葬儀社選び。いざと言う時に困らない為に!

公開日: : 葬儀.仏事

葬儀社を選ぶポイント

人の死というものは突然に訪れることがほとんどであり、またそれはめったにないことでもあります。
いざそのときになると経験も知識もなく、何をすれば良いのかがにわかにはよくわからないものでもあります。

一方で最近は、葬儀などといった亡くなってからのことについて、生前から決めておきたいと考えている人も増えています。
葬儀の準備をする上では葬儀社を利用するわけですが、葬儀社を選ぶポイントについて考える上ではその営業に公的な資格を必要とせず、店舗も持たず電話だけでも営業することができるという手軽さもあることから数が多く、個性もさまざまです。

実際に葬儀社を選ぶにあたってはあまり深く考えず、費用の安さで決めたというケースも少なくありません。
しかしながらその結果スタッフの質が悪かった、法外な金額を請求された、見積もりよりも請求された実費の負担が極端に多かったなどといったトラブルが起きた例もあります。

そのため、電話やメールなどでのやりとりだけではなく事前に担当者と会い、葬儀の内容や費用などについて相談した上で、任せることができるという確信を得てから申し込むことをおすすめします。
できれば数社から同じようにして見積もりをもらい、比較検討してから決定すると良いでしょう。

葬儀を行う斎場のことについてよく知っていて、地域にもくわしく地元に密着している葬儀社であれば、より安心です。
家族葬、社葬、個性的なスタイルの葬儀などといったように得意としている分野もそれぞれ違いますから、そのあたりも考慮しましょう。

葬儀社に連絡前に決めておく事

人が亡くなると大抵の場合、よほどのことがない限りは葬儀が行われます。
この際に考えるべきであることは、どのような葬儀を行うかということです。
エンディングノートなどがあって亡くなった人の遺志が明らかになっていなければ、遺族としては困ってしまうところもあります。

費用を抑えて簡素化する場合、いろいろと告知を出す場合、形式としても直葬や市民葬、家族葬、密葬などといったさまざまなものがあります。
葬儀社を利用する場合には、当然ですが会社によって料金が異なります。
プランもさまざまですし、亡くなった人のためであるとされると断りにくくなってしまうこともあります。

しかしながら、どのようなスタイルにするかについてしっかり決めておけば、比較対象が少なくて済みます。
また、どのようなものにしたいかが明確であれば、それだけ満足度も高くなります。
葬儀社へ連絡する前に、どのような葬儀にするのかを決めておくことが良いでしょう。

また、葬儀を行うにあたっては宗教や宗派を確認することも必要です。
宗派によって作法が違うこともありますし、年長者が葬儀の形式に要望を出すという場合もあります。
予算についても、早い段階で大まかには決めておくべきです。

式自体はどのようなランクのものであってもかまわないのですが、相場を知らずに葬儀社と話をすると、大抵は「中ランク」ということで落ち着きます。
いくらでどのくらいの人数で行うかということは、決めておくことをおすすめします。
さらには誰を呼ぶのかについても、しっかり連絡先まで確認する必要があります。
連絡を忘れてしまうといったミスがあると、先方にも亡くなった人にも失礼にあたります。

葬儀費用に含まれるもの

葬儀費用に含まれるものとしては、大きく3つ挙げられます。
まずは、葬儀一式についての費用です。
これはその通り、葬儀そのものを行うために必要な費用のことです。

遺影の写真代や会場の使用料、ドライアイス、遺体の運搬料金、マイクロバス、役所の手続きにかかる費用、看板、焼香の設備、司会進行、音響などといったように、さまざまなものにお金がかかります。
祭壇や棺桶については素材の種類などによるランクもありますから、葬儀社としっかり打ち合わせをすることが大切です。
家族や親族とも話し合って、式をどのようなものにするかも決めておきます。
また、接待にかかる費用も発生します。

亡くなった人の通夜や告別式に来てもらった人へふるまう通夜ぶるまいや精進落としの料理、飲み物、お礼の品物などにかかる費用です。
当然ながら人数によって金額は変わるのですが、葬儀社に依頼すれば大まかな見積もりを出してくれます。
さらには人数の変更があるごとに料金の返金、追加といったこともしてくれます。

さらにすべての弔問客に対して会葬礼状、お返しの品も必要です。
これらは葬儀社で用意してくれる場合も多くなっていて、お茶やタオルといったものが無難です。
遠くから来てくれたという人には、車代も包まなければなりません。

そして、宗教者にかかる費用があります。
お坊さんを呼びますからお布施のほかにも交通費、食事代も必要です。
お布施にはお経や戒名の費用が含まれていますから、戒名をつけないといった場合などは事前にしっかり伝えておく必要があり安す。
お布施の相場については確認しても気持ちと言われることがあるため、大体の相場を調べておく必要があります。

葬儀費用は事前見積が重要

葬儀の事前準備について考えることは、不謹慎であると思われるところもあります。
しかしながら最近は遺された家族が困らないように、生前から万が一のときには自分の希望に沿った葬儀をしたいなどといった理由から、葬儀社の無料見学会に参加する人が増えてきています。
大切な家族との別れに後悔を残さないためにも、事前に準備することは大切です。

事前準備を考える中でもっとも気になるものは、葬儀費用でしょう。
最近は葬儀社で祭壇や棺の使用料、料理や返礼品にかかるおよその費用などについて情報を公開していて、費用について相談することもできます。
葬儀はめったにあることではありませんから、知らないということによる不安も大きいものです。

葬儀社から言われるままに葬儀を実施したことによって高額な料金を請求された、希望通りの式にすることができなかったなどといったように後悔することがないよう、少なくとも2社以上から事前見積をとって準備しておくことが重要です。
葬儀の費用については参列者の数によって斎場の規模や返礼品の数、飲食費なども異なります。
そのため、あらかじめ正確な金額を算出するということも簡単ではありません。

大まかな総額だけでなく、詳細の単価を出してもらうことが重要です。
また、祭壇などの設備や返礼品などのグレードが希望通りのものであるかどうかを確認し、見積書に含まれているものといないものも確認しておけば、事前見積と実際の費用が大きくかけ離れるという事態も防ぐことができます。

スポンサーリンク

関連記事

葬儀・葬式にまつわる基礎知識をまとめました

葬儀、葬式を行うという経験は、一生のうちで何度でもあるわけではありません。 そのため、どの

記事を読む

故人の遺品の整理についての考察です

遺品の整理についてお悩みの方も少なくないようですので、ここで少しご説明しておきましょう。

記事を読む

法要「初七日」「四十九日」「一周忌」「年忌法要」とは

初七日 初七日は、人が亡くなってから七日目に行われる法要であり、葬儀の後で最初に行われる法事で

記事を読む

忌中・喪中・お盆・お彼岸など仏事にまつわる言葉の意味とは・・・

忌中とは 『忌中』というのは、仏式の場合、故人が亡くなってから「七七日(四十九日)」までの期間

記事を読む

葬儀の種類のまとめ。立場や状況で様々です。

社葬 社葬とは、亡くなった人が企業に大きく影響を与える立場にあった場合に行われる葬儀のことです

記事を読む

香典返しの金額についての考察です

香典返しの金額を、いくらくらいに設定すればいいか。 これについて迷ってしまうという方も、少なく

記事を読む

喪中(欠礼)はがきの傾向と対策

『喪中(欠礼)はがき』というのは、近親者の中で1年以内に不幸があった時に、「喪中のため年賀状を出

記事を読む

法事・法要についての基礎知識のまとめ

人が亡くなると遺族は通夜、葬儀に始まる各種の法要や法事を行い亡くなった人との別れの儀式を済ませ、

記事を読む

お仏壇についての基礎知識

亡くなった先祖や家族を供養するために、仏教では家庭に仏壇を置いて仏具を飾り、位牌や写真とともにお

記事を読む

神式、キリスト教の法要についてのご紹介

日本では仏教が多いですので、法要も仏式で行われるというのが一般的ですが、神道の方の場合には『神式

記事を読む

【フリーランスVS会社員】メリットデメリットまとめ

毎日満員電車に乗って会社に行き、残業して遅くに帰宅するような会

一人暮らしをする方必見!お部屋探しのポイントを紹介

部屋選びって難しいですよね・・・ 社会人や大学入学を機に

本好きが気になる出版業界コミック

出版社の編集が主人公のドラマ「重版出来!」が話題になりましたね

脳に良い食べ物と悪い食べ物

親として子供の将来を考えていろんなことをします。 健康な体にする

今、トレンドの平成世代のグルメマンガとは?】

昔から料理・グルメのコミックは人気があります。 マンガをあま

→もっと見る

PAGE TOP ↑