香典返しの金額についての考察です

公開日: : 葬儀.仏事


香典返しの金額を、いくらくらいに設定すればいいか。
これについて迷ってしまうという方も、少なくないことでしょう。
一般的には、いただいたお香典金額の半分を返すものとされています。
つまり、お香典が一万円だったのであれば、香典返しは5,000円ということになりますね。

亡くなったのが一家の大黒柱だったという場合には、金額を若干差し控えるということで、三分の一を目安にするというケースもあるようです。
また、親族などから高額のお香典をいただくという場合もあると思います。
この場合は、親族としての気持ちが込もっている金額ですので、半額返しでは失礼に当たることも考えられます。

ですから、気持ちをありがたくいただき、三分の一や四分の一を目安にして香典返しを送りましょう。
ちなみに、5万円を超えるようであれば、高額のお香典と考えていいと思います。
いただくお香典自体が、人によって金額が違うものですので、基本的には一律のものではなく、個別にお送りするものを変えるほうがいいでしょう。

金額で差別するわけではありませんが、5,000円のお香典をいただいた方に5,000円以上の香典返しを送ってしまったのでは、お気持ちをいただいていないということで逆に失礼にあたってしまいます。
また、お香典に対して、あまりにも安い金額の香典返しでは失礼になってしまうのは言うまでもないことでしょう。
そういったことも踏まえて、少し手間はかかりますがいただいた金額に応じた香典返しを用意するというのが大切なことだと思います。

スポンサーリンク

関連記事

神式、キリスト教の法要についてのご紹介

日本では仏教が多いですので、法要も仏式で行われるというのが一般的ですが、神道の方の場合には『神式

記事を読む

仏教各宗派の成立ちや特長についてまとめました

浄土真宗本願寺派 浄土真宗本願寺派は、阿弥陀如来の本願を信じてただひたすら念仏を唱えていれば浄

記事を読む

仏具についての基礎知識

お線香とは 宗派によって違いはありますが、お線香は花やロウソクとともに仏壇に飾るものとして、も

記事を読む

法要「初七日」「四十九日」「一周忌」「年忌法要」とは

初七日 初七日は、人が亡くなってから七日目に行われる法要であり、葬儀の後で最初に行われる法事で

記事を読む

忌中・喪中・お盆・お彼岸など仏事にまつわる言葉の意味とは・・・

忌中とは 『忌中』というのは、仏式の場合、故人が亡くなってから「七七日(四十九日)」までの期間

記事を読む

お仏壇についての基礎知識

亡くなった先祖や家族を供養するために、仏教では家庭に仏壇を置いて仏具を飾り、位牌や写真とともにお

記事を読む

葬儀社選び。いざと言う時に困らない為に!

葬儀社を選ぶポイント 人の死というものは突然に訪れることがほとんどであり、またそれはめったにな

記事を読む

喪中(欠礼)はがきの傾向と対策

『喪中(欠礼)はがき』というのは、近親者の中で1年以内に不幸があった時に、「喪中のため年賀状を出

記事を読む

法事・法要についての基礎知識のまとめ

人が亡くなると遺族は通夜、葬儀に始まる各種の法要や法事を行い亡くなった人との別れの儀式を済ませ、

記事を読む

葬儀・葬式にまつわる基礎知識をまとめました

葬儀、葬式を行うという経験は、一生のうちで何度でもあるわけではありません。 そのため、どの

記事を読む

エバーメイト 美顔カップスで毛穴の汚れがしっかり取れる

カップスには、直径25mmのMと、直径20mmのSがあります。

シャチハタ おりがみ工場で『みんなと違うおりがみで折りたい』をかなえます。

今、小学生のおりがみ女子たち羨望の商品があります。 『おりがみ工

温巡りグルコ 神経痛にほかほかの温感で効果あり!

温巡りグルコは、数ある塗るグルコサミンのパイオニアです。 神経痛

あゆみ 介護シューズ 軽い、 撥水、抗菌、防臭、手洗い可能

今のお年寄りって、案外、年寄り年寄りしていない若い、「いくつなの?

『灸美人』 家庭で、自分で、一人で、簡単にできるお灸です

家庭で、自分で、一人で、簡単にできるお灸です。 疲れ切っているの

→もっと見る

PAGE TOP ↑