酒と血糖値の関係について

公開日: : お酒, 酒コラム


お酒はカロリーが高そうなので、飲むと血糖値が上がるとイメージされる方も多いかもしれません。

反対に、糖質を含む日本酒やビールなどは血糖値を上昇させるけれども、ウイスキーや焼酎などの蒸留酒は糖質を含まないから大丈夫と考えている方もいるでしょう。

お酒と血糖値の関係はもう少し複雑で、飲酒したからといってすぐに血糖値が上がるというわけではありません。

意外なことにお酒を飲むと、人の体は低血糖の状態になります。

その理由は、肝臓の働きにあります。

お酒を飲むと、肝臓の解毒作用によってアルコールが分解されます。

肝臓には食物などから摂取した栄養をエネルギーとして代謝したり、一時的に蓄えておくといった働きもあります。

アルコールの分解を行っているあいだはエネルギー代謝機能が低下しますから、体にエネルギーを供給することができにくくなります。

したがって、体内の血糖値も低下することになります。

しかし、この間に摂取された栄養はアルコールの分解が終わればエネルギーとして吸収されます。

アルコール自体には栄養がありませんが、一緒に食べたおつまみや食事などの栄養が体に吸収されることになります。

飲酒は食欲を増進させることもありますから、飲酒時に食べすぎると血糖値が上昇して高血糖の状態になってしまうのです。

このようにお酒は、直接的というよりは間接的に血糖値を上昇させる作用があると考えられます。

飲酒量はもとより、一緒に食べる食事の量や質にも気をつける必要があると言えるでしょう。

スポンサーリンク

関連記事

「酒風呂」の効果・効能

「酒風呂」とは、浴槽に日本酒などのお酒を入れるだけという、自宅で簡単に行える入浴法の1つです。

記事を読む

「ハブ酒」って本当に効くのか?「ハブ酒」とハブについて調べてみた

ハブ酒はハブを焼酎に漬け込み密封したもののことです。 沖縄の名物としてよく知られていますが、な

記事を読む

ダイエットとお酒の関係について

みなさんは、「お酒のアルコールはエンプティカロリーなので太りません」という言葉を聞いたことはない

記事を読む

ウコンは二日酔いの予防や悪酔いに効果的か

「ウコン」には肝臓を守る働きがあるとか、二日酔いを予防する働きがあるといわれており、お酒を飲む人

記事を読む

酒と尿酸値の関係について

健康診断や人間ドックなどで尿検査を受けると、たいていは結果の中に尿酸値が記されています。

記事を読む

ワインとぶどうの品種について、それぞれの特徴とは・・・

ワインとぶどうの品種について ワインの原料である葡萄ですが、ワインの味はその品種によって大きく

記事を読む

お酒を飲んだら、摂ってはいけない薬とは

お酒を飲んだら摂ってはいけない薬があります。 アルコールそのものに中枢神経抑制や血管拡張の作用

記事を読む

日本酒の基礎知識 | 日本酒好きなら知っておきたい基本の基本

日本酒の製造工程について 日本酒を造る上で欠かせないのが「酒米」。 まずはこの米を削り、洗い

記事を読む

ジンの歴史、製法、種類、産地、銘柄、カクテルのまとめ

ジンについて ジンとは、大麦やライ麦、ジャガイモといった穀物を発酵させた蒸留酒のことを指します

記事を読む

お湯割りと水割りはどっちが利くのか

焼酎やウィスキーなどのお酒をお湯割りや水割りにする場合には、どちらの方が酔いやすいのでしょうか。

記事を読む

毎月負担の通信費・・・お得にする方法【3選】

毎月の通信費が負担になっている方も多いのではないでしょうか。

女性が夢中になる!? アイドル育成ゲームとは?

男性向けソーシャルゲームでは、アイドルゲームが流行していること

スマホゲームの定番はアイドル育成? 男性向け編

スマートフォンやiPhoneをもつことはもはや当たり前となって

【フリーランスVS会社員】メリットデメリットまとめ

毎日満員電車に乗って会社に行き、残業して遅くに帰宅するような会

一人暮らしをする方必見!お部屋探しのポイントを紹介

部屋選びって難しいですよね・・・ 社会人や大学入学を機に

→もっと見る

PAGE TOP ↑