香典返しの金額についての考察です

公開日: : 葬儀.仏事


香典返しの金額を、いくらくらいに設定すればいいか。
これについて迷ってしまうという方も、少なくないことでしょう。
一般的には、いただいたお香典金額の半分を返すものとされています。
つまり、お香典が一万円だったのであれば、香典返しは5,000円ということになりますね。

亡くなったのが一家の大黒柱だったという場合には、金額を若干差し控えるということで、三分の一を目安にするというケースもあるようです。
また、親族などから高額のお香典をいただくという場合もあると思います。
この場合は、親族としての気持ちが込もっている金額ですので、半額返しでは失礼に当たることも考えられます。

ですから、気持ちをありがたくいただき、三分の一や四分の一を目安にして香典返しを送りましょう。
ちなみに、5万円を超えるようであれば、高額のお香典と考えていいと思います。
いただくお香典自体が、人によって金額が違うものですので、基本的には一律のものではなく、個別にお送りするものを変えるほうがいいでしょう。

金額で差別するわけではありませんが、5,000円のお香典をいただいた方に5,000円以上の香典返しを送ってしまったのでは、お気持ちをいただいていないということで逆に失礼にあたってしまいます。
また、お香典に対して、あまりにも安い金額の香典返しでは失礼になってしまうのは言うまでもないことでしょう。
そういったことも踏まえて、少し手間はかかりますがいただいた金額に応じた香典返しを用意するというのが大切なことだと思います。

スポンサーリンク

関連記事

忌中・喪中・お盆・お彼岸など仏事にまつわる言葉の意味とは・・・

忌中とは 『忌中』というのは、仏式の場合、故人が亡くなってから「七七日(四十九日)」までの期間

記事を読む

喪中(欠礼)はがきの傾向と対策

『喪中(欠礼)はがき』というのは、近親者の中で1年以内に不幸があった時に、「喪中のため年賀状を出

記事を読む

法事・法要についての基礎知識のまとめ

人が亡くなると遺族は通夜、葬儀に始まる各種の法要や法事を行い亡くなった人との別れの儀式を済ませ、

記事を読む

神式、キリスト教の法要についてのご紹介

日本では仏教が多いですので、法要も仏式で行われるというのが一般的ですが、神道の方の場合には『神式

記事を読む

法要「初七日」「四十九日」「一周忌」「年忌法要」とは

初七日 初七日は、人が亡くなってから七日目に行われる法要であり、葬儀の後で最初に行われる法事で

記事を読む

葬儀の種類のまとめ。立場や状況で様々です。

社葬 社葬とは、亡くなった人が企業に大きく影響を与える立場にあった場合に行われる葬儀のことです

記事を読む

故人の遺品の整理についての考察です

遺品の整理についてお悩みの方も少なくないようですので、ここで少しご説明しておきましょう。

記事を読む

仏具についての基礎知識

お線香とは 宗派によって違いはありますが、お線香は花やロウソクとともに仏壇に飾るものとして、も

記事を読む

葬儀・葬式にまつわる基礎知識をまとめました

葬儀、葬式を行うという経験は、一生のうちで何度でもあるわけではありません。 そのため、どの

記事を読む

葬儀社選び。いざと言う時に困らない為に!

葬儀社を選ぶポイント 人の死というものは突然に訪れることがほとんどであり、またそれはめったにな

記事を読む

毎月負担の通信費・・・お得にする方法【3選】

毎月の通信費が負担になっている方も多いのではないでしょうか。

女性が夢中になる!? アイドル育成ゲームとは?

男性向けソーシャルゲームでは、アイドルゲームが流行していること

スマホゲームの定番はアイドル育成? 男性向け編

スマートフォンやiPhoneをもつことはもはや当たり前となって

【フリーランスVS会社員】メリットデメリットまとめ

毎日満員電車に乗って会社に行き、残業して遅くに帰宅するような会

一人暮らしをする方必見!お部屋探しのポイントを紹介

部屋選びって難しいですよね・・・ 社会人や大学入学を機に

→もっと見る

PAGE TOP ↑