お酒と薬の飲み合わせについて

公開日: : お酒, 酒コラム


お酒と薬を一緒に飲むのはよくないと、昔からいわれています。

その理由としては、お酒も薬も、どちらも肝臓で解毒をされるため、同時に服用すると、それだけ肝臓に負担を掛けることになるからです。

肝臓の解毒作用に負担を掛け過ぎてしまうと、手術などをするときに麻酔薬が効きにくい身体になってしまうといわれています。

これは、普段から肝臓を酷使していると、酵素の働きが増して、アルコール以外の薬物に対しても、解毒作用が高まってしまうためです。

したがって麻酔薬に対しても、解毒しようと身体が反応してしまい、結果薬が効きにくい身体になってしまうのです。

また、2つを併用することにより、薬の効き目が半減したり、あるいは強く効きすぎてしまったりといった弊害が起こる恐れもあります。

そして薬の種類によっては、思わぬ副作用を誘発して、命に関わることにもなるため注意が必要です。

たとえば、心臓の働きを活発にする作用がある強心薬とお酒を同時に服用してしまうと、代謝が抑えられて血中濃度が高くなりすぎてしまい、中毒症状を起こす場合があります。

またアルコールには、血行をよくして血管を広げる作用があります。

したがって飲酒によって血圧が下がっている時に、さらに血圧を下げる高血圧の薬を飲むと、血圧が下がりすぎて、立ちくらみやめまいを起こすといわれています。

このように、アルコールも薬の1種であると自覚をして、お酒と薬を一緒の飲むことはやめるべきでしょう。

スポンサーリンク

関連記事

ワインの基礎知識 | ワイン好きなら知っておきたい基本の基本

ワインについて ワインは、主に葡萄を発酵させて作られたお酒の一つというのは、皆さんご存知ですよ

記事を読む

ウォッカの歴史、製法、種類、産地、銘柄、カクテルのまとめ

ウォッカについて ウォッカとはトウモロコシや小麦、大麦などといった穀類、ジャガイモなどのイモ類

記事を読む

酒と尿酸値の関係について

健康診断や人間ドックなどで尿検査を受けると、たいていは結果の中に尿酸値が記されています。

記事を読む

焼酎の基礎知識

甲類と乙類と本格焼酎の定義について 焼酎の瓶など、パッケージを見ると、『甲類』、『乙類』、『本

記事を読む

ダイエットとお酒の関係について

みなさんは、「お酒のアルコールはエンプティカロリーなので太りません」という言葉を聞いたことはない

記事を読む

妊婦さんの飲酒について

最近は、女性でもお酒を頻繁に飲む人も多く、飲酒が日常生活に溶け込んでいるといっても過言ではありま

記事を読む

酒はどうすれば強くなるのか

簡潔に言うと、お酒は訓練で強くなることはありません。 飲酒により体内に入ったアルコールは肝

記事を読む

寝付けないをお酒で解消できるのか?

日本人のアルコールの摂取量はほかの国と比べると、かなり少ない方だといわれています。 しかし

記事を読む

「酒は百薬の長」について

「酒は百薬の長」という言葉がありますが、これは本当でしょうか?もともとこの言葉は、適量のお酒はど

記事を読む

ワインには色々な種類(製法)が有ります。それぞれの特徴とは・・・

スティルワイン(非発泡性ワイン)の特徴とは・・・ スティルワインは、葡萄を発酵させる際に出る炭

記事を読む

毎月負担の通信費・・・お得にする方法【3選】

毎月の通信費が負担になっている方も多いのではないでしょうか。

女性が夢中になる!? アイドル育成ゲームとは?

男性向けソーシャルゲームでは、アイドルゲームが流行していること

スマホゲームの定番はアイドル育成? 男性向け編

スマートフォンやiPhoneをもつことはもはや当たり前となって

【フリーランスVS会社員】メリットデメリットまとめ

毎日満員電車に乗って会社に行き、残業して遅くに帰宅するような会

一人暮らしをする方必見!お部屋探しのポイントを紹介

部屋選びって難しいですよね・・・ 社会人や大学入学を機に

→もっと見る

PAGE TOP ↑