酒と血糖値の関係について

公開日: : お酒, 酒コラム


お酒はカロリーが高そうなので、飲むと血糖値が上がるとイメージされる方も多いかもしれません。

反対に、糖質を含む日本酒やビールなどは血糖値を上昇させるけれども、ウイスキーや焼酎などの蒸留酒は糖質を含まないから大丈夫と考えている方もいるでしょう。

お酒と血糖値の関係はもう少し複雑で、飲酒したからといってすぐに血糖値が上がるというわけではありません。

意外なことにお酒を飲むと、人の体は低血糖の状態になります。

その理由は、肝臓の働きにあります。

お酒を飲むと、肝臓の解毒作用によってアルコールが分解されます。

肝臓には食物などから摂取した栄養をエネルギーとして代謝したり、一時的に蓄えておくといった働きもあります。

アルコールの分解を行っているあいだはエネルギー代謝機能が低下しますから、体にエネルギーを供給することができにくくなります。

したがって、体内の血糖値も低下することになります。

しかし、この間に摂取された栄養はアルコールの分解が終わればエネルギーとして吸収されます。

アルコール自体には栄養がありませんが、一緒に食べたおつまみや食事などの栄養が体に吸収されることになります。

飲酒は食欲を増進させることもありますから、飲酒時に食べすぎると血糖値が上昇して高血糖の状態になってしまうのです。

このようにお酒は、直接的というよりは間接的に血糖値を上昇させる作用があると考えられます。

飲酒量はもとより、一緒に食べる食事の量や質にも気をつける必要があると言えるでしょう。

スポンサーリンク

関連記事

焼酎の製造に欠かせない麹について

焼酎の麹について 『麹(こうじ)』とは、米や麦、大豆などの穀物に、食品を発酵させるのに適した「

記事を読む

ビール腹の原因はビールの飲み過ぎか

気になるおなか回りの原因が、習慣的なビールであると感じている人は多いです。 ビール腹という

記事を読む

ラム酒の歴史、製法、種類、産地、銘柄、カクテルのまとめ

ラム酒について ラム酒は、サトウキビを原料として作られるお酒で、西インド諸島原産の蒸留酒になり

記事を読む

ウィスキーの歴史、製法、種類、産地、銘柄、カクテルのまとめ

ウィスキーについて ウィスキーとは、穀物類から作られる蒸留酒のことです。 主に大麦、ライ麦、

記事を読む

寝付けないをお酒で解消できるのか?

日本人のアルコールの摂取量はほかの国と比べると、かなり少ない方だといわれています。 しかし

記事を読む

「御屠蘇」について

お屠蘇とは、正月に一年間の邪気を払って長寿を願うために飲むお酒です。 悪鬼を屠り魂を蘇生さ

記事を読む

男と女ではお酒がどっちが強いのか

男の人と女の人のどちらがお酒に強いかといえば、世間には弱い男の人もいれば、強い女の人もいて、ここ

記事を読む

ノンアルコールビールは子供はOK?

ノンアルコール飲料はアルコールが含まれていないか、1%未満のアルコールを含んでいるアルコールテイ

記事を読む

「酒風呂」の効果・効能

「酒風呂」とは、浴槽に日本酒などのお酒を入れるだけという、自宅で簡単に行える入浴法の1つです。

記事を読む

お酒を飲んだら、摂ってはいけない薬とは

お酒を飲んだら摂ってはいけない薬があります。 アルコールそのものに中枢神経抑制や血管拡張の作用

記事を読む

「自殺―生き残りの証言 矢貫隆著 文春文庫」私のおススメ本の感想や特徴です

人間は、死ぬ時がくるまで死ねません。 それがいつかかなんてだ

ネムリエール。出産祝いの贈り物にいかがですか?

赤ちゃんは、おかあさんの胎内で、おかあさんの心臓の音を聴きながら、

《SEIKO メトロノーム 振り子式スタンダード》私のおススメ商品の感想や特徴です

昔、お友達の家に行くと、ピアノは赤いビロードの布で覆われていて、そ

無塩温麺 はたけなか製麺はお子様や食事制限のある方にも安心

『無塩』という選択。 乾麺市場ででも減塩に対するニーズが年々高ま

おススメ 260匁 蒸しタオル~日本製はタオルのコシが違う

床屋さんのスチームタオルとしてよく見かけるかと思います。 プロが

→もっと見る

PAGE TOP ↑