「一気飲みの問題」について

公開日: : お酒, 酒コラム


お酒の一気飲みが大学生や社会人の歓迎会などで一時期もてはやされたことがありました。

しかし、この一気飲みは健康上非常に恐ろしい行為であるということをよく理解しておく必要があります。

現に一気飲みが原因でアルコール中毒になったり、それがひどくなって死亡したりする事例もあります。

アルコールを短時間で大量に飲むと脳を麻痺させて、程度が重いと死亡に至る怖い行為なのです。

最近ではアルコールハラスメントといわれ、お酒を無理矢理強要した場合は強要罪として3年以下の懲役に罰せられることもあります。

もっとひどい場合は、最初から飲ませる相手を潰すことを目的に飲ませた場合は傷害罪として10年以下の懲役もしくは30万円以下の罰金、その相手が酔いつぶれて死亡した場合は傷害致死罪として2年以上の有期懲役、介抱せず死亡した場合は保護責任者遺棄致死罪として3ヶ月以上5年以下の懲役となります。

このようにもし何かあった場合は、飲ませた方が刑事処罰対象になりうる危険性がありますので、お酒を勧めるにも程度をわきまえて勧めるようにしたいものです。

お酒は脳を麻痺させる一種の薬物のようなものですので、当然短時間に大量の飲酒をすれば危険な状態になる可能性がありますので、周りの雰囲気に踊らされずきっぱりと断ることも必要です。

お酒はおいしく楽しく節操をもっていただくのが身体に大きな負担をかけなくて済みますので、是非正しい認識を持ってつきあうようにしたいものです。

スポンサーリンク

関連記事

テキーラの歴史、製法、種類、産地、銘柄、カクテルのまとめ

テキーラについて メキシコにあり「竜舌蘭」と呼ばれる植物である「アガベ・アスール・テキラーナ」

記事を読む

ウコンは二日酔いの予防や悪酔いに効果的か

「ウコン」には肝臓を守る働きがあるとか、二日酔いを予防する働きがあるといわれており、お酒を飲む人

記事を読む

「お酒を飲むと「いびき」がひどくなる理由について

普段はいびきをまったくかかない人でも、お酒を飲んだ日の夜に限って、いびきの症状がひどくなるという

記事を読む

お酒が「強い」「弱い」の違いについて

お酒が強い、弱いといった人がいますが、その違いとはなんでしょうか?通常、お酒を飲んだ時に体内に吸

記事を読む

飲み残しビールの活用法について

自宅でお酒を飲んでいて、グラスのほんの数センチだけビールが残ってしまったという経験は、誰しも1度

記事を読む

ビール腹の原因はビールの飲み過ぎか

気になるおなか回りの原因が、習慣的なビールであると感じている人は多いです。 ビール腹という

記事を読む

ウォッカの歴史、製法、種類、産地、銘柄、カクテルのまとめ

ウォッカについて ウォッカとはトウモロコシや小麦、大麦などといった穀類、ジャガイモなどのイモ類

記事を読む

焼酎の種類 | 原料別特徴や飲み口などのご紹介

麦焼酎について 『麦焼酎』とは、ビールやウイスキーと同じ原料である「大粒大麦(だいりゅうおおむ

記事を読む

お酒で作った化粧品について

以前より、お酒のなかでも日本酒には、美肌や美白、保湿や酸化防止の効果があるとされてきました。

記事を読む

「スズメ蜂酒」って本当に効くのか?「スズメ蜂酒」とスズメ蜂について調べてみた

あまり一般的ではないかもしれませんが、スズメ蜂酒は独特の甘みがおいしいと実は隠れた人気があります

記事を読む

「ガーリッシュ 歌/文 林あまり イラスト 遠野一実」私のおススメ本の感想や特徴です

これは、目で見る短歌集、歌集です。 これから、短歌を始める人

「一ノ蔵 ひめぜん」私のおススメ商品の感想や特徴です

「一ノ蔵 ひめぜん きりり」 「一ノ蔵 ひめぜん Ume」

「大往生したけりゃ医療とかかわるな 中村仁一著 幻冬舎文庫」私のおススメ本の感想や特徴です

いきなり著者が、棺桶に入ってる写真もあります。 今、棺桶は、

《珈琲の香りのお線香(青箱)ブラック(黒箱)梅栄堂》私のおススメ商品の感想や特徴です

お線香に火をつけると、お線香の香りでなく、珈琲の強い香りがしま

《ワッフルボウルメーカー》私のおススメ商品の感想や特徴です

ベルギーワッフル、一時期流行りましたね。 残念ながら筆者は流

→もっと見る

PAGE TOP ↑