妊婦さんの飲酒について

公開日: : お酒, 酒コラム


最近は、女性でもお酒を頻繁に飲む人も多く、飲酒が日常生活に溶け込んでいるといっても過言ではありません。

そして妊娠中にも、少しくらいなら飲んでも大丈夫じゃないかと軽く考えがちですが、これは非常に危険なこととなります。

昔から、妊娠中に大量のお酒を飲むと、未熟児が生まれやすかったり、流産しやすいといわれていましたが、ごく少量の飲酒でも、生まれてくる赤ちゃんに胎児性アルコール症候群という異常をもたらしてしまう恐れがあるということが分かってきました。

胎児性アルコール症候群とは、妊娠中に飲酒することで、赤ちゃんに発達障害や行動障害、学習障害などがあらわれる障害だといわれています。

赤ちゃんの脳は、妊娠中常に発達を続けています。

それは非常にデリケートなので、アルコールの影響を受けることで、さまざまな障害が起こりやすくなるのです。

たとえば脳が通常よりも小さかったり、脳の左右をつなぐ脳梁と呼ばれる部分が萎縮していたりといった、重大な障害を負ってしまう場合があります。

アメリカでは新生児1,000人あたりで1人から2人、日本では1991年の調査では1,000人あたり0.1人から0.05人程度とされていました。

その後の調査は行われていませんが、その人数は確実に増えているのではないかといわれています。

胎児性アルコール症候群は、女性が妊娠中にお酒を飲まないことで、確実に防げる障害です。

したがって、妊婦さんの飲酒は出来る限り避けていくべきでしょう。

スポンサーリンク

関連記事

シジミは二日酔いの予防や悪酔いに効果的か

「シジミ」は日本の食卓には非常にポピュラーな食材です。 日本全国の河川の河口域に生息してい

記事を読む

ノンアルコールビールについて

お酒を飲めない状況でも飲める、ノンアルコールビール。 その定義に明確な定義はありませんが、

記事を読む

ノンアルコールビールは子供はOK?

ノンアルコール飲料はアルコールが含まれていないか、1%未満のアルコールを含んでいるアルコールテイ

記事を読む

お湯割りと水割りはどっちが利くのか

焼酎やウィスキーなどのお酒をお湯割りや水割りにする場合には、どちらの方が酔いやすいのでしょうか。

記事を読む

お酒が「強い」「弱い」の違いについて

お酒が強い、弱いといった人がいますが、その違いとはなんでしょうか?通常、お酒を飲んだ時に体内に吸

記事を読む

ビール腹の原因はビールの飲み過ぎか

気になるおなか回りの原因が、習慣的なビールであると感じている人は多いです。 ビール腹という

記事を読む

寝付けないをお酒で解消できるのか?

日本人のアルコールの摂取量はほかの国と比べると、かなり少ない方だといわれています。 しかし

記事を読む

飲酒運転の罰則について

お酒を飲んで運転をする、飲酒運転は道路交通法第六十五条の第一項から第四項で禁止されており、これに

記事を読む

リキュールの歴史、製法、種類、産地、銘柄、カクテルのまとめ

リキュ-ルについて リキュ-ルとは、蒸留酒に果実やハーブといった別の材料を加えることで、その香

記事を読む

日本酒の基礎知識 | 日本酒好きなら知っておきたい基本の基本

日本酒の製造工程について 日本酒を造る上で欠かせないのが「酒米」。 まずはこの米を削り、洗い

記事を読む

毎月負担の通信費・・・お得にする方法【3選】

毎月の通信費が負担になっている方も多いのではないでしょうか。

女性が夢中になる!? アイドル育成ゲームとは?

男性向けソーシャルゲームでは、アイドルゲームが流行していること

スマホゲームの定番はアイドル育成? 男性向け編

スマートフォンやiPhoneをもつことはもはや当たり前となって

【フリーランスVS会社員】メリットデメリットまとめ

毎日満員電車に乗って会社に行き、残業して遅くに帰宅するような会

一人暮らしをする方必見!お部屋探しのポイントを紹介

部屋選びって難しいですよね・・・ 社会人や大学入学を機に

→もっと見る

PAGE TOP ↑