お酒を飲むと眠くなるのはなんでか?

公開日: : 最終更新日:2016/04/18 お酒, 酒コラム


お酒を飲んだあとに眠くなってしまった、気がついたら寝ていたという経験をもっている方は多いでしょう。

また、よく眠るために寝酒を飲むことを習慣としている方もいるでしょう。

その理由は、消化器から吸収されたアルコールのうちの一部が脳に達するからです。

脳には脳幹網様体賦活系という脳を覚醒させる働きをもっているところがあります。

アルコールの作用が、この脳幹網様態賦活系に達すると覚醒させる働きを抑制することになるので、眠くなるのです。

眠気だけではなく、お酒を飲むと陽気になったり、気分が大きくなったりしますが、これも大脳がアルコールによって麻痺して神経が抑制されるために起きる現象です。

どのくらいのお酒で眠くなるかは個人差があり、あまり眠くならない人もいれば、すぐに眠くなってしまう人もいます。

お酒に弱いという人は、アルコールを分解する酵素が少ない人で、胃や肝臓で分解されずに身体をめぐるアルコールが多くなります。

飲んだアルコールは一部が胃で酵素によって分解されて肝臓へいき、胃で分解されなかったものは小腸で吸収されて肝臓へいきます。

そして、肝臓で酵素によって分解されますが、分解されないと血中のアルコール濃度があがります。

血中のアルコール濃度によって、どのくらい酔うのかが異なってきます。

お酒を飲むと眠くなるので、良く眠るために飲むことを習慣にしてしまうと、人間の身体はやがて脳の働きを抑制しようとする働きを少なくしようとするので、眠くならなくなり不眠症の原因になります。

眠くなるのを少しでも引き伸ばしたいという方はアルコール・二日酔い対策サプリを飲む前に摂る。

間違いなく、お酒の耐性は上がります。

ただ~し、お酒を飲んだらすぐに眠くなるあなたは、注意して下さい。

例えば、ビール1杯飲んだら眠くなる方は、アルコール・二日酔い対策サプリを摂ってもビール1杯以上は飲まない

すると、ひょっとしたら眠くならないかもしれません。

結局お酒の耐性が上がって、いつもより飲んでしまっちゃ元の木阿弥ですよ~。

AMAZONで価格・詳細を見てみる → お酒対策のサプリメント

スポンサーリンク

関連記事

男と女ではお酒がどっちが強いのか

男の人と女の人のどちらがお酒に強いかといえば、世間には弱い男の人もいれば、強い女の人もいて、ここ

記事を読む

飲み残しビールの活用法について

自宅でお酒を飲んでいて、グラスのほんの数センチだけビールが残ってしまったという経験は、誰しも1度

記事を読む

お酒で作った化粧品について

以前より、お酒のなかでも日本酒には、美肌や美白、保湿や酸化防止の効果があるとされてきました。

記事を読む

ブランデーの歴史、製法、種類、産地、銘柄、カクテルのまとめ

ブランデーについて ブランデーとは、ブドウなどの果実を原料にして、発酵、蒸留によって造られた蒸

記事を読む

お酒を飲むと真っ赤になるのは何故?

お酒を飲むと顔が真っ赤になってしまうのが悩み、という人も多いです。 そういった、顔が赤くな

記事を読む

「料理酒って飲んでもOKなのか」について

お酒の種類に「料理酒」とういうものはなく、一般的に売られている「料理酒」は調味料の種類に分けられ

記事を読む

日本酒の種類 | 大吟醸酒、吟醸酒、原酒、生酒などの基準や特徴

日大吟醸酒とは 大吟醸酒とは、吟醸酒のうち、精米歩合50%以下の白米を原料として製造し、固有の

記事を読む

妊婦さんの飲酒について

最近は、女性でもお酒を頻繁に飲む人も多く、飲酒が日常生活に溶け込んでいるといっても過言ではありま

記事を読む

焼酎の製造に欠かせない麹について

焼酎の麹について 『麹(こうじ)』とは、米や麦、大豆などの穀物に、食品を発酵させるのに適した「

記事を読む

ビールの歴史、製法、種類、産地、銘柄、カクテルのまとめ

ビールについて 夏が来ると、ビールがおいしい季節になったとよくいわれます。 もちろん夏だけで

記事を読む

お得がいっぱい!【ふるさと納税】を利用してみよう!

ここ最近急速に認知度が高まった「ふるさと納税」。ふるさと納税と

オタク女子の婚活事情を考察

オタク女子の婚活事情 昔からアニメ・マンガ・ネットのサブカル

no image
実写化はあり?なし?実写ドラマ、映画化されたコミック

最近、人気コミックの実写化が相次いでいます。 つい最近も、人間社会に

副業したいけどばれたくない!大切なポイントまとめ

毎月の給与だけでは生活が大変だから、副業をして少しでもお金を稼

メリットがたくさん!【米国株】について紹介

米国株の魅力を知らないのは損! 米国株と聞くと、「日本株より

→もっと見る

PAGE TOP ↑