量が多いために、同じ量のアルコールを摂取しても血中アルコールの濃度が低く保たれるので、お酒に強い傾向があります。

ちなみに、太っている人の場合は、脂肪分が多くても血液量が増えるわけではないので、肥満とお酒に強いかどうかとはあまり関係がないようです。

スポンサーリンク

関連記事

ビール腹の原因はビールの飲み過ぎか

気になるおなか回りの原因が、習慣的なビールであると感じている人は多いです。 ビール腹という

記事を読む

日本酒の種類 | 大吟醸酒、吟醸酒、原酒、生酒などの基準や特徴

日大吟醸酒とは 大吟醸酒とは、吟醸酒のうち、精米歩合50%以下の白米を原料として製造し、固有の

記事を読む

お酒で作った化粧品について

以前より、お酒のなかでも日本酒には、美肌や美白、保湿や酸化防止の効果があるとされてきました。

記事を読む

焼酎の基礎知識

甲類と乙類と本格焼酎の定義について 焼酎の瓶など、パッケージを見ると、『甲類』、『乙類』、『本

記事を読む

飲酒運転の罰則について

お酒を飲んで運転をする、飲酒運転は道路交通法第六十五条の第一項から第四項で禁止されており、これに

記事を読む

お酒と薬の飲み合わせについて

お酒と薬を一緒に飲むのはよくないと、昔からいわれています。 その理由としては、お酒も薬も、

記事を読む

お酒を飲むと真っ赤になるのは何故?

お酒を飲むと顔が真っ赤になってしまうのが悩み、という人も多いです。 そういった、顔が赤くな

記事を読む

ウォッカの歴史、製法、種類、産地、銘柄、カクテルのまとめ

ウォッカについて ウォッカとはトウモロコシや小麦、大麦などといった穀類、ジャガイモなどのイモ類

記事を読む

アルコール依存症について

アルコール依存症は、薬物依存症の一種です。 飲酒などアルコールの摂取によって得られる精神的

記事を読む

日本酒の基礎知識 | 日本酒好きなら知っておきたい基本の基本

日本酒の製造工程について 日本酒を造る上で欠かせないのが「酒米」。 まずはこの米を削り、洗い

記事を読む

「自殺―生き残りの証言 矢貫隆著 文春文庫」私のおススメ本の感想や特徴です

人間は、死ぬ時がくるまで死ねません。 それがいつかかなんてだ

ネムリエール。出産祝いの贈り物にいかがですか?

赤ちゃんは、おかあさんの胎内で、おかあさんの心臓の音を聴きながら、

《SEIKO メトロノーム 振り子式スタンダード》私のおススメ商品の感想や特徴です

昔、お友達の家に行くと、ピアノは赤いビロードの布で覆われていて、そ

無塩温麺 はたけなか製麺はお子様や食事制限のある方にも安心

『無塩』という選択。 乾麺市場ででも減塩に対するニーズが年々高ま

おススメ 260匁 蒸しタオル~日本製はタオルのコシが違う

床屋さんのスチームタオルとしてよく見かけるかと思います。 プロが

→もっと見る

PAGE TOP ↑