妊婦さんの飲酒について

公開日: : お酒, 酒コラム


最近は、女性でもお酒を頻繁に飲む人も多く、飲酒が日常生活に溶け込んでいるといっても過言ではありません。

そして妊娠中にも、少しくらいなら飲んでも大丈夫じゃないかと軽く考えがちですが、これは非常に危険なこととなります。

昔から、妊娠中に大量のお酒を飲むと、未熟児が生まれやすかったり、流産しやすいといわれていましたが、ごく少量の飲酒でも、生まれてくる赤ちゃんに胎児性アルコール症候群という異常をもたらしてしまう恐れがあるということが分かってきました。

胎児性アルコール症候群とは、妊娠中に飲酒することで、赤ちゃんに発達障害や行動障害、学習障害などがあらわれる障害だといわれています。

赤ちゃんの脳は、妊娠中常に発達を続けています。

それは非常にデリケートなので、アルコールの影響を受けることで、さまざまな障害が起こりやすくなるのです。

たとえば脳が通常よりも小さかったり、脳の左右をつなぐ脳梁と呼ばれる部分が萎縮していたりといった、重大な障害を負ってしまう場合があります。

アメリカでは新生児1,000人あたりで1人から2人、日本では1991年の調査では1,000人あたり0.1人から0.05人程度とされていました。

その後の調査は行われていませんが、その人数は確実に増えているのではないかといわれています。

胎児性アルコール症候群は、女性が妊娠中にお酒を飲まないことで、確実に防げる障害です。

したがって、妊婦さんの飲酒は出来る限り避けていくべきでしょう。

スポンサーリンク

関連記事

「お酒を飲むと「いびき」がひどくなる理由について

普段はいびきをまったくかかない人でも、お酒を飲んだ日の夜に限って、いびきの症状がひどくなるという

記事を読む

お酒で作った化粧品について

以前より、お酒のなかでも日本酒には、美肌や美白、保湿や酸化防止の効果があるとされてきました。

記事を読む

主な産地とワインの特徴 世界のワインのご紹介

フランスの産地やワインの特徴について フランスと言えば、イタリアに並ぶワインの生産大国として知

記事を読む

酒を飲み過ぎると記憶が飛ぶのはなぜ

お酒を飲んだ翌日に朝起きてみたら酒席の途中からの記憶が全くないのに、家にきちんとたどり着いていた

記事を読む

ノンアルコールビールについて

お酒を飲めない状況でも飲める、ノンアルコールビール。 その定義に明確な定義はありませんが、

記事を読む

「どぶろく」について

どぶろくとは、濁酒あるいは濁醪と書き、字の通り白く濁ったお酒です。 炊いた米に米麹や酵母な

記事を読む

寝付けないをお酒で解消できるのか?

日本人のアルコールの摂取量はほかの国と比べると、かなり少ない方だといわれています。 しかし

記事を読む

お酒を飲むと真っ赤になるのは何故?

お酒を飲むと顔が真っ赤になってしまうのが悩み、という人も多いです。 そういった、顔が赤くな

記事を読む

「柿は二日酔いの予防や悪酔いに効果的か」について

「柿」は二日酔いの予防や悪酔いの予防に効果があると言われています。 昔から「柿が赤くなると

記事を読む

アルコール依存症について

アルコール依存症は、薬物依存症の一種です。 飲酒などアルコールの摂取によって得られる精神的

記事を読む

奥田産業の黒だし 絶対おススメの絶品だし!

黒だしは、女優の熊谷真実ちゃんから教えてもらいました。 真実ちゃ

ルネセイコウ カラーリリィチェア CSP-320の使い勝手とは

椅子選びにお困りではありませんか。 座り心地はいいんだけど高さが

おススメ!フジ日本精糖 キープフラワーは有効か?

キープフラワーは、切り花用の活力剤です。 成分は、糖類、有機酸、

「新釈漢和 明治書院」私のおススメ辞書の感想や特徴です

漢和辞典です。 パソコン時代になっても、私のデスクには、漢和

おススメ!マルコシ商店のお取り寄せ。うに、いくら、イカ・・・

岩手県普代村に、マルコシ商店はあります。 ジャンルでいうとお魚屋

→もっと見る

PAGE TOP ↑