男と女ではお酒がどっちが強いのか

公開日: : お酒, 酒コラム


男の人と女の人のどちらがお酒に強いかといえば、世間には弱い男の人もいれば、強い女の人もいて、ここに男女差があるのかどうかという疑問もあります。

一般にお酒の強い弱いについては、体内のアルコールを分解するメカニズムに関係しているといわれています。

アルコールは肝臓でアセトアルデヒドに変えられますが、この段階ではまだ有害であり、アセトアルデヒドを分解して無害な酢酸にした上で排出されます。

アルコールを分解する際にはふたつの酵素がかかわっているということになりますが、日本人のおよそ半数は酵素アセトアルデヒド脱水素酵素の働きが弱く、そのためお酒に弱い人が多いとされています。

厳密にお酒に強い、弱いということを考えると、アルコールの代謝にかかわる酵素の働きが大きく関係しているほか体重や年齢なども影響するところであり、かなりの個人差も生じます。

では男女の差はないのかというと、一般に女性は男性よりもアルコールの影響を受けやすいとされています。

女性は男性よりも体内の水分量が少なく、体格や肝臓が男性よりも小さいことが多いため、アルコールの分解能力が低いのです。

実際に、男性よりも女性が短期間のうちに肝障害やアルコール依存症になりやすいという調査結果もあります。

また、妊娠期や授乳期に飲酒をすると、胎児や赤ちゃんの体内にアルコールが入ってしまい、悪影響を及ぼします。

このことからも、アルコールの影響については男性よりも女性の方が受けやすく、注意しなければならない点が多いということもできるでしょう。

スポンサーリンク

関連記事

ワインとぶどうの品種について、それぞれの特徴とは・・・

ワインとぶどうの品種について ワインの原料である葡萄ですが、ワインの味はその品種によって大きく

記事を読む

「どぶろく」について

どぶろくとは、濁酒あるいは濁醪と書き、字の通り白く濁ったお酒です。 炊いた米に米麹や酵母な

記事を読む

妊婦さんの飲酒について

最近は、女性でもお酒を頻繁に飲む人も多く、飲酒が日常生活に溶け込んでいるといっても過言ではありま

記事を読む

お酒で作った化粧品について

以前より、お酒のなかでも日本酒には、美肌や美白、保湿や酸化防止の効果があるとされてきました。

記事を読む

「酒は百薬の長」について

「酒は百薬の長」という言葉がありますが、これは本当でしょうか?もともとこの言葉は、適量のお酒はど

記事を読む

ラム酒の歴史、製法、種類、産地、銘柄、カクテルのまとめ

ラム酒について ラム酒は、サトウキビを原料として作られるお酒で、西インド諸島原産の蒸留酒になり

記事を読む

「スズメ蜂酒」って本当に効くのか?「スズメ蜂酒」とスズメ蜂について調べてみた

あまり一般的ではないかもしれませんが、スズメ蜂酒は独特の甘みがおいしいと実は隠れた人気があります

記事を読む

日本酒の種類 | 大吟醸酒、吟醸酒、原酒、生酒などの基準や特徴

日大吟醸酒とは 大吟醸酒とは、吟醸酒のうち、精米歩合50%以下の白米を原料として製造し、固有の

記事を読む

ダイエットとお酒の関係について

みなさんは、「お酒のアルコールはエンプティカロリーなので太りません」という言葉を聞いたことはない

記事を読む

アルコール依存症について

アルコール依存症は、薬物依存症の一種です。 飲酒などアルコールの摂取によって得られる精神的

記事を読む

毎月負担の通信費・・・お得にする方法【3選】

毎月の通信費が負担になっている方も多いのではないでしょうか。

女性が夢中になる!? アイドル育成ゲームとは?

男性向けソーシャルゲームでは、アイドルゲームが流行していること

スマホゲームの定番はアイドル育成? 男性向け編

スマートフォンやiPhoneをもつことはもはや当たり前となって

【フリーランスVS会社員】メリットデメリットまとめ

毎日満員電車に乗って会社に行き、残業して遅くに帰宅するような会

一人暮らしをする方必見!お部屋探しのポイントを紹介

部屋選びって難しいですよね・・・ 社会人や大学入学を機に

→もっと見る

PAGE TOP ↑