妊婦さんの飲酒について

公開日: : お酒, 酒コラム


最近は、女性でもお酒を頻繁に飲む人も多く、飲酒が日常生活に溶け込んでいるといっても過言ではありません。

そして妊娠中にも、少しくらいなら飲んでも大丈夫じゃないかと軽く考えがちですが、これは非常に危険なこととなります。

昔から、妊娠中に大量のお酒を飲むと、未熟児が生まれやすかったり、流産しやすいといわれていましたが、ごく少量の飲酒でも、生まれてくる赤ちゃんに胎児性アルコール症候群という異常をもたらしてしまう恐れがあるということが分かってきました。

胎児性アルコール症候群とは、妊娠中に飲酒することで、赤ちゃんに発達障害や行動障害、学習障害などがあらわれる障害だといわれています。

赤ちゃんの脳は、妊娠中常に発達を続けています。

それは非常にデリケートなので、アルコールの影響を受けることで、さまざまな障害が起こりやすくなるのです。

たとえば脳が通常よりも小さかったり、脳の左右をつなぐ脳梁と呼ばれる部分が萎縮していたりといった、重大な障害を負ってしまう場合があります。

アメリカでは新生児1,000人あたりで1人から2人、日本では1991年の調査では1,000人あたり0.1人から0.05人程度とされていました。

その後の調査は行われていませんが、その人数は確実に増えているのではないかといわれています。

胎児性アルコール症候群は、女性が妊娠中にお酒を飲まないことで、確実に防げる障害です。

したがって、妊婦さんの飲酒は出来る限り避けていくべきでしょう。

スポンサーリンク

関連記事

「御屠蘇」について

お屠蘇とは、正月に一年間の邪気を払って長寿を願うために飲むお酒です。 悪鬼を屠り魂を蘇生さ

記事を読む

酒と尿酸値の関係について

健康診断や人間ドックなどで尿検査を受けると、たいていは結果の中に尿酸値が記されています。

記事を読む

「酒風呂」の効果・効能

「酒風呂」とは、浴槽に日本酒などのお酒を入れるだけという、自宅で簡単に行える入浴法の1つです。

記事を読む

「ハブ酒」って本当に効くのか?「ハブ酒」とハブについて調べてみた

ハブ酒はハブを焼酎に漬け込み密封したもののことです。 沖縄の名物としてよく知られていますが、な

記事を読む

主な産地とワインの特徴 世界のワインのご紹介

フランスの産地やワインの特徴について フランスと言えば、イタリアに並ぶワインの生産大国として知

記事を読む

焼酎の種類 | 原料別特徴や飲み口などのご紹介

麦焼酎について 『麦焼酎』とは、ビールやウイスキーと同じ原料である「大粒大麦(だいりゅうおおむ

記事を読む

ダイエットとお酒の関係について

みなさんは、「お酒のアルコールはエンプティカロリーなので太りません」という言葉を聞いたことはない

記事を読む

「スズメバチ酒」の効果について

スズメバチは蜂の中でも比較的大型で強烈な毒をもつものが多く、攻撃性も高いため、非常に危険な種類で

記事を読む

主な焼酎産地と代表的な銘柄のご紹介

鹿児島の焼酎と主な銘柄について 鹿児島県で生産されている焼酎は、その大半が「芋焼酎」で、奄美大

記事を読む

「料理酒って飲んでもOKなのか」について

お酒の種類に「料理酒」とういうものはなく、一般的に売られている「料理酒」は調味料の種類に分けられ

記事を読む

お得がいっぱい!【ふるさと納税】を利用してみよう!

ここ最近急速に認知度が高まった「ふるさと納税」。ふるさと納税と

オタク女子の婚活事情を考察

オタク女子の婚活事情 昔からアニメ・マンガ・ネットのサブカル

no image
実写化はあり?なし?実写ドラマ、映画化されたコミック

最近、人気コミックの実写化が相次いでいます。 つい最近も、人間社会に

副業したいけどばれたくない!大切なポイントまとめ

毎月の給与だけでは生活が大変だから、副業をして少しでもお金を稼

メリットがたくさん!【米国株】について紹介

米国株の魅力を知らないのは損! 米国株と聞くと、「日本株より

→もっと見る

PAGE TOP ↑