妊婦さんの飲酒について

公開日: : お酒, 酒コラム


最近は、女性でもお酒を頻繁に飲む人も多く、飲酒が日常生活に溶け込んでいるといっても過言ではありません。

そして妊娠中にも、少しくらいなら飲んでも大丈夫じゃないかと軽く考えがちですが、これは非常に危険なこととなります。

昔から、妊娠中に大量のお酒を飲むと、未熟児が生まれやすかったり、流産しやすいといわれていましたが、ごく少量の飲酒でも、生まれてくる赤ちゃんに胎児性アルコール症候群という異常をもたらしてしまう恐れがあるということが分かってきました。

胎児性アルコール症候群とは、妊娠中に飲酒することで、赤ちゃんに発達障害や行動障害、学習障害などがあらわれる障害だといわれています。

赤ちゃんの脳は、妊娠中常に発達を続けています。

それは非常にデリケートなので、アルコールの影響を受けることで、さまざまな障害が起こりやすくなるのです。

たとえば脳が通常よりも小さかったり、脳の左右をつなぐ脳梁と呼ばれる部分が萎縮していたりといった、重大な障害を負ってしまう場合があります。

アメリカでは新生児1,000人あたりで1人から2人、日本では1991年の調査では1,000人あたり0.1人から0.05人程度とされていました。

その後の調査は行われていませんが、その人数は確実に増えているのではないかといわれています。

胎児性アルコール症候群は、女性が妊娠中にお酒を飲まないことで、確実に防げる障害です。

したがって、妊婦さんの飲酒は出来る限り避けていくべきでしょう。

スポンサーリンク

関連記事

「お神酒」について

お神酒は「おみき」あるいは「おしんしゅ」と読み、神様にお供えするお酒のことをいいます。 お

記事を読む

「柿は二日酔いの予防や悪酔いに効果的か」について

「柿」は二日酔いの予防や悪酔いの予防に効果があると言われています。 昔から「柿が赤くなると

記事を読む

「一気飲みの問題」について

お酒の一気飲みが大学生や社会人の歓迎会などで一時期もてはやされたことがありました。 しかし

記事を読む

「どぶろく」について

どぶろくとは、濁酒あるいは濁醪と書き、字の通り白く濁ったお酒です。 炊いた米に米麹や酵母な

記事を読む

「ハブ酒」って本当に効くのか?「ハブ酒」とハブについて調べてみた

ハブ酒はハブを焼酎に漬け込み密封したもののことです。 沖縄の名物としてよく知られていますが、な

記事を読む

焼酎の基礎知識

甲類と乙類と本格焼酎の定義について 焼酎の瓶など、パッケージを見ると、『甲類』、『乙類』、『本

記事を読む

お湯割りと水割りはどっちが利くのか

焼酎やウィスキーなどのお酒をお湯割りや水割りにする場合には、どちらの方が酔いやすいのでしょうか。

記事を読む

酒と尿酸値の関係について

健康診断や人間ドックなどで尿検査を受けると、たいていは結果の中に尿酸値が記されています。

記事を読む

ウォッカの歴史、製法、種類、産地、銘柄、カクテルのまとめ

ウォッカについて ウォッカとはトウモロコシや小麦、大麦などといった穀類、ジャガイモなどのイモ類

記事を読む

ビールと発泡酒の違いについて

お酒にもいろいろな種類がありますが、その中でもビールと発泡酒の違いがわかりにくい人も多いでしょう

記事を読む

毎月負担の通信費・・・お得にする方法【3選】

毎月の通信費が負担になっている方も多いのではないでしょうか。

女性が夢中になる!? アイドル育成ゲームとは?

男性向けソーシャルゲームでは、アイドルゲームが流行していること

スマホゲームの定番はアイドル育成? 男性向け編

スマートフォンやiPhoneをもつことはもはや当たり前となって

【フリーランスVS会社員】メリットデメリットまとめ

毎日満員電車に乗って会社に行き、残業して遅くに帰宅するような会

一人暮らしをする方必見!お部屋探しのポイントを紹介

部屋選びって難しいですよね・・・ 社会人や大学入学を機に

→もっと見る

PAGE TOP ↑