酒と血糖値の関係について

公開日: : お酒, 酒コラム


お酒はカロリーが高そうなので、飲むと血糖値が上がるとイメージされる方も多いかもしれません。

反対に、糖質を含む日本酒やビールなどは血糖値を上昇させるけれども、ウイスキーや焼酎などの蒸留酒は糖質を含まないから大丈夫と考えている方もいるでしょう。

お酒と血糖値の関係はもう少し複雑で、飲酒したからといってすぐに血糖値が上がるというわけではありません。

意外なことにお酒を飲むと、人の体は低血糖の状態になります。

その理由は、肝臓の働きにあります。

お酒を飲むと、肝臓の解毒作用によってアルコールが分解されます。

肝臓には食物などから摂取した栄養をエネルギーとして代謝したり、一時的に蓄えておくといった働きもあります。

アルコールの分解を行っているあいだはエネルギー代謝機能が低下しますから、体にエネルギーを供給することができにくくなります。

したがって、体内の血糖値も低下することになります。

しかし、この間に摂取された栄養はアルコールの分解が終わればエネルギーとして吸収されます。

アルコール自体には栄養がありませんが、一緒に食べたおつまみや食事などの栄養が体に吸収されることになります。

飲酒は食欲を増進させることもありますから、飲酒時に食べすぎると血糖値が上昇して高血糖の状態になってしまうのです。

このようにお酒は、直接的というよりは間接的に血糖値を上昇させる作用があると考えられます。

飲酒量はもとより、一緒に食べる食事の量や質にも気をつける必要があると言えるでしょう。

スポンサーリンク

関連記事

変り種焼酎の特徴・産地・銘柄について

牛乳焼酎の特徴・産地・銘柄について 『牛乳焼酎』とは、「牛乳」と「温泉水」、それに「米」の3つ

記事を読む

お酒を飲んだら、摂ってはいけない薬とは

お酒を飲んだら摂ってはいけない薬があります。 アルコールそのものに中枢神経抑制や血管拡張の作用

記事を読む

ビール腹の原因はビールの飲み過ぎか

気になるおなか回りの原因が、習慣的なビールであると感じている人は多いです。 ビール腹という

記事を読む

酒とハゲの関係について

お酒をよく飲む人はハゲになる、というイメージがあります。 現に、酔いどれオヤジのイメージは

記事を読む

日本酒の基礎知識 | 日本酒好きなら知っておきたい基本の基本

日本酒の製造工程について 日本酒を造る上で欠かせないのが「酒米」。 まずはこの米を削り、洗い

記事を読む

ダイエットとお酒の関係について

みなさんは、「お酒のアルコールはエンプティカロリーなので太りません」という言葉を聞いたことはない

記事を読む

ビールの歴史、製法、種類、産地、銘柄、カクテルのまとめ

ビールについて 夏が来ると、ビールがおいしい季節になったとよくいわれます。 もちろん夏だけで

記事を読む

主な焼酎産地と代表的な銘柄のご紹介

鹿児島の焼酎と主な銘柄について 鹿児島県で生産されている焼酎は、その大半が「芋焼酎」で、奄美大

記事を読む

日本酒の種類 | 大吟醸酒、吟醸酒、原酒、生酒などの基準や特徴

日大吟醸酒とは 大吟醸酒とは、吟醸酒のうち、精米歩合50%以下の白米を原料として製造し、固有の

記事を読む

ブランデーの歴史、製法、種類、産地、銘柄、カクテルのまとめ

ブランデーについて ブランデーとは、ブドウなどの果実を原料にして、発酵、蒸留によって造られた蒸

記事を読む

『灸美人』 家庭で、自分で、一人で、簡単にできるお灸です

家庭で、自分で、一人で、簡単にできるお灸です。 疲れ切っているの

ベイシック 透明ジェルでオリジナル化粧水を手作りしよう

これは、手作り化粧水のすべての基礎になるジェルです。 これを使っ

おススメ!魔法のバイオ消臭ケスコ 介護のニオイでお悩みの方に!

在宅介護しています。 お布団は、デイサービスやショートスティ

JAいわでやま 凍み豆腐(しみどうふ)のご紹介!

宮城県大崎市岩出山の凍み豆腐です。 凍み豆腐。一見、高野豆腐とな

奥田産業の黒だし 絶対おススメの絶品だし!

黒だしは、女優の熊谷真実ちゃんから教えてもらいました。 真実ちゃ

→もっと見る

PAGE TOP ↑