酒と尿酸値の関係について

公開日: : お酒, 酒コラム


健康診断や人間ドックなどで尿検査を受けると、たいていは結果の中に尿酸値が記されています。

尿酸値が高いと痛風になることは多くの人がご存知かもしれません。

尿酸とは、プリン体と呼ばれる物質のひとつです。

プリン体が体内で分解されて尿の中に捨てられる状態になったものが尿酸で、人間の体の中に一定量存在します。

尿酸の血液中濃度が7.0mg/dL以上だと高尿酸血症と診断されます。

尿酸値を上昇させる要因はいくつかありますが、お酒もそのひとつです。

アルコールを摂取すると一時的に尿酸値が上昇します。

アルコールを分解するときに尿酸が作られ、体内に蓄積されるからです。

どんな種類のお酒でも尿酸値を上昇させますが、その中に含まれるプリン体の量によって上昇させる作用に違いが生じます。

プリン体が最も多く含まれているのはビールで、尿酸値を上昇させる作用が強いことが知られています。

一方で、ウイスキーやブランデー、焼酎などの蒸留酒はプリン体が少なく、尿酸値の上昇作用も緩やかです。

それでは、ビール以外のお酒を飲めば大丈夫かというと、そうではありません。

プリン体の少ないお酒でも飲む量が増えれば尿酸値は上昇していきます。

つまり、種類とともに飲酒量も尿酸値の上昇に大きな影響を与えるということです。

尿酸値を適正に保つためには、一気飲みを避けること、飲酒量を控えること、お酒を飲まない日を設けること、プリン体含有量の高いビールばかり飲まないことなどを心がけるとよいでしょう。

スポンサーリンク

関連記事

「料理酒って飲んでもOKなのか」について

お酒の種類に「料理酒」とういうものはなく、一般的に売られている「料理酒」は調味料の種類に分けられ

記事を読む

お酒で作った化粧品について

以前より、お酒のなかでも日本酒には、美肌や美白、保湿や酸化防止の効果があるとされてきました。

記事を読む

ワインには色々な種類(製法)が有ります。それぞれの特徴とは・・・

スティルワイン(非発泡性ワイン)の特徴とは・・・ スティルワインは、葡萄を発酵させる際に出る炭

記事を読む

酒を飲み過ぎると記憶が飛ぶのはなぜ

お酒を飲んだ翌日に朝起きてみたら酒席の途中からの記憶が全くないのに、家にきちんとたどり着いていた

記事を読む

男と女ではお酒がどっちが強いのか

男の人と女の人のどちらがお酒に強いかといえば、世間には弱い男の人もいれば、強い女の人もいて、ここ

記事を読む

お酒が「強い」「弱い」の違いについて

お酒が強い、弱いといった人がいますが、その違いとはなんでしょうか?通常、お酒を飲んだ時に体内に吸

記事を読む

飲み残しビールの活用法について

自宅でお酒を飲んでいて、グラスのほんの数センチだけビールが残ってしまったという経験は、誰しも1度

記事を読む

ジンの歴史、製法、種類、産地、銘柄、カクテルのまとめ

ジンについて ジンとは、大麦やライ麦、ジャガイモといった穀物を発酵させた蒸留酒のことを指します

記事を読む

主な産地とワインの特徴 世界のワインのご紹介

フランスの産地やワインの特徴について フランスと言えば、イタリアに並ぶワインの生産大国として知

記事を読む

「御屠蘇」について

お屠蘇とは、正月に一年間の邪気を払って長寿を願うために飲むお酒です。 悪鬼を屠り魂を蘇生さ

記事を読む

「ガーリッシュ 歌/文 林あまり イラスト 遠野一実」私のおススメ本の感想や特徴です

これは、目で見る短歌集、歌集です。 これから、短歌を始める人

「一ノ蔵 ひめぜん」私のおススメ商品の感想や特徴です

「一ノ蔵 ひめぜん きりり」 「一ノ蔵 ひめぜん Ume」

「大往生したけりゃ医療とかかわるな 中村仁一著 幻冬舎文庫」私のおススメ本の感想や特徴です

いきなり著者が、棺桶に入ってる写真もあります。 今、棺桶は、

《珈琲の香りのお線香(青箱)ブラック(黒箱)梅栄堂》私のおススメ商品の感想や特徴です

お線香に火をつけると、お線香の香りでなく、珈琲の強い香りがしま

《ワッフルボウルメーカー》私のおススメ商品の感想や特徴です

ベルギーワッフル、一時期流行りましたね。 残念ながら筆者は流

→もっと見る

PAGE TOP ↑