葬儀・葬式にまつわる基礎知識をまとめました

公開日: : 葬儀.仏事

葬儀、葬式を行うという経験は、一生のうちで何度でもあるわけではありません。
そのため、どのように手順を進めていくと良いのかがわからないという人も多いでしょう。
悲しみのうちにさまざな対応に追われ、いつの間にか終わってしまったといったこともよく耳にされます。
こちらでは葬儀社の選び方をはじめとして葬儀、葬式に関するさまざな情報をわかりやすく解説しています。
一生に一度の別れを後悔のないものにするために、必要な知識が得られる助けになれば幸いです。

喪主と施主の違いについて

葬儀や葬式において通常、喪主と施主は同じ人が務めることになります。
そのため、その役割についても混同されがちです。
喪主は遺族を代表して葬儀を行い、参列者や弔問客を迎えます。
原則として跡取りか祭祀継承者となり、亡くなった人の遺骨を仏壇やお墓で管理する役割も果たします。
一方、施主は葬儀や葬式に関する金銭的な責任を負い、運営全般を担います。
喪主と施主が同一であるという認識は、祭祠権と財産権が一人に継承されるという戦前の影響によるところもあります。
戦後に法改正が行われて祭祠権と財産権が分離され、財産は直系親族や兄弟に分与されるようになりました。
そこから喪主と施主も分けて考えられるようになったのですが、一般的な葬儀や葬式では喪主と施主は同じ人である場合が大部分です。
喪主は配偶者が務めることが一般的であり、配偶者が亡くなっている場合には子どもが務め、子どもがいなければ親や兄弟が務めることになります。
喪主と施主が違うケースとしては、社葬ですと喪主は亡くなった人の配偶者などといった遺族になりますが、施主は会社です。
また、娘婿が家業を継ぐ場合などですと、喪主を配偶者が務めて施主が娘婿になる場合もあります。
亡くなった人に配偶者や親がなく、喪主を未成年の子どもが務める場合などには、親族が施主を務めることもあります。
喪主と施主が異なる場合には、葬儀社と打ち合わせをする際にも必ず双方が出席します。
施主は亡くなった人の希望や喪主の意思を確認しつつ、具体的な内容を決めていきます。

喪主の仕事について

喪主とは、亡くなった人に成り代わって遺族の代表として葬儀、葬式を主催する人のことです。
喪主は亡くなった人ともっとも縁の深かった人を選ぶことが通例であり、たとえば亡くなった人の配偶者か子ども、大抵は長男になることが一般的です。
喪主には葬儀、葬式という亡くなった人との最後の別れの式を滞りなく行うという重要な役割があるということを認識しなければなりません。
そのためには通夜や葬儀の日取りに関する決定、世話役の依頼、葬儀の手配をいったことをする必要があります。
親族や知人、僧侶などといった関係者への連絡も忘れてはいけません。
これらは、葬儀社と打ち合わせをしながら進めることになります。
また、通夜や葬儀での実務的な対応は世話役や葬儀社が担当しますが、弔問客への接待や挨拶などの対応は、喪主の重要な仕事です。
個々の弔問客に対する丁寧な対応が、必要となります。
さらには備品や返礼品の選定、料理の手配、金銭の管理、葬儀が終了した後の後片付けや御礼なども、喪主の仕事のうちのひとつです。
しかしながら最愛の肉親を失った直後に、これらのことをすべて喪主が1人で対応するということは、精神的にも肉体的にもかなりの負担になります。
ですから、葬儀の段取りに関する葬儀社との打ち合わせなどは喪主でなくても、ほかの家族や親族に任せて良いでしょう。
あくまで、喪主にとってもっとも大切な仕事は弔問客や僧侶への応対です。
そのほかの仕事については、分担するということも大切です。

戒名の値段

葬儀や葬式を行うにあたって気がかりなことのひとつが、葬儀にかかる費用のことでしょう。
ここで注意しておかなければいけないのは葬式の費用、僧侶への支払いであるいわゆる「お布施」は別のものであるということです。
お布施には読経料、戒名料などが含まれています。
「戒名」とは、人が生きている間に仏門へ入った証拠として、授けられる名前のことです。
熱心な仏教徒であれば生前から戒名を持つという人も少なくありませんが、一般的には、葬式仏教の慣習として、死後に戒名を授かるようになっています。
その戒名を授かる際に、お寺へ支払う料金が戒名料です。
建前では戒名料というものは存在しないのですが、事実上は明らかに存在していて、戒名のランクの高低による料金体系があるのです。
宗派やお寺の「格」、考え方、また地域によっても戒名料には差があります。
さらに戒名と別に「院号」や「道号」、「位号」などが加わることで戒名の位が変わり、戒名料も変わります。
ですから、お寺によっては数万円から数百万円という開きもあるのです。
現代社会ではお寺と檀家とのかかわりが希薄になってきているため、何かと収入が少ないお寺にとって戒名料は、大切な収入源になっています。
そういう意味では戒名料というものは、お寺のビジネスのひとつであるといって良いかもしれません。
葬儀の費用や僧侶へのお布施のことはなかなか聞きにくいことではありますが、事前に葬儀社や宗派のお寺に相談すると良いでしょう。

お通夜とは

お通夜とは、葬儀や葬式の前夜に行われる儀式です。
そもそもの意味合いとしては、亡くなった人の身近にいた人たちが遺体を見守りながら付き添うことで邪霊の進入を防ぎ、夜通しで別れを惜しんで次の日に行われる葬儀や葬式へとつなげるものです。
誰かが亡くなったときには家族や親近者だけが集まり、そのそばで思い出やその人となりについてまさに夜通し語り合う光景は、従来は当たり前にあったものです。
しかしながら近年は、核家族化や少子化が進んでいる影響もあり、お通夜が持っている本来の意味は忘れられつつあり、単なる儀式と化してきているところもあります。
お通夜は午後6時頃から開始され、午後9時頃までの時間で葬儀や葬式に来ることができない人たちや亡くなった人に近しい人が中心となって参列し、読経は1回程度にするというような、「半通夜」と呼ばれる形態が多くなっています。
さらには夜通し付き添うこと自体が目的になってしまい、翌日の葬儀で寝不足になることを不満に思う参列者や夜通し付き添わせることを心苦しく思う遺族がいるなどといったように、そもそもの意味からすると本末転倒なことにもなっています。
人が亡くなったことによって、普段はほとんど顔を合わせることもない親戚が一同に集まり、またあらたな縁も生まれます。
お通夜でお酒を飲み、子どものころの思い出や亡くなった人に怒られたことなどを話し続けることは、人生そのものでもあります。
親戚や家族の関係が希薄になっていて行き来がないということも多い時代ですから、お通夜に集まっても何も話をすることがなく、とにかく徹夜をしなければならないということだけが残ってしまうことも、仕方がないのかもしれません。

死亡届や火葬許可証について

誰かが亡くなったときにお通夜や葬儀が行われるということは、すぐにイメージすることができるでしょう。
しかしながら生まれたときには出生届を出し結婚では婚姻届、そのほかにも戸籍や本籍、住民票といったように、この世で生活をしていたという事実は、さまざまな手続きによって公的に証明されているものです。
人が亡くなったときにも当然、手続きをしなければなりません。
儀式としてお通夜や葬儀の手配や段取りを行うとともに、並行して各種の手続きをする必要もあります。
まずは、人が亡くなった日から7日以内には、「死亡届」を提出しなければなりません。
亡くなった地域や亡くなった人の本籍地、生前の住まいといういずれかの役所で手続きをします。
本籍地以外で手続きをする場合には、2通の死亡届が必要とされます。
死亡したという事実は大きなものですから、手続きも簡単ではありません。
死亡届は「死亡診断書」と一対の用紙になっていて、亡くなったことを確認した医師からは必ず死亡を証明する署名捺印をしてもらう必要があります。
実際に死亡届を提出する人は葬儀社や知人、代理人でも問題ありません。
また、亡くなった人の遺体は火葬することになりますが、遺体を焼くということは一歩間違えると罪になってしまいます。
これも、「火葬許可証」を受け取らなければいけないことになっています。
火葬許可証は、「火葬許可申請書」を提出することで受け取ることができるものですが、同時に必ず死亡届が提出されていなければなりません。
火葬許可証は火葬するときに火葬場へ提出し、火葬が終わると火葬の記録がなされて遺族に戻されます。
この火葬許可証は次に「埋葬許可証」となり、納骨のときに必要とされます。

葬儀と告別式とは

葬儀や葬式において一般的に人々の会葬を受ける場は、「葬儀・告別式」といいます。
本来は「葬儀」と「告別式」とで別々に行われていたものが一緒に行われるようになったため、このようにいわれるようになりました。
「葬儀ならびに告別式」ということが、丁寧な表現となります。
葬儀とは亡くなった人をあの世へ送るための儀式を指し、ほとんどの場合にはいずれかの宗教によって執り行われます。
これに対して告別式は参列、会葬した人たちが焼香や献花をして、亡くなった人にお別れをする儀式のことをいいます。
本来は、葬儀をしてから告別式が行われていました。
明治時代までは、葬儀だけを行うという形式が一般的でした。
告別式については、明治時代に中江兆民が亡くなった際に行われたことが最初であるとされています。
遺言にもとづいての葬式が行われなかったためであり、親しい人たちによって宗教儀礼による葬儀の代わりに、無宗教葬として行われていました。
葬儀の後に続けて行われるようになったのは、昭和に入ってからのことです。
昨今では通夜、葬儀、告別式を総括して一般的に「葬式」と呼んでいます。
告別式は亡くなった人とかかわりのあった人々とのお別れの儀式であり、葬儀よりも告別式により幅広く関係を持っていた人たちが参列します。
特に亡くなった人と親しかった人は、通夜と翌日の葬儀・告別式の両方に参加します。
それほど親しいわけではなかったもののお別れをしたいということであれば、昼間の都合がつくのであれば告別式へ出ることが、葬儀葬式では本来のありかたでしょう。

友引の考え方

暦には「六曜」と呼ばれるものがあり、「友引」はそのひとつです。
六曜にはほかに「先勝」、「先負」、「仏滅」、「大安」、「赤口」があります。
六曜の発祥は中国であり、日本においては幕末の頃から広く一般的にも知られるようになったものです。
カレンダーでは日付けの下などに記載されていますから、意味は知らないとしてもよく知られています。
友引の考え方としては、1日のうち朝と夜は吉であるものの昼は凶であるため、物事を慎重に控えめにしなければならないという言い伝えがあります。
また、この日は勝負事で勝ち負けがつかず引き分けになりやすい、良いことでも悪いことでも友を引き寄せやすい日であるともされています。
六曜などというものは普段こそ特に気にしなくても、冠婚葬祭などといった特別な行事のときだけは縁起をかつぎたいためということで、気にするという人が多くなります。
そんな友引の考え方は、冠婚葬祭では婚礼と葬儀で真逆になります。
友を引き寄せやすいという意味から「幸せのおすそわけ」になるため、婚礼などのおめでたい行事は多く行われています。
大安の次に良い日であるともいわれています。
その一方、葬儀ではまったく反対の意味になります。
友を引き寄せやすいという意味は同じですが、亡くなった人が冥土へ連れていってしまうという迷信があることから、葬儀を友引の日に行うことはあまり多くありません。
ただ、これは宗派によって、六曜に関係なく葬儀を行うというケースもあります。
実際には、火葬場のほとんどが友引の日に休業しています。

スポンサーリンク

関連記事

神式、キリスト教の法要についてのご紹介

日本では仏教が多いですので、法要も仏式で行われるというのが一般的ですが、神道の方の場合には『神式

記事を読む

忌中・喪中・お盆・お彼岸など仏事にまつわる言葉の意味とは・・・

忌中とは 『忌中』というのは、仏式の場合、故人が亡くなってから「七七日(四十九日)」までの期間

記事を読む

喪中(欠礼)はがきの傾向と対策

『喪中(欠礼)はがき』というのは、近親者の中で1年以内に不幸があった時に、「喪中のため年賀状を出

記事を読む

法要「初七日」「四十九日」「一周忌」「年忌法要」とは

初七日 初七日は、人が亡くなってから七日目に行われる法要であり、葬儀の後で最初に行われる法事で

記事を読む

納骨の時期やマナーについての基礎知識

『納骨の時期』は、いつ頃が適切なのか、これに関しては明確な決まりというものはないようです。 法

記事を読む

故人の遺品の整理についての考察です

遺品の整理についてお悩みの方も少なくないようですので、ここで少しご説明しておきましょう。

記事を読む

仏教各宗派の成立ちや特長についてまとめました

浄土真宗本願寺派 浄土真宗本願寺派は、阿弥陀如来の本願を信じてただひたすら念仏を唱えていれば浄

記事を読む

仏具についての基礎知識

お線香とは 宗派によって違いはありますが、お線香は花やロウソクとともに仏壇に飾るものとして、も

記事を読む

法事・法要についての基礎知識のまとめ

人が亡くなると遺族は通夜、葬儀に始まる各種の法要や法事を行い亡くなった人との別れの儀式を済ませ、

記事を読む

香典返しの金額についての考察です

香典返しの金額を、いくらくらいに設定すればいいか。 これについて迷ってしまうという方も、少なく

記事を読む

毎月負担の通信費・・・お得にする方法【3選】

毎月の通信費が負担になっている方も多いのではないでしょうか。

女性が夢中になる!? アイドル育成ゲームとは?

男性向けソーシャルゲームでは、アイドルゲームが流行していること

スマホゲームの定番はアイドル育成? 男性向け編

スマートフォンやiPhoneをもつことはもはや当たり前となって

【フリーランスVS会社員】メリットデメリットまとめ

毎日満員電車に乗って会社に行き、残業して遅くに帰宅するような会

一人暮らしをする方必見!お部屋探しのポイントを紹介

部屋選びって難しいですよね・・・ 社会人や大学入学を機に

→もっと見る

PAGE TOP ↑